トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 柳川・久留米・秋月 > 吉井・原鶴温泉・小石原

吉井・原鶴温泉・小石原 x ご当地グルメ・名物・名産品

吉井・原鶴温泉・小石原のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

吉井・原鶴温泉・小石原のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。福岡のスイーツ、うきはのイチゴ、うきはの柿など情報満載。

  • スポット:68 件
  • 記事:2 件

1~20 件を表示 / 全 7 件

福岡のスイーツ(ふくおかのすいーつ)

あの“ひよ子”誕生の地、福岡でスイーツを探そう

  • おみやげ

東京みやげの「ひよ子」は、実は福岡発祥。銘菓ひよ子やひよ子サブレーは福岡定番のみやげだ。南蛮菓子がベースの鶏卵素麺などの銘菓もある。パティシエが腕をふるうスイーツの名店も多い。

福岡のスイーツ

うきはのイチゴ(うきはのいちご)

かわいい形と鮮やかな色合いは年齢を問わず親しまれる

  • 味覚狩り

ミカンと並んで冬に味覚狩りが楽しめる果物の代表。12~5月頃まで楽しめる食べ放題ができる観光農園も多い。近年は品種開発が進み、個性的なイチゴが増えている。福岡県は栃木県に次いで全国2位のイチゴ産地。代表品種はなんといっても「あまおう」で、ほかに「とよのか」「さちのか」なども味わえる。うきは周辺でもイチゴ狩りが可能だ。

うきはの柿(うきはのかき)

奈良時代から親しまれていた果実

ビタミンAやC、カリウムが多く含まれ、昔から「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われるほど健康に良いとされる。9月~11月頃がおいしい時期で、「富有柿」や「次郎柿」などの品種が有名。福岡県は和歌山県、奈良県に次ぐ柿の生産地で、とくに甘柿の生産が多い。うきは市など筑後川流域の観光農園で9月下旬~12月上旬に柿狩りができる。品種は伊豆早生、富有、松本早生など。

うきはのナシ(うきはのなし)

さわやかな甘みとジューシーさが特徴

シャリシャリとした食感とみずみずしくジューシーな果汁を堪能できるナシ。鳥取ブランドとして有名な二十世紀のほか、幸水、豊水、長十郎など種類もいろいろある。フルーツの里であるうきは市周辺の梨農家では、豊水、新高などの品種が収穫できる。シーズンは8月上旬~10月下旬。

うきはのナシ

うきはのブドウ(うきはのぶどう)

つぶつぶがたっぷり集まった形がかわいい

巨峰、デラウェア、ロザリオ、マスカットと、7~10月頃までさまざまな品種が旬を迎える。高糖度のもの、上品な甘みのもの、みずみずしさが特徴のものなど、品種によって風味もさまざま。8月上旬~9月下旬にかけて、うきは周辺でもブドウが収穫できる。

うきはのブルーベリー(うきはのぶるーべりー)

眼によいといわれる、愛らしい果実

7~8月が旬のブルーベリーは香りと適度な甘酸っぱさが特徴。そのまま食したり、ヨーグルトのトッピングやケーキに入れたりと、用途も多彩。さまざまな果樹が楽しめるやまんどんでは7月~8月の時期、摘み取り体験が楽しめる。

朝倉のヒマワリ(あさくらのひまわり)

夏の太陽が最も似合う元気の出る花

黄色い大輪の花を咲かせることから、「太陽の花」と呼ばれる夏花の代名詞。北アメリカを原産とするキク科の一年草で、日本には江戸時代初期に渡来した。現在は全国各地に大規模なヒマワリ畑が点在する。福岡県朝倉市では9月中旬、遅めのヒマワリが楽しめる。

朝倉のヒマワリ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください