トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 長崎・佐賀 > 長崎・諫早 > 長崎 > 眼鏡橋・寺町・風頭山

眼鏡橋・寺町・風頭山

眼鏡橋・寺町・風頭山のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した眼鏡橋・寺町・風頭山のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。ていねいに作られた名物おじやを堪能「一二三亭」、路面電車の店の名物トルコライス「きっちんせいじ」、店の名物は「鯛の塩釜焼き」「草 花洛」など情報満載。

眼鏡橋・寺町・風頭山のおすすめのスポット

  • スポット:63 件
  • 記事:15 件

61~80 件を表示 / 全 63 件

眼鏡橋・寺町・風頭山の魅力・見どころ

長崎のシンボルである石造のアーチ橋と龍馬の夢の跡

エリアの中心を中島川が流れ、繁華街の喧騒から少し離れた落ち着いた雰囲気。中島川に架かる「眼鏡橋」は寛永11(1634)年に架けられた石造のアーチ橋。川面に映る橋の眺めは長崎を代表する景観で、周囲には格子戸を持つ古い町家も残る。風頭(かざがしら)山の麓に南北に連なる寺町通り沿いには、日本最古の唐寺「興福寺」や「崇福寺」などの古刹が並び、昔ながらの風情が感じられる。風頭は坂本龍馬が設立した「亀山社中」があったところで、街には龍馬ゆかりのスポットも数多い。そのほか秋の大祭「長崎くんち」で知られる諏訪神社もある。

一二三亭

ていねいに作られた名物おじやを堪能

明治29(1896)年創業の郷土料理の店。名物のおじやは米を3度炊き上げ、だしで味をととのえてから最後に卵を混ぜ込み、切りゴマとネギがたっぷりのる。

一二三亭

住所
長崎県長崎市古川町3-2
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道1号系統崇福寺行きで7分、新地中華街で長崎電気軌道5号系統蛍茶屋行きに乗り換えて4分、めがね橋下車、徒歩3分
料金
おじや=670円/角煮=670円/牛かん=670円/長崎進丈=670円/

きっちんせいじ

路面電車の店の名物トルコライス

厚みのある大きなとんかつに、スパイスの効いたカレーソースがかかるトルコライスが看板メニュー。店は実際に走っていた路面電車のシートやつり革などを譲り受けたもので造っていて、鉄道ファンの間で有名。

きっちんせいじ
きっちんせいじ

きっちんせいじ

住所
長崎県長崎市東古川町2-14
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道1号系統崇福寺行きで7分、新地中華街で長崎電気軌道5号系統蛍茶屋行きに乗り換えて4分、めがね橋下車、徒歩3分
料金
トルコライス=900円/オムライス=700円/ジャンボカレー(土曜のみ)=650円/サービスランチ=600円(~15:00)・650円(15:00~)/日替り弁当=800円/

草 花洛

店の名物は「鯛の塩釜焼き」

長崎の海の幸が味わえる日本料理店。店の名物の「鯛の塩釜焼き」は、鯛をまるごと天然塩でぴったりと覆い、鯛の形に成形して蒸し焼きにした料理。シンプルで上品な味だ。

草 花洛
草 花洛

草 花洛

住所
長崎県長崎市鍛冶屋町5-78
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道1号系統崇福寺行きで12分、思案橋下車、徒歩5分
料金
鯛の塩釜焼き=5000円/おまかせ料理=4300円~/フグコース=8000円/アラづくし=時価/おこぜ料理=6300円/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください