トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 柳川・久留米・秋月

柳川・久留米・秋月 x ご当地グルメ・名物・名産品

柳川・久留米・秋月のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

柳川・久留米・秋月のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。ウナギのせいろ蒸、久留米焼き鳥、柳川鍋など情報満載。

柳川・久留米・秋月のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:350 件
  • 記事:17 件

1~20 件を表示 / 全 18 件

ウナギのせいろ蒸(うなぎのせいろむし)

うな重とは違ったウナギの旨みを堪能

  • ご当地名物料理

ウナギの蒲焼きと甘辛いタレをかけたご飯を、一緒にせいろで蒸して食べる。一度蒸すことで、ウナギの風味がより引き立つ。しっとりとしたご飯には、ウナギの香ばしさがしみ込んでいる。

ウナギのせいろ蒸

久留米焼き鳥(くるめやきとり)

塩焼きで食べる、鶏・豚・牛・馬・魚介の焼き鳥

  • ご当地名物料理

「焼き鳥日本一宣言」をしてしまうほど、焼鳥屋の店舗数が多い久留米。鶏肉以外に、豚肉、牛肉、馬肉、野菜、魚介なども「焼き鳥」として供されることも。味はタレではなく塩焼きが基本。

久留米焼き鳥

柳川鍋(やながわなべ)

ふわふわとしたドジョウとゴボウの歯ごたえを楽しむ

  • ご当地名物料理

ドジョウとささがきゴボウを割り下で煮て溶き卵でとじた鍋料理。江戸時代に江戸の料理屋で始まった料理で、精のつくドジョウを使い暑い夏に食べるものとされていた。名前が同じことから、現在では柳川の名物料理。

柳川鍋

久留米ラーメン(くるめらーめん)

トンコツラーメンの元祖ともいわれる乳白色のラーメン

  • ご当地名物料理

九州ラーメン発祥の地、トンコツラーメンの元祖ともいわれる久留米ラーメン。乳白色のスープは濃厚で、ストレートの細麺によくからみ、こくをさらに出すためにラードを入れる店も多い。

久留米ラーメン

筑後うどん(ちくごうどん)

ご飯のおかずとして食べる、のどごしのよいうどん

  • ご当地名物料理

米と小麦の栽培が盛んだった福岡県南部の筑後平野。主食としてではなく、ご飯と一緒に食べる汁物として食べられていることから、筑後うどんは、柔らかく粘りのある舌ざわりが特徴。

筑後うどん

柳川のもちあめ(やながわのもちあめ)

良質な餅米と麦芽だけで作る「もちあめ」

  • おみやげ

砂糖を一切使わず、昔から変わらぬ製法で作る飴菓子。柳川産の良質な餅米と麦芽のみで練り上げていく。もちあめの名店として親しまれる「大松下のあめ」は創業130年を超える老舗。

柳川のもちあめ

福岡のスイーツ(ふくおかのすいーつ)

あの“ひよ子”誕生の地、福岡でスイーツを探そう

  • おみやげ

東京みやげの「ひよ子」は、実は福岡発祥。銘菓ひよ子やひよ子サブレーは福岡定番のみやげだ。南蛮菓子がベースの鶏卵素麺などの銘菓もある。パティシエが腕をふるうスイーツの名店も多い。

福岡のスイーツ

うきはのイチゴ(うきはのいちご)

かわいい形と鮮やかな色合いは年齢を問わず親しまれる

  • 味覚狩り

ミカンと並んで冬に味覚狩りが楽しめる果物の代表。12~5月頃まで楽しめる食べ放題ができる観光農園も多い。近年は品種開発が進み、個性的なイチゴが増えている。福岡県は栃木県に次いで全国2位のイチゴ産地。代表品種はなんといっても「あまおう」で、ほかに「とよのか」「さちのか」なども味わえる。うきは周辺でもイチゴ狩りが可能だ。

うきはの柿(うきはのかき)

奈良時代から親しまれていた果実

ビタミンAやC、カリウムが多く含まれ、昔から「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われるほど健康に良いとされる。9月~11月頃がおいしい時期で、「富有柿」や「次郎柿」などの品種が有名。福岡県は和歌山県、奈良県に次ぐ柿の生産地で、とくに甘柿の生産が多い。うきは市など筑後川流域の観光農園で9月下旬~12月上旬に柿狩りができる。品種は伊豆早生、富有、松本早生など。

うきはのナシ(うきはのなし)

さわやかな甘みとジューシーさが特徴

シャリシャリとした食感とみずみずしくジューシーな果汁を堪能できるナシ。鳥取ブランドとして有名な二十世紀のほか、幸水、豊水、長十郎など種類もいろいろある。フルーツの里であるうきは市周辺の梨農家では、豊水、新高などの品種が収穫できる。シーズンは8月上旬~10月下旬。

うきはのナシ

うきはのブドウ(うきはのぶどう)

つぶつぶがたっぷり集まった形がかわいい

巨峰、デラウェア、ロザリオ、マスカットと、7~10月頃までさまざまな品種が旬を迎える。高糖度のもの、上品な甘みのもの、みずみずしさが特徴のものなど、品種によって風味もさまざま。8月上旬~9月下旬にかけて、うきは周辺でもブドウが収穫できる。

うきはのブルーベリー(うきはのぶるーべりー)

眼によいといわれる、愛らしい果実

7~8月が旬のブルーベリーは香りと適度な甘酸っぱさが特徴。そのまま食したり、ヨーグルトのトッピングやケーキに入れたりと、用途も多彩。さまざまな果樹が楽しめるやまんどんでは7月~8月の時期、摘み取り体験が楽しめる。

久留米のツツジ・サツキ(くるめのつつじさつき)

一斉に咲きそろう目にもあざやかな花

園芸品種が多く、公園や庭園に栽植されるほか、山で自生するツツジ。サツキはツツジの一種で、旧暦の皐月に咲くことからサツキと命名された。クルメツツジが「福岡県の木」に選ばれたのを記念して造られた久留米森林つつじ公園などがある。

久留米のツツジ・サツキ

筑後のウメ(ちくごのうめ)

春の訪れを知らせる白や赤の香り高い花

春の訪れを感じさせる代表的な花。花は小さく可憐だが、香りは強く満開時期にはあたりに芳香がただよう。開花時期には各地で「梅祭り」が開催される。普光寺には臥龍梅などがあり、見物客の目を楽しませる。

筑後のウメ

柳川のハナショウブ・カキツバタ(やながわのはなしょうぶかきつばた)

微妙な色合いの白や紫の花が水辺を彩る

いずれもアヤメ科の花で、湿地や水辺に生育するので見分けはむずかしいが、ハナショウブは花が比較的大きくて弁元が黄色い。カキツバタは弁元に細長い白い筋がある。水郷・柳川の堀割に面して花が咲く椛島菖蒲園などで観賞できる。

柳川のハナショウブ・カキツバタ

朝倉のコスモス(あさくらのこすもす)

秋晴れの青空の下に咲く白やピンクの群生

秋の到来とともに咲き始めるコスモス。やせた土地でも比較的よく育つため、街道沿いやスキー場などに植えられることも多い。メキシコ原産で、白、ピンク、紅色の在来種のほかキバナコスモスもある。キリンビアファームなどで美しいコスモスが見られる。

久留米のフジ(くるめのふじ)

紫や白の房状の花が藤棚を美しく彩る

垂れ下がる花穂が美しいフジの花期は4月~6月。花色は薄紫、薄紅紫、白、桃などがある。日本固有種は、花房が長く蔓が右巻きのノダフジと、花房が短く蔓が左巻きのヤマフジに分けられる。久留米周辺には、柳川・熊野神社にある中山の大藤や、八女・素盞鳴神社にある黒木の大藤、小郡・大中臣神社の将軍藤など名所が多い。

久留米のフジ

朝倉のヒマワリ(あさくらのひまわり)

夏の太陽が最も似合う元気の出る花

黄色い大輪の花を咲かせることから、「太陽の花」と呼ばれる夏花の代名詞。北アメリカを原産とするキク科の一年草で、日本には江戸時代初期に渡来した。現在は全国各地に大規模なヒマワリ畑が点在する。福岡県朝倉市では9月中旬、遅めのヒマワリが楽しめる。

朝倉のヒマワリ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください