トップ > 全国 > 中国・四国 > 四国 > 内子・宇和島 > 佐田岬・八幡浜

佐田岬・八幡浜

佐田岬・八幡浜のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した佐田岬・八幡浜のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。「どーや食堂」、宇和海に突き出した眺望絶好の景勝地「住吉鼻」、優れた彫刻として知られる阿弥陀三尊仏を安置している「梅之堂三尊仏」など情報満載。

佐田岬・八幡浜のおすすめのスポット

  • スポット:45 件
  • 記事:4 件

佐田岬・八幡浜の新着記事

41~60 件を表示 / 全 45 件

佐田岬・八幡浜の魅力・見どころ

半島の先端に立つ白亜の灯台とちゃんぽんで有名な港町

全長約50キロメートルで日本一細長い佐田岬半島。最先端には、大正7(1918)年に建てられた高さ18メートルの佐田岬灯台がそびえ立ち、青い海や空と白亜の灯台とのコントラストが美しい。「せと風の丘パーク」は標高330メートルの尾根に位置する自然公園で、宇和海や伊予灘が一望できる展望台がある。半島の付け根に位置する八幡浜は、ちゃんぽんの街。有名な長崎のものとは異なり、鶏ガラやカツオ節、昆布、イリコなどでダシをとったあっさりしたスープが特徴。

佐田岬・八幡浜のおすすめスポット

どーや食堂

どーや食堂

住所
愛媛県八幡浜市沖新田1581-23道の駅 八幡浜みなっと内

住吉鼻

宇和海に突き出した眺望絶好の景勝地

宇和海に突き出している住吉鼻は選りすぐりの景勝地。佐田岬などリアス式の海岸線と、佐島・黒島など宇和海に点在する島々が望める。

住吉鼻

住所
愛媛県八幡浜市保内町川之石
交通
松山自動車道大洲南ICから国道197号を保内方面へ車で20km
料金
情報なし

梅之堂三尊仏

優れた彫刻として知られる阿弥陀三尊仏を安置している

平安時代末期のすぐれた彫刻として知られる阿弥陀三尊仏を安置。現在の堂は昭和40(1965)年頃の再建。三尊仏は檜材寄木造り漆箔仕上げで、もともと五尊形式。重要文化財。

梅之堂三尊仏

梅之堂三尊仏

住所
愛媛県八幡浜市徳雲坊梅之堂
交通
JR予讃線八幡浜駅から徒歩15分
料金
無料

ムーンビーチ井野浦

美しい三日月形のビーチ

波穏やかな入り江の約300mにわたる人工ビーチ。潮の満ち引きによって現れる砂浜が、月の満ち欠けを思わせる。夏には、更衣室やシャワールームがある。

ムーンビーチ井野浦

ムーンビーチ井野浦

住所
愛媛県西宇和郡伊方町井野浦
交通
JR予讃線八幡浜駅から伊予鉄南予バス三崎行きで1時間5分、終点下車、タクシーで5分
料金
情報なし

浜味館あたご船場通り店

その日に揚がった魚介をさばく

八幡浜近海でとれた魚介が刺身や寿司、会席料理などで楽しめる店。あじのたたき寿司は媛っこアジを押し寿司風にした店の看板料理。注文ごとに生け簀から揚げて調理している。

浜味館あたご船場通り店
浜味館あたご船場通り店

浜味館あたご船場通り店

住所
愛媛県八幡浜市船場通り
交通
JR予讃線八幡浜駅から徒歩20分
料金
ウニ丼=1500円/あじのたたき寿司=1400円/あじ刺セット=2040円/あじの焼きもの=1200円~/

ジャンルで絞り込む