トップ > 全国 x 文化施設 > 中国・四国 x 文化施設 > 四国 x 文化施設 > 小豆島・直島 x 文化施設 > 小豆島 x 文化施設

小豆島 x 文化施設

小豆島のおすすめの文化施設スポット

小豆島のおすすめの文化施設スポットをご紹介します。醤油の歴史や製法について学ぶ「マルキン醤油記念館」、子どもたちの声が聞こえそう「岬の分教場」、迷路の町にあるアートスポット「MeiPAM1」など情報満載。

  • スポット:8 件
  • 記事:3 件

小豆島のおすすめエリア

1~20 件を表示 / 全 8 件

小豆島のおすすめの文化施設スポット

マルキン醤油記念館

醤油の歴史や製法について学ぶ

明治40(1907)年創業のマルキン醤油。大正初期に建てられた工場を改装した記念館では、醤油造りの道具やパネルを展示し、製造法などをわかりやすく紹介する。醤油なども販売。

マルキン醤油記念館
マルキン醤油記念館

マルキン醤油記念館

住所
香川県小豆郡小豆島町苗羽甲1850
交通
土庄港から小豆島オリーブバス坂手港行きで38分、丸金前下車すぐ
料金
しょうゆソフトクリーム=300円/

岬の分教場

子どもたちの声が聞こえそう

壺井栄の小説『二十四の瞳』の舞台で、昭和46(1971)年まで苗羽小学校田浦分校として使われていた。昭和29(1954)年に製作された映画のロケ地にもなっている。映画の影響もあり、「教育の原点」の場所として多くの教育関係者が訪れる聖地でもある。

岬の分教場
岬の分教場

岬の分教場

住所
香川県小豆郡小豆島町田浦甲977-1
交通
土庄港から小豆島オリーブバス坂手港経由田ノ浦映画村行きで1時間、終点下車すぐ
料金
入場料=大人(中学生以上)240円、小学生120円/二十四の瞳映画村とのセット券=大人(中学生以上)880円、小学生440円/ (障がい者手帳持参で入場半額、セット券は大人520円、小学生250円に割引)

MeiPAM1

迷路の町にあるアートスポット

古い建物を生かしたアートギャラリー。2階のミュージアムショップでは、島内や香川県在住の作家の手がけた商品やアートやデザインに特化したグッズをそろえる。

MeiPAM1
MeiPAM1

MeiPAM1

住所
香川県小豆郡土庄町甲405
交通
土庄港から徒歩15分
料金
入館料=無料/ポストカード=162円/手ぬぐい=1100円/マルシェバッグ=1800円/オリーブだるま=1300円/槇塚登umikotoブローチ=2380円/

MeiPAM

「迷路のまち」を歩きながらアート鑑賞

迷路のように入り組んだ土庄本町をさまよいながら、古民家を改装した4棟のギャラリーをめぐるアートプロジェクト。ギャラリーの展示内容は企画によって変わり、不定期でマルシェやパフォーマンスも開催。

MeiPAM
MeiPAM

MeiPAM

住所
香川県小豆郡土庄町甲405
交通
土庄港から徒歩15分
料金
5館共通入館料=大人1000円、中・高校生600円、小学生以下無料/オリーブだるま=1300円/マルシェバッグ=1800円/ (高齢者・障がい者は共通入館料大人900円、中・高校生500円)

妖怪美術館

迷路のまちにあるアートスポット

呉服屋だった蔵や元醤油屋の倉庫、庄屋の屋敷など、古い建物を生かした4つの美術館が点在する。全部で828点のユニークな現代の妖怪にまつわる作品を展示している。

妖怪美術館
妖怪美術館

妖怪美術館

住所
香川県小豆郡土庄町甲398
交通
土庄港から徒歩20分
料金
大人2900円、中・高校生1450円、小学生以下無料(保護者同伴要)

GEORGES gallery + KOHIRA cafe

古民家に現れた不思議空間

築100年以上の古民家に調和する金箔アートで、建物内のあるポイントから見ると、金箔の円形が立体的に。併設するカフェも作家が手がけたアートな空間。

GEORGES gallery + KOHIRA cafe

住所
香川県小豆郡小豆島町馬木甲881-9
交通
土庄港から小豆島オリーブバス坂手港行きで36分、馬木下車すぐ
料金
入館料=500円/キャラメルナッツタルト=350円/コーヒー=350円/

ジャンルで絞り込む