トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 屋久・奄美

屋久・奄美

屋久・奄美のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した屋久・奄美のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。奄美産の旬のフルーツが買える「食鮮市場@やっちゃば」、目当ての奄美みやげが見つかる「奄美物産センター」、漁師がさばく活気ある人気店「寿し いその香り」など情報満載。

  • スポット:485 件
  • 記事:54 件

屋久・奄美のおすすめエリア

21~40 件を表示 / 全 485 件

屋久・奄美の魅力・見どころ

鹿児島の南方に連なる亜熱帯の島々に手つかずの自然を求めて

鹿児島の南に連なる薩南諸島には亜熱帯の穏やかな気候のなか、手つかずの自然が残る島々がある。樹齢1000年を超える屋久杉が林立する屋久島は、九州最高峰の宮ノ浦岳が立ち、多様な植生の垂直分布が見られる。世界遺産にも登録された自然景観を求めて、多くの人が訪れる。奄美大島は、亜熱帯の森に貴重な動植物が生息する自然の宝庫。鶏飯などの島料理も魅力だ。奄美群島には闘牛が有名な徳之島や、奇岩の海岸と多数の鍾乳洞がある沖永良部島、東洋の真珠といわれる与論島などが連なる。

屋久・奄美のおすすめスポット

食鮮市場@やっちゃば

奄美産の旬のフルーツが買える

奄美の特産品が買える店。2月から3月はタンカン、6月上旬はスモモ、7月はパッションフルーツと、季節ごとの果物を販売し、9月から11月には希少な島バナナを入荷。ジュースや黒糖焼酎なども人気。

食鮮市場@やっちゃば
食鮮市場@やっちゃば

食鮮市場@やっちゃば

住所
鹿児島県奄美市名瀬金久町9-2
交通
だるま市場通りバス停からすぐ
料金
島バナナ(9~10月)=2500円~(1kg)/グァバ果汁=1080円(500ml)/パッションフルーツ(7月)=3500円~(1kg)/スモモ(6月上旬)=4500円~(1kg)/タンカン(2~3月)=3500円~(5kg)/ (料金は天候により変動)

奄美物産センター

目当ての奄美みやげが見つかる

奄美の特産品が一堂にそろう土産物屋。黒糖焼酎や黒糖菓子、大島紬、貝殻のアクセサリーまで、島みやげがいっぱい。自家製ハイビスカスティーの試飲サービスもある。特に自家製みるく黒糖が人気。

奄美物産センター

住所
鹿児島県大島郡龍郷町大勝988-1
交通
名瀬市街からしまバス空港行きで30分、大勝下車すぐ
料金
黒糖焼酎=1188円~(720ml)/パパイヤ漬=540円~(1袋)/もずく=432円(1袋)/

寿し いその香り

漁師がさばく活気ある人気店

魚の旬と旨みを熟知した漁師の主人が調理する地魚メニューが評判。一番人気は旬の地魚のにぎり。永田の手作り豆腐やつけ揚げなど島料理も充実し、地元客から観光客で賑わう繁盛店だ。

寿し いその香り
寿し いその香り

寿し いその香り

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房788-150
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで25分、中央下車すぐ
料金
首折れサバの刺身=1500円/地魚にぎり(5種10カン入)=2160円/地魚刺身定食=1940円/トビウオの姿揚げ=870円/安納芋フライ=650円/カメノテ蒸し焼き=760円/トビウオのつきあげ=650円/

やくしま市場

特産品が豊富にそろう物産所

屋久島観光センター1階にある物産コーナー。屋久島産ポンカン・タンカンを使った菓子、ごまさばぶしなどの海産加工品、屋久杉工芸、芋焼酎など、島の特産品がそろう。

やくしま市場
やくしま市場

やくしま市場

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦799屋久島観光センター 1階
交通
宮之浦港から徒歩7分
料金
ごまさばぶし=648円(1パック2本入)、1080円(1箱2本入)/屋久島たんかんスイート=1296円(12個入)/一夜干しトビウオ=648円(2尾入)、1296円(3尾入)/たんかんジャム=540円/ぽんかんジャム=540円/屋久杉マグネット=280円~/屋久島醤油=540円(300ml)/もりっぱ=1080円/もりっぴ=1080円/

JRホテル屋久島

モッチョム岳を背景に建つ温泉自慢のホテル

360度の眺望が楽しめる絶景の地に建つアットホームな雰囲気のホテル。自家源泉の湯は、美容液にひたっているようなとろみ感のある肌ざわり。女性を中心に評判を得ている。

JRホテル屋久島
JRホテル屋久島

JRホテル屋久島

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間136-2
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで1時間、JRホテル下車すぐ
料金
1泊2食付=16500~55000円/外来入浴(15:00~18:00、年1回数日間メンテナンス休あり、要問合せ)=1400円/

中間ガジュマル

屋久島最大級のガジュマル

中間川の下流沿いに生育するガジュマル群。なかでも樹齢300年を超えるという、島内最大のガジュマルが見もの。アーチ状で車1台が楽に通れるほどの大きさを誇る。

中間ガジュマル
中間ガジュマル

中間ガジュマル

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町中間
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで1時間30分、中間下車すぐ
料金
情報なし

焼肉れんが屋

屋久島で肉料理が食べたくなったらここ

希少性の高いヤク鹿をはじめ、九州各地のA5ランクの黒毛和牛、鹿児島黒豚、鹿児島赤鶏など各種がそろう。焼き肉やたたきなどメニューは豊富。

焼肉れんが屋
焼肉れんが屋

焼肉れんが屋

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房410-74
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで40分、安房港下車すぐ
料金
鹿のフルコース=2800円/れんが屋定食=2500円/ミックス焼肉定食=1600円/鹿の食べ比べ(ヤク鹿とエゾ鹿)=1400円/とりめし=600円/ヤク鹿のハツ(数量限定)=時価/

地産地消レストラン瀬里奈

体にやさしい素材で作る島の味

奄美長寿食文化研究家、久留ひろみ氏がプロデュースする店で島産の健康食材をふんだんに使った料理が食べられる。人気はジューシーな奄美産黒豚の料理でハンバーグやとんかつなどがある。鶏肉のほか8種の具をトッピングし、天然塩のみで味付けした奄美赤鶏のスープをかけて食べる「奄美けいはん」も評判だ。

地産地消レストラン瀬里奈

地産地消レストラン瀬里奈

住所
鹿児島県奄美市名瀬末広町1-11
交通
名瀬局前バス停からすぐ
料金
和風おろしハンバーグ=1100円/黒豚ハンバーグ=1100円/黒豚とんかつ=1280円/パスタ=780円~/オムライス=800円/奄美けいはん=1000円/お子様けいはん=780円/

屋久島町の枕状溶岩

いろんな溶岩見~つけた

4000年前の海底火山が噴火してできた枕のような形状の溶岩。赤紫色や暗緑色などの溶岩が転がっている。岸壁に波が打ち寄せる光景は、迫力がある。

屋久島町の枕状溶岩
屋久島町の枕状溶岩

屋久島町の枕状溶岩

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町永久保
交通
宮之浦港からタクシーで25分
料金
情報なし

La Fonte

島の自慢を詰め込んだ絶品ジェラート

農園直営の人気ジェラート店。旬の果物や野菜、黒糖、真塩(ましゅ)など奄美の素材を活かしたフレーバーが常時10種類そろい、2~3種類の組み合わせも自在。

La Fonte
La Fonte

La Fonte

住所
鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1325-3
交通
名瀬市街からしまバス空港行きで40分、赤尾木下車、徒歩3分
料金
ジェラート(トリプル)=520円/コーヒー=400円/マンゴーと奄美黒糖のジェラート(ダブル)=400円/

Hot Pepper

果実の食感が楽しいかき氷

サトウキビ畑に囲まれたテイクアウトの店で、営業は4月から12月。奄美フルーツかき氷は、果肉入りのパッションフルーツや、ジャムを使ったスモモ、黒糖ミルクなど6種がある。

Hot Pepper
Hot Pepper

Hot Pepper

住所
鹿児島県奄美市笠利町喜瀬560-2
交通
名瀬市街からしまバス佐仁行きで46分、喜瀬下車、徒歩3分
料金
奄美フルーツかき氷=400円~/タコス=750円/タコライス=750円/ブリトー=750円/

屋久島オリオン

島食材をアレンジした洋食メニュー

素朴な佇まいの洋食屋。トビウオのハンバーグやマヒマヒの香草焼きなど、島魚を使ったオリジナリティを感じる料理がそろっている。ほかにカツレツやオムライスなど洋食メニューが充実。

屋久島オリオン
屋久島オリオン

屋久島オリオン

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町原914-32
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで55分、原入口下車すぐ
料金
とび魚と豆腐のハンバーグ=900円/屋久島中華そば=800円/屋久島流幽庵焼き=1200円/大きなチキンカツレツ=950円/

じぃじ家

創作料理が味わえる居酒屋

屋久島の近海にその日揚がった魚介や、自社農場でとれた野菜を使った創作料理が味わえる居酒屋。古民家を改装した店はいごこちがよく、グラスを傾けながらくつろげる。

じぃじ家
じぃじ家

じぃじ家

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房67-4
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生橋行きバスで40分、安房下車、徒歩3分
料金
トッピーギョロッケ=680円/赤身のポキ=750円/もつ鍋(1人前、2名から受付、前日までに要予約)=1500円/そのまま野菜=850円/ヤクシカ肉の水ぎょうざ=680円/ (チャージ料300円)

イルマーレ

島食材を生かした絶品イタリアン

独自の味付けで仕上げた鹿肉のピザ、地元産の魚や野菜を使ったパスタなどが食べられる。鹿肉のピザは、クセやかたさのある鹿肉のイメージを一掃するようなおいしさ。屋久島の新たな郷土料理として注目だ。

イルマーレ
イルマーレ

イルマーレ

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田815-92
交通
宮之浦港から種子島・屋久島交通粟生橋行きバスで23分、空港下車すぐ
料金
ピザランチセット=1500円~/パスタランチセット=1600円~/シカのピッツァランチセット=1800円/夜のセットメニュー(要予約)=2300円/シカのロースト(夜のみ、要予約)=2200円/ディナーコース(前々日までに要予約)=5000円~/

Hotel Caretta

好みや目的で部屋をチョイス

子供用の深さ50cmのプールや25mの屋外プールがあるほか、目の前には砂浜が広がる。館内は地中海風の内装で統一。シュノーケルやマリングッズの無料レンタルも好評。

Hotel Caretta
Hotel Caretta

Hotel Caretta

住所
鹿児島県大島郡龍郷町芦徳419-1
交通
名瀬市街からしまバス空港行きで40分、赤尾木下車、タクシーで5分(送迎あり・要確認)
料金
1泊2食付=10000円~/1泊朝食付=6000~17000円/

Osteria fiore

奄美の素材にこだわるイタリアン

地元の生産者から直接仕入れる野菜をはじめ、地の食材にこだわったイタリア料理を提供。5種類から選べるランチや、自家製ピザが人気。夜には黒糖焼酎も楽しめる。

Osteria fiore
Osteria fiore

Osteria fiore

住所
鹿児島県大島郡龍郷町浦1113-2
交通
名瀬市街からしまバス空港行きで30分、龍南中前下車、徒歩5分
料金
プレートランチ=972円~/自家製ピザ=1296円~/

一湊珈琲焙煎所

自家焙煎の香り高いコーヒー

フェリー待合所の2階にあるコーヒースタンド。エチオピアやブラジルなど、その時々においしい豆を世界中から取り寄せて自家焙煎している。

一湊珈琲焙煎所
一湊珈琲焙煎所

一湊珈琲焙煎所

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦1208-11県営フェリー待合所 2階
交通
宮之浦港からすぐ
料金
イッソウ(オリジナルブレンド)=1200円(180g)/本日のコーヒー=400円/エスプレッソ=300円/島のオーガニックティー=450円/

せとうち海の駅シーフードレストラン

海を眺めながら、新鮮な魚介類を堪能

1階にある漁業協同組合直営店から当日仕入れる鮮度抜群魚介が味わえる。海鮮丼やメイン料理が日替わりのきまぐれ定食などが人気。

せとうち海の駅シーフードレストラン
せとうち海の駅シーフードレストラン

せとうち海の駅シーフードレストラン

住所
鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋大湊26-14せとうち海の駅 2階
交通
名瀬市街からしまバス古仁屋行きで1時間15分、終点下車すぐ
料金
海鮮丼=500円(小)・1000円・1400円・1500円/きまぐれ定食=800円/島のお母さん定食=1000円/

大浜海浜公園

マリンブルーの海が広がる公園

日本の渚百選のひとつ。園内には奄美海洋展示館があり、近海のサンゴ礁やウミガメなどの生態について、展示パネルや映像を使って解説する。ブーゲンビリアやハイビスカス、デイゴなどの亜熱帯植物が咲く遊歩道は散策に最適だ。

大浜海浜公園
大浜海浜公園

大浜海浜公園

住所
鹿児島県奄美市名瀬小宿大浜701-1
交通
名瀬市街からしまバス今里行きで20分、大浜入口下車、徒歩15分(GW・夏休みは大浜海浜公園まで直行便あり)
料金
入園料=無料/奄美海洋展示館=大人500円、小・中学生300円、幼児(4歳~)100円/テントサイト(1張)=300円~/

道の駅 奄美大島住用

マングローブの原生林をカヌーで散策できる

マングローブの森をカヌーで探検する体験が人気。マングローブなどについて紹介する資料館を併設する。売店で名産の黒糖などを販売。

道の駅 奄美大島住用
道の駅 奄美大島住用

道の駅 奄美大島住用

住所
鹿児島県奄美市住用町石原478
交通
名瀬港から県道79号、国道58号を住用町方面へ車で21km
料金
資料館入館料=大人500円、小・中学生300円、4歳以上100円/カヌー体験(1時間)=大人2000円、小・中学生1800円(60分)、幼児無料/ (障がい者でも定額だがサポーターは無料)

ジャンルで絞り込む