トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 沖縄 > 沖縄本島・慶良間諸島 > やんばる

やんばる

やんばるのおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選したやんばるのおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。巨大な鳥の形の展望台「ヤンバルクイナ展望台」、沖縄本島随一のマングローブ「慶佐次湾のヒルギ林」、ボリューム満点の牛肉そばを食す「前田食堂」など情報満載。

  • スポット:40 件
  • 記事:10 件

1~20 件を表示 / 全 40 件

やんばるの魅力・見どころ

亜熱帯の豊かな自然をドライブやエコツアーで楽しんで

山原(やんばる)とは自然豊かな名護市の北側、東村、大宜味村、国頭村の総称で、やんばる国立公園に指定されているエリア。本島内最高峰の与那覇岳を中心に亜熱帯の森が広がり、ヤンバルクイナやノグチゲラ、ヤンバルテナガコガネといった多種多様な絶滅危惧生物の生息地として世界的にも貴重だ。沖縄本島最北端の「辺戸岬」や、滝までのトレッキングが楽しめる「比地大滝」、マングローブの茂る「慶佐次(げさし)湾のヒルギ林」など見どころは多く、ドライブやエコツアーなど、さまざまな楽しみ方ができる。

ヤンバルクイナ展望台

巨大な鳥の形の展望台

国頭村の高台に立つ高さ11.5mのヤンバルクイナがモチーフの展望台。展望窓からは辺戸岬周辺の雄大な景観を望む。

ヤンバルクイナ展望台

ヤンバルクイナ展望台

住所
沖縄県国頭郡国頭村辺戸
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を国頭方面へ車で58km
料金
情報なし

慶佐次湾のヒルギ林

沖縄本島随一のマングローブ

慶佐次川の下流に広がる沖縄本島随一のマングローブ。湾から川を上っていくカヌーツアーが人気。周辺は東村ふれあいヒルギ公園として整備されている。

慶佐次湾のヒルギ林
慶佐次湾のヒルギ林

慶佐次湾のヒルギ林

住所
沖縄県国頭郡東村慶佐次東村ふれあいヒルギ公園周辺
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道14号、国道331号を慶佐次方面へ車で33km
料金
情報なし

前田食堂

ボリューム満点の牛肉そばを食す

昭和47(1972)年の開業以来、看板メニューとなっているのが牛肉そば。沖縄そばの上に、コショウで炒めた牛肉とモヤシが山のように盛られている。名護市に支店がある。

前田食堂
前田食堂

前田食堂

住所
沖縄県国頭郡大宜味村津波985
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を大宜味方面へ車で22km
料金
牛肉そば=700円/焼肉おかず=800円/てびち(単品)=140円/てびちそば=700円/ソーキそば=700円/

東村ふれあいヒルギ公園

沖縄の森の魅力を満喫

やんばるの亜熱帯の自然が楽しめる公園。本島最大規模のマングローブが広がる慶佐次川下流域にあって周辺ではネイチャー体験ができるツアーも開催している。

東村ふれあいヒルギ公園
東村ふれあいヒルギ公園

東村ふれあいヒルギ公園

住所
沖縄県国頭郡東村慶佐次
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道14号、国道331号を慶佐次方面へ車で33km
料金
情報なし

ウッパマ

沖縄の原風景が残る天然ビーチで島時間を満喫

ウッパマとは「大きな浜」という意味。自然の浜の姿が残されており、貝がらやサンゴのかけらが多いためサンダル履きが望ましい。沖縄本島随一のマングローブ、慶佐次湾のヒルギ林に近い。

ウッパマ
ウッパマ

ウッパマ

住所
沖縄県国頭郡東村慶佐次292-5
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道14号、国道331号を慶佐次方面へ車で31km
料金
情報なし

エコツアーpukapuka

自然を満喫するエコツアーを開催。愛犬と参加できるツアーもある

国の天然記念物にも指定されている慶佐次川のマングローブ林をカヤックに乗ってさかのぼるツアーが人気。レクチャーを受けたら、ゆっくりと時間が流れる森の中へ出かけよう。

エコツアーpukapuka
エコツアーpukapuka

エコツアーpukapuka

住所
沖縄県国頭郡東村慶佐次758-23
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道14号、国道331号を慶佐次方面へ車で31km
料金
サイクリング&自然観察(3時間、ガイド料、保険料、自転車レンタル料込、2日前までの予約制、10歳以上)=4500円/慶佐次川マングローブカヌー+シーカヤックコース(3時間)=大人6000円、小人4000円、幼児1500円/慶佐次川マングローブカヌーコース(2時間)=大人5000円、小人3000円、幼児1500円/マングローブプチコース(1時間)=大人4000円、小人2000円、幼児1000円/マングローブカヌー+シーカヤックコース(4時間)=大人9000円、小人6000円、幼児3500円/

笑味の店

創作料理でやんばるの恵みを満喫

郷土食にアレンジを加えたオリジナル料理の店。大宜味村特産のシークヮーサーを練り込んだ麺や揚げ菓子が味わえる。人気の長寿膳(予約制)には日替わりの15品が付く。

笑味の店
笑味の店

笑味の店

住所
沖縄県国頭郡大宜味村大兼久61
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を大宜味方面へ車で30km
料金
長寿膳=1750円/まかちくみそうれランチ(おまかせランチ)=1100円(要予約)/

田村窯

村はずれのやちむん工房

読谷山焼北窯で修業したのち、自分の窯で作陶できる場所を探して大宜味村に工房を構えた田村将敏さん、麻衣子さん夫妻。おおらかな作風に新しい感性をプラスした器とともに、作り手に会いに行ける工房として人気が高い。

田村窯

田村窯

住所
沖縄県国頭郡大宜味村津波57-2
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を大宜味方面へ車で24km
料金
4寸マカイ=1080円/ティーポット=5400円/湯呑み=860円/4寸皿=970円/5寸皿=1290円/

やんばる.クラブ

亜熱帯の森でマングローブカヌー

約10haの慶佐次湾のヒルギ林を舞台に、カヌーやシーカヤックのツアーを行なうショップ。川のツアーは満潮時に実施する。すべてのコースが前日までの予約制。

やんばる.クラブ
やんばる.クラブ

やんばる.クラブ

住所
沖縄県国頭郡東村慶佐次155
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道14号、国道331号を慶佐次方面へ車で31km
料金
マングローブコース(約2時間30分、前日までの予約制)=3歳以上6000円/マングローブカヌー&カヤックフィッシング(約4時間、前日までの予約制)=中学生以上12000円/(ガイド料・保険料・カヌーレンタル料込)

辺戸岬観光案内所HEADLINE

本島最北端の休憩スポット

辺戸岬の園地にある観光施設。1階はやんばる3村の観光情報などを発信する観光案内所、2階には「ふしくぶカフェ」があり、スイーツを味わいながら眺望を楽しむことができる。

辺戸岬観光案内所HEADLINE

住所
沖縄県国頭郡国頭村辺戸973-5
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道71号を国頭方面へ車で55km

国頭村森林公園オートキャンプ場

やんばるの大自然でリフレッシュ

辺土名湖を中心とする森林公園内にあるキャンプ場。テントサイトと2種類の宿泊施設があり、バンガローはトイレ、シャワー付き。公園内にはやんばる森のおもちゃ美術館や林間歩道などもある。2ヶ月前から予約受付。

国頭村森林公園オートキャンプ場

住所
沖縄県国頭郡国頭村辺土名1094-1
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号で国頭村方面へ。辺土名トンネル手前から一般道へ右折し現地へ。許田ICから40km
料金
オートサイト(1張)=2200円/テントサイト(1張)=1100円/バンガロー(1棟)=11000円/樹上ハウス(1棟)=6600円/

MATAYOSHI COFFEE FARM(キャンプ場)

コーヒー農園にあるキャンプ場

やんばるの自然が満喫できるコーヒー農園にあるキャンプ場。サイトは車を横付けできるサイトと芝生広場のフリーサイトがある。園内ではコーヒー焙煎体験ができ、自分で焙煎したコーヒーを楽しめる。

MATAYOSHI COFFEE FARM(キャンプ場)

住所
沖縄県国頭郡東村慶佐次718-28
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号で大宜味方面へ。源河橋の手前で右折して県道14号、国道331号で慶佐次方面へ進み現地へ。許田ICから32km
料金
サイト使用料=2~3人用テント1張り2200円、4~5人用以上テント1張り3850円/宿泊施設=コテージ要問合せ/

ヒロ・コーヒーファーム沖縄

鮮度が高い国産のコーヒー豆

台風被害の休業を経て、平成25(2013)年4月に再開。現在、農園で栽培したコーヒー豆の販売の代わりに、自家焙煎したブラジル豆を販売。新鮮卵を使ったお手製デザートとコーヒーをぜひ。

ヒロ・コーヒーファーム沖縄
ヒロ・コーヒーファーム沖縄

ヒロ・コーヒーファーム沖縄

住所
沖縄県国頭郡東村高江85-25
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58・331号、県道70号を東方面へ車で44km
料金
ミディアムロースト=650円(100g)/ストロングロースト=750円(100g)/コーヒー=450円~(セルフサービス)/コーヒーゼリー=400円/コーヒープリン=400円/

カフェ水母

オーシャンビューが広がる北部の自然派カフェ

本島の北、楚洲海岸に面した絶景カフェ。店内に並ぶ色鮮やかなインテリアはすべてオーナーの手作りやリメイクしたもの。窓を開け、潮風と波音に耳を傾けながら、自家製の料理やスイーツを楽しもう。

カフェ水母
カフェ水母

カフェ水母

住所
沖縄県国頭郡国頭村楚洲150-1
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道2・70号を国頭方面へ車で69km
料金
カレー=800円/豆乳ラッシー=500円/ぜんざい=500円/オーガニックコーヒー=400円/自家製天然酵母パン=400円/

大宜味シークヮーサーパーク(見学)

シークヮーサーに特化したテーマパーク

シークヮーサーの加工場や関連商品の販売コーナー、飲食スペースを備えたテーマパーク。シークヮーサーに特化した施設は県内初。加工施設はガラス張りで果汁を搾る作業が見学できる。

大宜味シークヮーサーパーク(見学)

大宜味シークヮーサーパーク(見学)

住所
沖縄県国頭郡大宜味村津波1424-1
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を大宜味方面へ車で22km
料金
見学料=無料/沖縄そば=650円/甘熟島豚定食=1000円/ピザ=2000円(大)、1000円(小)/

奥集落

自然に溶け込んだ本島最北の集落

沖縄本島最北端の国頭村にある奥集落。人口200人ほどの小さな集落で、細い路地に寄り添うように昔ながらの民家が並ぶ。山間には日本一早く新茶が収穫できる茶畑が広がる。

奥集落
奥集落

奥集落

住所
沖縄県国頭郡国頭村奥
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を国頭方面へ車で64km
料金
情報なし

安波集落

特別天然記念物のノグチゲラが巣を作ることで有名

周辺を山に囲まれた人口200人ほどの集落。民家近くに特別天然記念物のノグチゲラが巣を作ることで知られている。

安波集落
安波集落

安波集落

住所
沖縄県国頭郡国頭村安波
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58・331号、県道70号を国頭方面へ車で62km
料金
情報なし

与那覇岳登山道

やんばるの森に足を踏み入れ亜熱帯のジャングルを体感

沖縄本島最高峰の与那覇岳の頂上付近まで往復約3kmの登山コース。車で行ける登山道入口から約30~100mほどにヒカゲヘゴが群生し、やんばるの森を体感できる。有料ガイド付がおすすめ。

与那覇岳登山道

与那覇岳登山道

住所
沖縄県国頭郡国頭村奥間、比地
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を国頭方面へ車で45km
料金
情報なし

津波集落

時間が止まったみたいなスロータウンを歩く

国道58号から分岐した旧道沿いに古い民家が並ぶ。海岸に近いためか、コンクリート塀やフクギの木に取り囲まれた家が多い。昔の沖縄風情が残る、数少ない集落の1つ。

津波集落
津波集落

津波集落

住所
沖縄県国頭郡大宜味村津波
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を大宜味方面へ車で20km
料金
情報なし

帆風

帆風

住所
沖縄県国頭郡東村慶佐次758-104

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください