トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 高千穂・延岡 > 高千穂

高千穂

高千穂のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した高千穂のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。切り立った崖に囲まれた神秘の峡谷「高千穂峡」、天孫降臨の神様を祀る杉木立に囲まれた古社「高千穂神社」、八百万の神が知恵を絞った集会所「天安河原」など情報満載。

  • スポット:68 件
  • 記事:1 件

1~20 件を表示 / 全 68 件

高千穂の魅力・見どころ

五ヶ瀬川にかかる絶景の峡谷や神話にゆかりの名所を訪ねる

天孫降臨の伝説の舞台である高千穂。天照大神(あまてらすおおみかみ)の岩戸開きの場所である「天岩戸神社」や、岩戸隠れの際に神々が相談した天安河原、健磐龍命(たけいわたつのみこと)が国見をした国見ヶ丘など、神話にまつわるスポットが多数存在する。高千穂峡は五ヶ瀬川の流れが阿蘇溶岩を侵食してつくり上げた峡谷で、日本の滝百選に選ばれた真名井の滝はボートを利用すれば間近に見ることができる。また収穫の感謝と豊穣の祈念を込めて奉納される「高千穂の夜神楽」の里としても知られている。

高千穂峡

切り立った崖に囲まれた神秘の峡谷

五ヶ瀬川へ流れ出した阿蘇の火砕流が急激に冷え、長い歳月をかけ浸食されてできたV字峡谷。7kmにわたって柱状節理の断崖絶壁が続く景観はみごとで、国の名勝、天然記念物に指定されている。手漕ぎのボートから眺める落差17mの真名井の滝は圧巻。観光シーズンの午後6時から10時には、「真名井の滝」のライトアップイベントを開催。

高千穂峡
高千穂峡

高千穂峡

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点下車、タクシーで5分
料金
情報なし

高千穂神社

天孫降臨の神様を祀る杉木立に囲まれた古社

創建は1900年前と伝わる古社。高千穂郷八十八社の総社として信仰を集め、縁結びの神様としても知られる。老木に囲まれた神域に本殿、拝殿、神楽殿が建ち並び、厳かな雰囲気。本殿にほどこされた彫刻や夫婦杉、祈ると悩みが鎮められるという鎮石(しずめいし)なども必見だ。

高千穂神社
高千穂神社

高千穂神社

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1037
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点下車、徒歩15分
料金
情報なし

天安河原

八百万の神が知恵を絞った集会所

天岩戸神社からゆっくり歩いて10分ほど。岩戸川の上流にある「天安河原」は、天照大神が岩戸隠れした際に、八百万の神々が相談したといわれる場所。一角には仰慕窟(ぎょうぼがいわや)という間口40mの洞窟があり、鳥居と社が建てられている。大雨などで河川が増水した場合は、参拝できないことがある。

天安河原
天安河原

天安河原

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点で町営ふれあいバス岩戸行きに乗り換えて15分、終点下車、徒歩10分
料金
情報なし

高千穂峡遊歩道

マイナスイオンたっぷりの「高千穂遊歩道」を歩く

高千穂峡の御塩井(おしおい)駐車場から御橋(みはし)を渡ったたもとの細道が高千穂峡遊歩道の入り口。道沿いにはおのころ池、若山牧水歌碑、鬼八の力石などの見どころが点在する。終点の高千穂大橋付近までは、ゆっくり歩いて30分ほど。

高千穂峡遊歩道
高千穂峡遊歩道

高千穂峡遊歩道

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点下車、タクシーで5分
料金
情報なし

高千穂峡貸しボート

高千穂峡でカレとボートデート

高千穂峡駐車場のそばにボート乗り場があり、日本の滝100選に選ばれた真名井の滝のそばまで行くことができる。遊歩道から渓谷美を見下ろす景色とはまた違った趣がある。

高千穂峡貸しボート
高千穂峡貸しボート

高千穂峡貸しボート

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点下車、タクシーで5分
料金
乗船料(30分、定員は3人、未就学児は2人で1人分)=2000円/鯉のエサ=150円(1袋)/

高千穂あまてらす鉄道

旧高千穂鉄道跡をカートで走る

高千穂あまてらす鉄道では、旧高千穂鉄道の線路を活用した観光用スーパーカートを運行している。コースは高千穂駅をスタートし、高千穂鉄橋で折り返すおよそ5.1km。途中2か所のトンネルを抜けると、緑に囲まれた山里の風景。おもちゃのようなかわいい外観のカートが時速25kmで軽快に走る。

高千穂あまてらす鉄道
高千穂あまてらす鉄道

高千穂あまてらす鉄道

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1425-1旧高千穂駅
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間18分、高千穂駅下車すぐ(高千穂バスセンターから徒歩8分)
料金
入場料(駅構内)=100円/スーパーカート乗車料(高千穂鉄橋往復)=高校生以上1300円、小・中学生800円、1歳以上400円/スーパーカート乗車料(鉄橋が渡れない場合)=高校生以上800円、小・中学生600円、1歳以上400円/

道の駅 高千穂

神話と伝説にちなんだ町の名産と観光情報はここで入手

観光案内所、物産館、食事処を併設する道の駅で、パンフレットやイベント情報が入手できる。物産館では地元農家から届く野菜、神楽の里にちなんだ菓子やグッズを販売。

道の駅 高千穂
道の駅 高千穂

道の駅 高千穂

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1296-5
交通
九州中央自動車道北方ICから県道242号、国道218号を高千穂方面へ車で36km
料金
きなこ漬=432円/神話せんべい=430円(4枚入)/

天岩戸神社

天照大神が隠れた「天岩戸」が御神体

天照大神の岩戸開きの神話を伝える神社で、岩戸川をはさんで西本宮と東本宮の二つの社殿からなる。西本宮は天照大神が姿を隠した洞窟「天岩戸」を御神体とする社。天岩戸への立ち入りは許されないが、神職の案内により、岩戸川を隔てた遥拝所から参拝することができる。西本宮から東本宮までは歩いて10分ほど。

天岩戸神社
天岩戸神社

天岩戸神社

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073-1
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点で町営ふれあいバス岩戸行きに乗り換えて15分、終点下車すぐ
料金
情報なし

荒立神社

新婚の神様が暮らした愛の巣

天孫降臨の際、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の道案内をした猿田彦大神(さるたひこおおかみ)と、天照大神(あまてらすおおみかみ)を岩戸から出すために踊った天鈿女命(あめのうずめのみこと)の夫婦を祀る。夫婦和合、縁結びのほか、芸事にご利益があるといわれ、参拝する芸能人も多い。

荒立神社
荒立神社

荒立神社

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井宮尾野667
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、一本木下車、徒歩10分
料金
情報なし

天真名井

地上で最初に水が湧き出た場所

神代川のほとりにある湧水地。天孫降臨の時代に、この地に水がなかったため、天村雲命(あめのむらくものみこと)が高天原から水種を移したといわれる場所。樹齢1300年のケヤキの木の下から清水が湧き出ている。

天真名井
天真名井

天真名井

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井狭山
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点下車、徒歩10分
料金
情報なし

高千穂焼 五峰窯 あまてらすの隠れcafe

深緑の峡谷を眺めながらブレイクタイム

天岩戸神社から天安河原へ行く途中にあり、ギャラリーに併設して喫茶がある。天皇杯を受賞した宮崎茶房の茶葉を釜炒りしたものを使った「かまいり茶ソフト」は人気が高い。

高千穂焼 五峰窯 あまてらすの隠れcafe
高千穂焼 五峰窯 あまてらすの隠れcafe

高千穂焼 五峰窯 あまてらすの隠れcafe

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1082-21
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点で町営ふれあいバス岩戸行きに乗り換えて15分、終点下車、徒歩3分
料金
かまいり茶ソフト=400円/和ソフト=480円/

国見ヶ丘

朝日に照らされる雲海が見もの

神武天皇の孫にあたる建磐龍命が、ここから国見をしたことが名の由来で、高千穂随一の眺望といわれる。特に9月下旬から11月の早朝に見られる雲海は幻想的。

国見ヶ丘
国見ヶ丘

国見ヶ丘

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町押方
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点下車、タクシーで10分
料金
情報なし

青雲橋

空に架かっているように雄大なアーチ橋

カーブが続く旧道の代わりとして造られた国道の一部として、10年の歳月を費やして日之影川に架橋された長さ410mのアーチ橋。水面からの高さ137メートルは、当時国内最高を誇った。青雲の名は公募によるもので、下から見上げると空に架かっているように雄大だ。

青雲橋
青雲橋

青雲橋

住所
宮崎県西臼杵郡日之影町七折宮水
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで55分、青雲橋下車、徒歩5分
料金
情報なし

千穂の家

湧水を使った流しそうめんと高千穂ならではの川魚料理

高千穂峡の玉垂の滝から引いた湧水を使った流しそうめんが目玉。小窓から竹樋を伝ってそうめんが流れてくる形式で、アトラクション的に楽しい。冷や汁(夏期限定)、ヤマメ塩焼き、そばぜんざいなど、宮崎の郷土料理が手軽に食べられる。真名井の滝もすぐ近くにある。

千穂の家
千穂の家

千穂の家

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町向山62-1
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点下車、タクシーで5分
料金
冷や汁(夏期限定)=600円/ヤマメ塩焼き=650円/そばぜんざい=350円/元祖流しそうめん=500円/高千穂峡定食=1500円/

焼肉&ステーキの店 初栄

プロの目で厳選した日本一の高千穂牛

地元で老舗の精肉店が手がける焼き肉店。高千穂牛をリーズナブルに味わうなら、昼の定食がおすすめ。ミニステーキと馬刺しが付く初栄定食などがある。

焼肉&ステーキの店 初栄
焼肉&ステーキの店 初栄

焼肉&ステーキの店 初栄

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井10
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点下車すぐ
料金
焼肉定食(昼のみ)=1296円/初栄定食(昼のみ)=3240円/ミニステーキ定食(昼のみ)=2484円/焼肉(単品)=1188円~/ミニステーキ(単品)=2376円/

神話の高千穂夜神楽まつり

神話の里の伝統芸能

天岩戸伝説がテーマの舞を始め、33番の神楽を秋の実りへの感謝と翌年の豊穣を祈願して、2日に分け奉納(岩戸4番は2日共)。国の重要無形民俗文化財に指定されている。

神話の高千穂夜神楽まつり
神話の高千穂夜神楽まつり

神話の高千穂夜神楽まつり

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1037高千穂神社
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点下車、徒歩15分
料金
無料

そば処 天庵

高千穂のそば粉と名水で手打ちする地産地消のそば

町内の契約農家から仕入れるそばを石臼びきし、地元で名水と評判の秋元神社の御神水を使って手打ちする。コースに付く天ぷらの野菜やいなりずしの米は、いずれも無農薬で自家栽培したもの。女将の児島佐代子さんが集めた信楽焼きなどの器で出す。

そば処 天庵
そば処 天庵

そば処 天庵

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1180-25
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点下車、徒歩3分
料金
千穂コース=1300円/

くし触神社

瓊瓊杵尊が降り立ったといわれる。建国まつりは毎年2月11日

瓊瓊杵尊が降り立ったといわれるくしふる岳の麓にある神社。毎年2月11日に行われる建国まつりでは、町民が神々に扮するパレードの到着点になっている。

くし触神社
くし触神社

くし触神社

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井713
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点下車、徒歩10分
料金
情報なし

カフェ 千人の蔵

高千穂の四季を感じる料理と風景を楽しむ

宮崎県日之影町から移築した石蔵を利用したカフェ。料理は米や野菜など地元産の材料でつくる。高千穂牛を使ったハンバーグセットやボロネーゼセットなどメニューが充実。

カフェ 千人の蔵

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸92-2
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点で町営ふれあいバス岩戸行きに乗り換えて12分、天岩戸温泉入口下車、徒歩10分
料金
神楽ピザセット=1300円/高千穂牛シチューセット=1700円/

あららぎ乃茶屋

鶏の丸焼きとかっぽ酒が名物

創業昭和6(1931)年。高千穂峡遊歩道の途中にあり、店内からは五ヶ瀬川を望む。特殊な窯で4時間かけて焼く鶏の丸焼きが看板メニュー。

あららぎ乃茶屋
あららぎ乃茶屋

あららぎ乃茶屋

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町押方1245-1
交通
JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点下車、タクシーで5分
料金
鳥の丸焼き(要予約)=3400円~/鳥の丸焼き(ごはん・サラダ付き2名セット、要予約)=4500円~/にじます定食=1080円~/あららぎ定食=1430円/高千穂名物セット(4人前、要予約)=10300円/カッポ酒=1090円~/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください