トップ > 全国 x その他名所 > 九州・沖縄 x その他名所

九州・沖縄 x その他名所

九州・沖縄のおすすめのその他名所スポット

九州・沖縄のおすすめのその他名所スポットをご紹介します。広い空港内をざっくり把握して効率よく動こう「那覇空港」、特色あふれる7つの地獄をめぐる「べっぷ地獄めぐり」、エメラルドグリーンに輝く絶景「果報バンタ」など情報満載。

九州・沖縄のおすすめのその他名所スポット

  • スポット:91 件
  • 記事:21 件

1~10 件を表示 / 全 91 件

那覇空港

広い空港内をざっくり把握して効率よく動こう

飛行機を降りて荷物を受け取ったら1階の到着ロビーへ。広い空港内をざっくり把握して効率よく動こう。

那覇空港
那覇空港

那覇空港

住所
沖縄県那覇市鏡水150
交通
ゆいレール那覇空港駅からすぐ
料金
施設により異なる

べっぷ地獄めぐり

特色あふれる7つの地獄をめぐる

千年以上も昔より地中深くから噴気・熱泥・熱湯などが噴出する様子はまさに「地獄」。7つある地獄のうち、コバルトブルーの海地獄、真っ赤な血の池地獄、龍巻地獄、白池地獄の4つの地獄は独特で多様な色彩と形態であることから、国指定名勝に指定されている。

べっぷ地獄めぐり
べっぷ地獄めぐり

べっぷ地獄めぐり

住所
大分県別府市鉄輪559ー1
交通
JR日豊本線別府駅から亀の井バス鉄輪経由立命館アジア太平洋大学行きで25分、海地獄前下車すぐ
料金
共通観覧券=大人(高校生以上)2000円、小人(小・中学生)1000円/(障がい者手帳持参で割引あり。クレジットカードは7つの地獄の内、海地獄、鬼石坊主地獄、かまど地獄、白池地獄、血の池地獄で利用可。鬼山地獄、龍巻地獄では利用不可)

果報バンタ

エメラルドグリーンに輝く絶景

ぬちまーす製塩ファクトリーの敷地内にある、別名「幸せ岬」。標高約120mの崖の上からの眺めが美しい。近くには龍神風通や三天御座という御嶽もあるパワースポット。

果報バンタ

住所
沖縄県うるま市与那城宮城2768ぬちまーす製塩ファクトリー敷地内
交通
沖縄自動車道沖縄北ICから県道36・10号を宮城島方面へ車で25km
料金
無料

南ぬ島石垣空港

亜熱帯の大自然が広がる南ぬ島の玄関口

平成25(2013)年開港。西表島や、竹富島といった島々への玄関口としても知られる石垣島に直行便が増え、より行きやすくなる。空港には20以上のレストランやショップが集まる。

南ぬ島石垣空港
南ぬ島石垣空港

南ぬ島石垣空港

住所
沖縄県石垣市白保1960-104
交通
那覇空港から全日空・日本トランスオーシャン航空南ぬ島石垣空港行きで55分
料金
無料

べっぷ地獄めぐり かまど地獄

しゃもじ片手の赤鬼が迎える

一丁目から六丁目に分かれて展開する。四丁目は泥、ブルーやグリーンに色が変化する五丁目など、1か所でさまざまな地獄を見てまわれる。のど・肌の湯などがある極楽0~3丁目は女性必見だ。

べっぷ地獄めぐり かまど地獄
べっぷ地獄めぐり かまど地獄

べっぷ地獄めぐり かまど地獄

住所
大分県別府市鉄輪662
交通
JR日豊本線別府駅から亀の井バス鉄輪経由(2番・5番・24番・41番)立命館アジア太平洋大学行きなどで20分、海地獄前下車すぐ
料金
共通観覧券=大人(高校生以上)2000円、小人(小・中学生)1000円/

赤水展望広場

溶岩でできた像が名物の広場

鹿児島市街を一望する場所に整備した展望広場。一角に、鹿児島県出身のミュージシャン長渕剛さんが、平成16年に桜島で行ったオールナイトコンサートを記念した「叫びの肖像」がある。桜島の溶岩でできている。

赤水展望広場
赤水展望広場

赤水展望広場

住所
鹿児島県鹿児島市桜島赤水町3629-3
交通
桜島港からタクシーで5分
料金
情報なし

べっぷ地獄めぐり 海地獄

コバルトブルーの灼熱地獄

約1200年前の鶴見岳の噴火でできた地獄。海のように澄んだブルーが涼しげに見えるが、むせるような噴気が立ち込め、冬でもジワリと汗がにじむ。地獄の源泉を利用した池で熱帯性の蓮を育てている。

べっぷ地獄めぐり 海地獄
べっぷ地獄めぐり 海地獄

べっぷ地獄めぐり 海地獄

住所
大分県別府市鉄輪559-1
交通
JR日豊本線別府駅から亀の井バス鉄輪経由(2番・5番・24番・41番)立命館アジア太平洋大学行きなどで20分、海地獄前下車すぐ
料金
共通観覧券=大人(高校生以上)2000円、小人(小・中学生)1000円/えんまんの湯=560円(5袋)/地獄蒸し焼きプリン=300円/温泉卵=300円(5個)/

JR西大山駅

JR西大山駅

住所
鹿児島県指宿市山川大山

血の池地獄

まさに地獄。赤い熱泥の池

奈良時代の豊後風土記に「赤湯泉」と記された日本でいちばん古い天然の地獄。広さ1300平方メートル、深さ30m以上。酸化鉄や酸化マグネシウムを含んだ粘度を噴出した湯は、噴気まで赤みがかっている。

血の池地獄
血の池地獄

血の池地獄

住所
大分県別府市野田778
交通
JR日豊本線亀川駅からタクシーで6分
料金
8地獄共通観覧券=大人2100円、高校生1350円、中学生1000円、小学生900円/赤湯泉=648円(40g×3個入)/血ノ池軟膏=1400円/血の池石けん=1296円/血の池バーガー=750円~/赤鬼ワインドレッシング=540円/赤鬼トマトドレッシング=540円/毎日が地獄せんす=1296円/

鬼石坊主地獄

ボコボコと坊主頭のような気泡が湧く

天平5(733)年に編まれた「豊後国風土記」に登場するほど歴史が古い。粘土質の熱泥が球状をなして沸騰している様が坊主頭に見えることが名前の由来だ。地響きのような音が聞こえる噴出口も見どころ。

鬼石坊主地獄
鬼石坊主地獄

鬼石坊主地獄

住所
大分県別府市鉄輪559-1
交通
JR日豊本線別府駅から亀の井バス鉄輪経由立命館アジア太平洋大学行きで25分、海地獄前下車すぐ
料金
8地獄共通観覧券=大人2100円、高校生1350円、中学生1000円、小学生900円/入浴料=620円/チョコ坊主=400円/冠地どりまん=300円/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください