トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 長崎・佐賀 > 佐世保・平戸 > 平戸

平戸

平戸のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した平戸のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。平戸のうまい魚が集まる「平戸瀬戸市場」、モチモチとした食感とやさしい甘さの「麩まんじゅう」「牛蒡餅本舗 熊屋 本店」、リーズナブルにヒラメを満喫「平戸ひらめまつり」など情報満載。

  • スポット:81 件
  • 記事:7 件

平戸のおすすめエリア

21~40 件を表示 / 全 81 件

平戸の魅力・見どころ

東西の異なる文化が出会った痕跡を随所にとどめる港町

長崎県北西部の海上に浮かぶ平戸島。古代より大陸交流の玄関口として栄え、ポルトガルやスペインとの南蛮貿易も行われた。江戸時代に平戸藩の城下町となったのちもオランダやイギリスの商館が置かれたが、鎖国令により、拠点は長崎の出島に移った。また、貿易が始まった当初から平戸島や生月島には、フランシスコ・ザビエルをはじめとする宣教師が幾人も訪れ、多くの島民が洗礼を受けた。江戸時代には激しい弾圧が行われたことから、かくれキリシタンの悲しい歴史を持つ遺構も多い。

平戸のおすすめスポット

平戸瀬戸市場

平戸のうまい魚が集まる

田平港に隣接する直売所。地元でとれた魚介や農産物、加工品などが並ぶ。2階には平戸瀬戸を一望するレストランがあり、新鮮な魚を刺身や海鮮丼で味わえるほか、平戸牛のランチメニューもある。

平戸瀬戸市場
平戸瀬戸市場

平戸瀬戸市場

住所
長崎県平戸市田平町山内免345-15
交通
松浦鉄道たびら平戸口駅から徒歩11分
料金
平戸刺身セット=1250円/うまかあご=530円(小)/えそかまぼこ=630円/炭火焼あご=530~1300円/塩あご=500~1080円/

牛蒡餅本舗 熊屋 本店

モチモチとした食感とやさしい甘さの「麩まんじゅう」

モチモチとしてやさしい甘さの麩まんじゅうは、ヨモギを混ぜ込んだ生麩でなめらかなこし餡を包んだ和菓子。黒ごま生地を使ったつぶ餡もある。

牛蒡餅本舗 熊屋 本店

牛蒡餅本舗 熊屋 本店

住所
長崎県平戸市魚の棚町324
交通
JR佐世保線佐世保駅から西肥バス平戸桟橋行きで1時間30分、平戸新町下車、徒歩4分
料金
麩まんじゅう=130円/手造り牛蒡餅=540円(5本入)/

平戸ひらめまつり

リーズナブルにヒラメを満喫

日本有数のヒラメの漁獲高を誇る平戸で、ヒラメがいちばんおいしい時期に開催。市内の宿にヒラメ料理付き宿泊プランが登場し、期間限定のヒラメ料理が味わえる食事処もある。

平戸ひらめまつり
平戸ひらめまつり

平戸ひらめまつり

住所
長崎県平戸市市内の旅館9か所および食事処各所
交通
JR佐世保線佐世保駅から西肥バス平戸桟橋行きで1時間30分、終点下車、市内各所へ
料金
店舗により異なる

人津久海水浴場

天気の良い日は海と浜に感動

まっ白な砂浜に打ち寄せる海水は驚くほど透明度が高い。遠浅の海が続き、海水浴初体験のちびっ子も安心。

人津久海水浴場

住所
長崎県平戸市大石脇町
交通
西九州自動車道佐々ICから県道227号、国道204号を平戸方面へ車で42km
料金
情報なし

平戸市生月町博物館 島の館

生月の文化と暮らしを紹介

かくれキリシタンと捕鯨という特徴的な文化のほか、漁業や農業の民俗文化をジオラマや映像などでわかりやすく紹介。魚介類の剥製およそ400点を展示したコーナーがある。

平戸市生月町博物館 島の館

平戸市生月町博物館 島の館

住所
長崎県平戸市生月町南免4289-1
交通
JR佐世保線佐世保駅から西肥バス平戸桟橋行きで1時間30分、終点で生月バス生月行きに乗り換えて30分、生月大橋公園前下車、徒歩4分
料金
大人510円、高校生300円、小・中学生200円 (障がい者手帳持参で半額)

松浦火力発電所(見学)

国内最大規模の石炭火力発電所

九州最大の200万kWの石炭火力発電所。電力会社を通じて約67万世帯分の電気を送り届け、西日本電力の安定供給に貢献している。

松浦火力発電所(見学)

松浦火力発電所(見学)

住所
長崎県松浦市志佐町白浜免瀬崎458-1
交通
松浦鉄道松浦駅からタクシーで10分
料金
無料

婆娑羅

平戸の山海の幸をアイスに

平戸島とその周辺地域のみやげ品を扱っている。鬼洋蝶をはじめアゴ干物、塩ウニ、川内かまぼこ、トビウオの燻製などおよそ200アイテムが並ぶ。

婆娑羅

婆娑羅

住所
長崎県平戸市浦の町757
交通
JR佐世保線佐世保駅から西肥バス平戸桟橋行きで1時間30分、終点下車すぐ
料金
わかめアイス=200円/平戸夏香シャーベット=200円/鬼洋蝶=1500円~/アゴ干物=1200円~/塩ウニ=2900円~/焼きあご=1800円/

平戸温泉 うで湯・あし湯

休憩に最適なスポット

平戸港から松浦史料博物館へと向かう「歴史の道」沿いにあり、無料で利用できる。温度は40度から42度。観光客を中心に、一日におよそ300人が利用する。

平戸温泉 うで湯・あし湯

平戸温泉 うで湯・あし湯

住所
長崎県平戸市崎方町776-9
交通
JR佐世保線佐世保駅から西肥バス平戸桟橋行きで1時間30分、終点下車、徒歩3分
料金
無料

生月大魚藍観音

港町を見下ろす観音さま

昭和55(1980)年に生月出身の元農林水産大臣、金子岩三氏が舘浦港を見下ろす高台に建立。高さ約18m、重さ150トン、坐像のブロンズ像としては日本最大級。

生月大魚藍観音

生月大魚藍観音

住所
長崎県平戸市生月町山田免570-1
交通
JR佐世保線佐世保駅から西肥バス平戸桟橋行きで1時間30分、終点で生月バス生月行きに乗り換えて30分、舘浦漁協前下車、徒歩5分
料金
無料

豊鮨

とれたての海の幸が手ごろ

平戸の海の幸が味わえるすし屋。店内の生け簀には、漁師から直接仕入れた多彩な魚が泳ぐ。平戸ひらめまつりの期間中は、平目定食、平目御膳が味わえる。

豊鮨
豊鮨

豊鮨

住所
長崎県平戸市新町101
交通
JR佐世保線佐世保駅から西肥バス平戸桟橋行きで1時間30分、平戸新町下車、徒歩3分
料金
平目定食=2750円/平目御膳=4180円/にぎり盛合わせ=1155円~/おまかせコース=3080円~/平目茶漬=1760円/

山頭草原

大草原で大きな牛と触れ合える

平戸の北西に架かる生月大橋を渡った生月島にある見晴らしのいい牛の放牧地帯。休憩所があり、ピクニックするには最高のロケーション。

山頭草原

山頭草原

住所
長崎県平戸市生月町山田免2406-5
交通
JR佐世保線佐世保駅から西肥バス平戸桟橋行きで1時間30分、終点で生月バス生月行きに乗り換えて40分、生月一部桟橋下車、タクシーで15分
料金
情報なし

大氣圏

舘浦漁港そばの名物ラーメン

名物はあごだしラーメン。「アゴ」とは、この地方で飛び魚をさす。アゴでとったダシを使ったラーメンは九州独自のとんこつラーメンとは違い、あっさりした味だ。

大氣圏
大氣圏

大氣圏

住所
長崎県平戸市生月町南免4432-101
交通
JR佐世保線佐世保駅から西肥バス平戸桟橋行きで1時間30分、終点で生月バス生月行きに乗り換えて30分、生月大橋公園前下車、徒歩3分
料金
あごだしラーメン=750円/海鮮ラーメン=1250円/

山下家 もと蔵・本陣屋敷

内部を広く使えるように、屋根を中央の柱一本で支えている蔵

古くは宿場町として栄えていた佐世保市江迎地区。この蔵は元禄年間(1688~1704年)の建造で、内部を広く使えるように屋根を中央の柱一本で支えている。平戸藩松浦家の本陣(宿泊所)跡が隣接。見学は予約制で、12月は受け付けていない場合があるので確認のこと。

山下家 もと蔵・本陣屋敷
山下家 もと蔵・本陣屋敷

山下家 もと蔵・本陣屋敷

住所
長崎県佐世保市江迎町長坂209
交通
松浦鉄道江迎鹿町駅から徒歩7分
料金
もと蔵見学=無料/本陣屋敷跡見学=大人100円、中学生以下無料/ (本陣屋敷跡見学は20名以上の団体は大人50円)

千里ヶ浜海水浴場

遠くに九十九島を望む白砂青松の美しいビーチ

白砂青松で、遠くに九十九島を望む千里ヶ浜。7月中旬ころから8月下旬ころには海水浴場がオープンし、多くの海水浴客でにぎわう。有料のトイレやシャワールームがある。

千里ヶ浜海水浴場

千里ヶ浜海水浴場

住所
長崎県平戸市川内町55
交通
JR佐世保線佐世保駅から西肥バス平戸桟橋行きで1時間30分、終点で西肥バス宮の浦・志々伎行きに乗り換えて10分、千里ヶ浜下車、徒歩3分
料金
情報なし

不老山総合公園

伊万里湾を眼下に望む自然あふれる公園

日本各地に残る「徐福伝説」の舞台。山頂からの展望や春一面に咲き誇る11万本のツツジは、とくに美しい。人工芝のソリゲレンデや遊具が充実した子供広場などもある。

不老山総合公園

不老山総合公園

住所
長崎県松浦市志佐町高野免377
交通
松浦鉄道松浦駅からタクシーで10分
料金
情報なし

平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳・中江ノ島)

潜伏キリシタンの里

潜伏キリシタンが聖地としたのが、先祖の殉教地や平戸島北部にそびえる安満岳、離れ小島の中江ノ島。これらの聖地は、信者にとって今なお崇敬の対象であり、禁教時代の独特の景観を残している。平成30(2018)年に世界文化遺産に登録。

平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳・中江ノ島)

住所
長崎県平戸市春日町ほか
交通
西九州自動車道佐々ICから県道227号、国道204・383号、県道19号を生月島方面へ車で40km(春日集落まで)
料金
春日集落拠点施設「かたりな」は入館無料

梅ヶ谷津偕楽園

平戸藩主松浦熈の別邸。梅の木が多く植えられている

三十五代平戸藩主松浦熈の別邸。現存する御座所のほか、中野焼や三川内焼、浮世絵、茶道具などを展示している。国の名勝、登録文化財に指定されている。

梅ヶ谷津偕楽園
梅ヶ谷津偕楽園

梅ヶ谷津偕楽園

住所
長崎県平戸市明の川内町348偕楽園旧館
交通
JR佐世保線佐世保駅から西肥バス平戸桟橋行きで1時間30分、終点下車、タクシーで10分
料金
入園料=400円/ (障がい者手帳持参で1割引)

最教寺

子泣き相撲で有名

3万坪におよぶ境内には慶長14(1609)年建立の本堂と、平成元年に完成した真っ赤な三重塔がある。霊宝館には朝鮮李朝の貴重な絹本着色仏涅槃図などを展示している。

最教寺
最教寺

最教寺

住所
長崎県平戸市岩の上町1206
交通
JR佐世保線佐世保駅から西肥バス平戸桟橋行きで1時間30分、平戸新町下車、徒歩5分
料金
三重塔・霊宝館の共通券=400円/庭まわり=無料/

田平公園

真紅の平戸大橋を仰ぐ絶好の撮影スポット

平戸大橋のたもとの丘陵地を利用してつくられた公園。広大な敷地に多彩なスポーツ施設をそろえている。なかでも、全長40mのジャンボすべり台は人気がある。

田平公園
田平公園

田平公園

住所
長崎県平戸市田平町小手田免823-1
交通
松浦鉄道たびら平戸口駅から徒歩15分
料金
入園料=無料/テニスコート(1時間、要予約)=300円(月~土曜)、550円(日曜、祝日)/グラウンド(1時間、要予約)=650円(1面)/夜間照明(30分)=400円(テニスコート)、700円(グラウンド)/

ジャンルで絞り込む