トップ > 全国 x 墓・古墳 > 九州・沖縄 x 墓・古墳 > 沖縄 x 墓・古墳

沖縄 x 墓・古墳

沖縄のおすすめの墓・古墳スポット

沖縄のおすすめの墓・古墳スポットをご紹介します。歴代の国王が眠る巨大墓に目を見張る「玉陵」、琉球神話が残る神秘的な拝所「アマミチューの墓」、平良港の近く。かつて支配者だった人物が父を弔うために建てた墓「仲宗根豊見親の墓」など情報満載。

沖縄のおすすめの墓・古墳スポット

  • スポット:5 件
  • 記事:2 件

1~20 件を表示 / 全 5 件

玉陵

歴代の国王が眠る巨大墓に目を見張る

文亀元(1501)年、自然の岩山を削って造られた陵墓。沖縄に今も受け継がれる破風墓(三角形の屋根を持つ家形の墓)のルーツになっている。3室に分かれた内部について、併設の資料館で紹介。

玉陵
玉陵

玉陵

住所
沖縄県那覇市首里金城町1丁目3
交通
ゆいレール首里駅から徒歩15分
料金
大人300円、中学生以下150円(障がい者手帳持参で無料、市内在住の65歳以上は半額)

アマミチューの墓

琉球神話が残る神秘的な拝所

浜比嘉島は琉球国造りの始祖、女神アマミキヨ(アマミチュー)と男神シネリキヨ(シルミチュー)の伝説が残る島。島の東側にある岩屋の小島アマンジにはアマミチューの墓といわれる洞窟がある。

アマミチューの墓
アマミチューの墓

アマミチューの墓

住所
沖縄県うるま市勝連比嘉
交通
沖縄自動車道沖縄北ICから県道36・10・238号を浜比嘉方面へ車で20km
料金
情報なし

仲宗根豊見親の墓

平良港の近く。かつて支配者だった人物が父を弔うために建てた墓

15世紀から16世紀にかけて宮古島を支配した仲宗根豊見親が、父を弔うために建造した墓。宮古独特の「ミャーカ」と呼ばれる巨石墓の様式と沖縄本島の横穴式の設計を併せ持つ。

仲宗根豊見親の墓

仲宗根豊見親の墓

住所
沖縄県宮古島市平良西仲宗根3-4
交通
宮古空港からタクシーで10分
料金
情報なし

唐人墓

イギリス兵に殺害された中国人奴隷たちを葬るためにつくられた墓

19世紀中頃、アメリカへ向かう中国人労働者が石垣島で処刑された(バウン号事件)。中国人苦力(クーリー)の慰霊のため、昭和46(1971)年に建立された鮮やかな色彩と細工が目を引く。

唐人墓
唐人墓

唐人墓

住所
沖縄県石垣市新川1625-9
交通
南ぬ島石垣空港からタクシーで40分
料金
情報なし

幸地腹・赤比儀腹両門中墓

一族団結の象徴である巨大な墓

門中とは、墓を共有する父系一族のことで、この墓は幸地腹門中と赤比儀腹門中の共同墓。300年以上の歴史をもち、5400平方メートルという広大な敷地は沖縄最大規模だ。

幸地腹・赤比儀腹両門中墓
幸地腹・赤比儀腹両門中墓

幸地腹・赤比儀腹両門中墓

住所
沖縄県糸満市糸満1367
交通
那覇空港から国道331号を糸満方面へ車で11km
料金
情報なし

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください