トップ > 観光・レジャー > レジャー施設 > キャンプ場

日本のおすすめのキャンプ場スポット

  • スポット:2,136 件
  • 記事:36 件
エリア概要

1~10 件を表示 / 全 2,136 件

アクアグリーンビレッジANMON

白神山地散策のベースキャンプ

世界遺産白神山地の入口にあるキャンプ場で、散策の拠点に便利。センターハウスには入浴施設もあり、手ごろな料金でのんびり自然を満喫できる。

アクアグリーンビレッジANMON
アクアグリーンビレッジANMON
アクアグリーンビレッジANMON
アクアグリーンビレッジANMON

アクアグリーンビレッジANMON

住所
青森県中津軽郡西目屋村川原平大川添417
交通
東北自動車道大鰐弘前ICから国道7号で弘前市へ。弘前市街地から県道28号で西目屋村へ進み、津軽白神湖(旧美山湖)を過ぎ、暗門大橋を渡って右手に現地。大鰐弘前ICから46km
料金
サイト使用料=オート1区画2000円/宿泊施設=コテージ10000円~、利用日・タイプなどにより料金変動あり/

Tree Picnic Adventure IKEDA(キャンプ場)

子どもも大人もアクティブに楽しめる

メガジップラインや樹上のアドベンチャーパークなど、楽しくてスリルあるアクティビティが人気。宿泊施設にはコテージやキャビンのほか、樹間に設置されたデッキの上のテントに泊まる珍しい樹上テントがある。

Tree Picnic Adventure IKEDA(キャンプ場)

住所
福井県今立郡池田町志津原28-16
交通
北陸自動車道武生ICから県道262号・198号などで今立市街へ。国道417号を池田町方面へ進み、板垣トンネルの先で案内板に従い現地へ。武生ICから30km
料金
宿泊施設=コテージ21000円(6~9月は19000円)、定員(5人)以上は追加1人(小学生以上)1000円、8人まで利用可。樹上テント16000円/

越前市みどりと自然の村

豊かな自然の中で充実したひとときを

山間に広がる芝生広場をはじめ、よく整備された場内は広々としていてグループで楽しむのにおすすめで、レストハウスではシャワーが利用できる。春の桜祭り、夏のさぎ草祭りなどイベントも開催。

越前市みどりと自然の村
越前市みどりと自然の村

越前市みどりと自然の村

住所
福井県越前市安養寺町地内5-3
交通
北陸自動車道武生ICから国道8号、県道19号を越前市街へ。県道190号で越前町方面へ進み現地へ。武生ICから15km
料金
サイト使用料=1人(3歳以上)300円/

西脇市 日本のへそ 日時計の丘公園オートキャンプ場(キャンプ場)

家族や初心者におすすめの高規格キャンプ場

時をテーマにした公園内にあるキャンプ場。オートサイトは全区画にAC電源と水道・流し台を備え、気軽に利用できる快適な宿泊施設もそろう。また、料理やクラフトなど、さまざまな体験教室も開催している。

西脇市 日本のへそ 日時計の丘公園オートキャンプ場(キャンプ場)
西脇市 日本のへそ 日時計の丘公園オートキャンプ場(キャンプ場)
西脇市 日本のへそ 日時計の丘公園オートキャンプ場(キャンプ場)
西脇市 日本のへそ 日時計の丘公園オートキャンプ場(キャンプ場)

西脇市 日本のへそ 日時計の丘公園オートキャンプ場(キャンプ場)

住所
兵庫県西脇市黒田庄町門柳871-14
交通
中国自動車道滝野社ICから国道175号を西脇方面へ車で15km
料金
サイト使用料=オート1区画3000円(休前日は3500円)/宿泊施設=コテージ9000円(休前日は11000円)、ロッジ5000円~(休前日は7000円~)、別途1人800円(休前日1000円)/

FBI AWAJI

おしゃれに南国リゾート気分を満喫

テントサイトは車の乗り入れができないビーチエリアと車を横付けできるシービューエリアの2か所。またおしゃれで個性的なウッドデッキ付きキャビンやグランピングタイプのコットンテントも人気だ。

FBI AWAJI
FBI AWAJI
FBI AWAJI
FBI AWAJI

FBI AWAJI

住所
兵庫県洲本市五色町鳥飼浦2359
交通
神戸淡路鳴門自動車道西淡三原ICから県道31号で五色浜方面へ。五色浜過ぎて船瀬バス停左手に現地。西淡三原ICから約9km
料金
利用料=大人1500円、小人750円、ペット500円/持ち込みテント料(1張り)=1000円~/キャビン(1棟)=28000円~/手ぶらでBBQセット(4名から、3日前までに要予約)=3000円(1人前)/バーベキューディナー(4名から、3日前までに要予約)=4000円(1人前、ビーチハウス専用)/駐車代=普通車1000円/

Snow Peak Headquarters キャンプフィールド

晴れた日には粟ヶ岳や守門岳を一望

広さ約5万坪、小高い丘陵地帯に広がるキャンプ場。スノーピークファンにはうれしいレンタル品が充実。トイレ・シャワーも清潔で快適なキャンプが楽しめる。1年を通じて、各種イベントも開催されている。

Snow Peak Headquarters キャンプフィールド
Snow Peak Headquarters キャンプフィールド

Snow Peak Headquarters キャンプフィールド

住所
新潟県三条市中野原456
交通
北陸自動車道三条燕ICから国道289号で下田方面へ。萩掘交差点で国道290号へ右折、約2km先の案内看板で一般道へ左折し現地へ。三条燕ICから17km
料金
サイト利用料=大人1650円、小人(3~14歳)550円、オート1区画(6人まで)3300円(別途大人1650円、小人550円)/デイキャンプ=大人550円、小人330円/宿泊施設=モバイルハウス住箱は1~2人11000円、3~4人16500円/

PICA Fujiyama

極上のアウトドアリゾートを満喫

ホテルのようなフロントには、レストランや売店、シャワールームやコインランドリーも完備。屋根付きウッドデッキのリビングを備えたテントサイトに、コテージやトレーラーコテージなど、快適な宿泊施設もそろっている。

PICA Fujiyama

住所
山梨県南都留郡富士河口湖町船津6662-10
交通
中央自動車道河口湖ICから国道139号を経由し富士河口湖富士線を富士スバルライン方面へ。胎内洞窟入口交差点で右折して現地へ。河口湖ICから5km
料金
サイト使用料=オート(1区画)9000円~(犬は1頭1600円)/宿泊施設=トレーラーコテージ6(6人)1人7000円~(犬は1頭1600円)、トレーラーコテージ4(4人)1人9000円~(犬は1頭1600円)、スタンダードコテージ(6人)1人10000円~、ラグジュアリーコテージ(4人)1泊2食付1人17000円~※時期により変動あり/

ウォーターパーク長瀞

台風被害から復旧でGWに再開予定

川の眺めが楽しめるサイトと、木々に囲まれたサイトがあり、荒川を起点とするライン下りやラフティングの受付も兼ねる。場内に併設の管理釣り場は冬期のみの営業(復旧作業中につき、利用の際は要問い合わせ)。

ウォーターパーク長瀞
ウォーターパーク長瀞
ウォーターパーク長瀞
ウォーターパーク長瀞

ウォーターパーク長瀞

住所
埼玉県秩父郡皆野町金崎1918-1
交通
関越自動車道花園ICから皆野寄居バイパスを経由し、皆野長瀞ICを出て県道348号へ左折。三沢入口交差点で国道140号へ右折、親鼻橋を渡りすぐ左折。花園ICから16km
料金
サイト使用料=オート1区画3800円~、AC電源使用料1500円・2500円/宿泊施設=ウッドトレーラー8000円~、コテージ26000円~/

四万十カヌーとキャンプの里 かわらっこ

キャンプで四万十川を満喫

その名の通り、カヌーが楽しめるキャンプ場。インストラクター付きのコースは初心者でも安心。よく手入れされた場内で、しばし時を忘れてスローライフを堪能しよう。

四万十カヌーとキャンプの里 かわらっこ
四万十カヌーとキャンプの里 かわらっこ

四万十カヌーとキャンプの里 かわらっこ

住所
高知県四万十市田出ノ川24
交通
高知自動車道四万十町中央ICから国道56号で四万十市へ。中村大橋を渡り、国道439号へ右折し、四万十市役所を経由して、後川橋手前で国道441号へ左折。西土佐方面に進み左手に現地。四万十町中央ICから約60km
料金
半日ツアー=5200円(1人、器材レンタル込、予約制)/サイト使用料=駐車場なしキャンプサイト1区画3300円、オート1区画3800円、AC電源付きオート1区画4400円/

大源太キャニオンキャンプ場

アウトドアセンターも併設されキャンプが楽しめる

紅葉が鮮やかな林間でのキャンプが楽しめる。秋はもちろん、春や夏も周辺の川や湖で釣りで遊べ、アウトドアセンターでは予約制でカヌー、SUP体験ができる。ピザ窯を使った「森のピザ焼き体験(要予約)」もおすすめ。

大源太キャニオンキャンプ場
大源太キャニオンキャンプ場

大源太キャニオンキャンプ場

住所
新潟県南魚沼郡湯沢町土樽3064-17
交通
関越自動車道湯沢ICから県道268号で湯沢パークリゾートを目標に進み、看板に従い県道457号で現地へ。湯沢ICから9km
料金
入場料=大人600円、小人400円/サイト使用料=テント専用1区画1500円/宿泊施設=常設テント6人用3500円、10人用6000円※別途サイト使用料/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリアとジャンルを指定してください