トップ > 全国 x 神社(稲荷・権現) > 九州・沖縄 x 神社(稲荷・権現) > 鹿児島・宮崎 x 神社(稲荷・権現) > 霧島・えびの高原 x 神社(稲荷・権現)

霧島・えびの高原 x 神社(稲荷・権現)

霧島・えびの高原のおすすめの神社(稲荷・権現)スポット

霧島・えびの高原のおすすめの神社(稲荷・権現)スポットをご紹介します。南九州最大の規模と歴史をもつ「霧島神宮」、奈良時代の廷臣、和氣清麻呂を祀る「和氣神社」、建国の神様を祀るロマンとパワースポット「東霧島神社」など情報満載。

霧島・えびの高原のおすすめの神社(稲荷・権現)スポット

霧島・えびの高原のおすすめの神社(稲荷・権現)スポット

  • スポット:6 件
  • 記事:3 件

1~20 件を表示 / 全 6 件

霧島・えびの高原の魅力・見どころ

美しい景観と神話にゆかりのスポット、人気の温泉地などがある

鹿児島と宮崎の県境に連なる霧島連山。何度も噴火を繰り返した火山で、噴火口が湖になったところがあちらこちらにある。また天孫降臨の伝説の舞台でもあり、周辺には「霧島神宮」をはじめとするゆかりのスポットが点在している。南麓には趣の異なる温泉が集まる霧島温泉郷や、天降(あもり)川の清流に沿う妙見温泉などのいで湯がある。北麓のえびの高原は、展望のよい花の名所。生駒高原には、春は菜の花とポピー、秋はコスモスが咲く。黒酢の里・福山では壺を使った昔ながらの製法で醸造がされており、大量の壺が並ぶ壺畑の景色は圧巻だ。

霧島神宮

南九州最大の規模と歴史をもつ

瓊瓊杵尊を祀り、国家安泰から家内安全までご利益があるといわれる古社。現在地に移ったのはおよそ500年前とされ、霧島山の噴火による焼失と再建を繰り返した歴史をもつ。老杉に囲まれた朱塗りの本殿をはじめ、建造物のほとんどが重要文化財で、南九州最大の規模と歴史を誇る。

霧島神宮
霧島神宮

霧島神宮

住所
鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
交通
JR日豊本線霧島神宮駅から鹿児島交通霧島いわさきホテル行きバスで13分、霧島神宮下車すぐ
料金
九面守=1000円/恋みくじ=200円/幸福みくじ=200円/霧島花お守り(巾着形)=1000円/縁結びお守り=1000円/

和氣神社

奈良時代の廷臣、和氣清麻呂を祀る

奈良時代に天皇の位を窺う道鏡を退けたため、大隅國に流された和氣清麻呂を祀った神社。境内の白いイノシシや、日本一といわれる大絵馬も有名。

和氣神社
和氣神社

和氣神社

住所
鹿児島県霧島市牧園町宿窪田3986
交通
JR肥薩線嘉例川駅からタクシーで15分
料金
情報なし

東霧島神社

建国の神様を祀るロマンとパワースポット

霧島六社権現の一社で、主祭神は伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)。乱れ積みの鬼岩石段は鬼が一夜にして築いたとされるもので、「振り向かずの坂」とも呼ばれる。神石は、伊邪那岐尊が亡くなった妻を慕い、嘆き悲しんだ涙で固まったものとされる。「十握の剣(とつかのつるぎ)」が社宝。

東霧島神社

東霧島神社

住所
宮崎県都城市高崎町東霧島1560
交通
JR吉都線東高崎駅から徒歩5分
料金
情報なし

神柱宮

日本最大を誇った島津荘の総鎮守

都城開拓のために大宰府から平大監季基が来都して西日本最大といわれる島津御荘を開き、その総鎮守として万寿3(1026)年に創建。明治期に現在の地に移転され、広く崇敬を集める。

神柱宮

神柱宮

住所
宮崎県都城市前田町1417-1
交通
JR日豊本線都城駅から徒歩10分
料金
祈願料=6000円~/朱印料=300円/

狭野神社

神武天皇を祀る神社

高原町にある神武天皇を祀る神社。社名は神武天皇の幼名「狭野尊(サノノミコト)」より付けられた。

狭野神社

住所
宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田117
交通
JR吉都線高原駅からタクシーで10分
料金
情報なし

鹿児島神宮

初午祭で知られる大隅一の宮

天津日高日子穂穂出見尊(山幸彦)と豊玉比売命を主祭神として祀る。旧暦1月18日を過ぎた最初の日曜には初午祭があり、参道には鈴掛馬を描いた伝統玩具の「ポンパチ」を売る露店が出る。境内には安産の神様として名高い石體神社など多くの摂社、末社がある。

鹿児島神宮
鹿児島神宮

鹿児島神宮

住所
鹿児島県霧島市隼人町内2496-1
交通
JR日豊本線隼人駅から徒歩15分
料金
情報なし

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください