トップ > イベント > 神事・神楽など

神事・神楽など

日本のおすすめの神事・神楽などスポット

日本のおすすめの神事・神楽などスポットをご紹介します。水無神社、毎年4月3日開催の神事。行列や餅まきを行う優雅な祭「飛騨生きびな祭」、新年の五穀豊穣や家内安全を祈願する伝統行事「常盤八幡宮年縄奉納行事」、新緑の境内で繰り広げられる神事はなんとも雅やか「宮崎神宮神事流鏑馬」など情報満載。

日本のおすすめの神事・神楽などスポット

  • スポット:507 件
  • 記事:37 件
エリア概要
ホテル

481~490 件を表示 / 全 507 件

飛騨生きびな祭

水無神社、毎年4月3日開催の神事。行列や餅まきを行う優雅な祭

水無神社にて毎年4月3日に行われる春の神事。飛騨一円から推薦された未婚の女性9人が内裏様や女官などの装束をまとい、行列や餅まきを行う雅やかな祭り。

飛騨生きびな祭

飛騨生きびな祭

住所
岐阜県高山市一之宮町5323飛騨一宮水無神社
交通
JR高山本線飛騨一ノ宮駅から徒歩5分
料金
要問合せ

常盤八幡宮年縄奉納行事

新年の五穀豊穣や家内安全を祈願する伝統行事

元日の朝に豊作と家内安全を祈願する常盤地区の祭。厳寒の中、水で身を清めた締め込み姿の男たちが、重さ400kg・長さ5mほどの巨大な年縄を常盤八幡宮に奉納する。

常盤八幡宮年縄奉納行事

住所
青森県南津軽郡藤崎町常盤常盤八幡宮
交通
JR奥羽本線北常盤駅から徒歩5分

宮崎神宮神事流鏑馬

新緑の境内で繰り広げられる神事はなんとも雅やか

勇壮華麗な宮崎神宮の神事。毎年4月3日に行われ、鎌倉武士の装束に身を固めた騎馬武者が、疾走する馬上から大弓で的を射る様は見もの。

宮崎神宮神事流鏑馬

宮崎神宮神事流鏑馬

住所
宮崎県宮崎市神宮2丁目4-1宮崎神宮
交通
JR日豊本線宮崎神宮駅から徒歩15分
料金
情報なし

秋葉大祭火渡り神事

それぞれが願いを託し、燃え盛る火の上を渡る勇壮な神事

名古屋の一年を締めくくる秋葉山圓通寺の火まつり。大護摩に点火され、裸足の行者が先頭をきって渡り始める。それに続いて信者や一般の人たちも渡り、災い除けを祈願する。

秋葉大祭火渡り神事

秋葉大祭火渡り神事

住所
愛知県名古屋市熱田区神宮2丁目3-15秋葉山圓通寺境内
交通
地下鉄伝馬町駅から徒歩3分
料金
要問合せ

中将姫会式

子どもたちが奈良時代の装束で境内を練り歩く

中将姫が25菩薩に迎えられて大往生を遂げたという説話を再現する行事。小学生以下の子どもたちが奈良時代そのままの装束で25菩薩に扮して、古式豊かに境内を練り歩く。

中将姫会式

中将姫会式

住所
和歌山県有田市糸我町中番229得生寺
交通
JRきのくに線紀伊宮原駅から徒歩20分
料金
無料

納め不動

一年間の感謝を込めたお札を積み上げて燃やす邪悪退散祈願の式

成田山新勝寺の東京別院として、元禄16(1703)年に開基された深川不動堂の祭事。一年間世話になった古いお札を感謝を込めて納め、新年の開運を祈りお札を申し込む。

納め不動

住所
東京都江東区富岡1丁目17-13成田山深川不動堂
交通
地下鉄門前仲町駅から徒歩3分

六波羅蜜寺萬燈会厳修

「大」の字の灯りが堂内を照らす

「大」の形に灯芯を点火して先祖の精霊を迎え入れ、七難即滅・七福即生を祈願する。空也上人以来の伝統行事として毎年とり行われており、火の用心の護符が授与される。

六波羅蜜寺萬燈会厳修

住所
京都府京都市東山区五条通大和大路上ル東入ル轆轤町六波羅蜜寺
交通
京阪本線清水五条駅から徒歩7分

山下岩戸楽

五穀豊穣を祈る秋祭で棒術やコモラシの舞が見どころ

五穀豊穣を祈る秋祭。勇壮な棒術やコモラシと呼ぶ子供たちの赤い衣装の舞が見どころ。棒術は2人1組で棒を持ち長刀風に舞い、棒の先端どうしをぶつけて音を鳴らしあう。

山下岩戸楽

山下岩戸楽

住所
大分県玖珠郡玖珠町山下大御神社
交通
JR久大本線豊後森駅からタクシーで10分
料金
要問合せ

弓祈祷

白地客天神社で無病息災と家内安全、五穀豊穣を祈願する伝統行事

白地客天神社で毎年1月に行われる伝統行事。一年間の無病息災と家内安全、五穀豊穣を祈願して、袴姿に身を固めた射手が5m離れた的に向かって次々と矢を放つ。

弓祈祷

住所
愛媛県今治市朝倉上客天神社
交通
JR予讃線今治駅からせとうちバス浅地口行きで35分、終点下車、徒歩10分

風祈能

五穀豊穣を願う伝統行事

名前にある通り、台風が発生する時期に農作物が被害にあわないよう、二百十日を前にして能が舞われる神事。

風祈能

住所
福井県三方郡美浜町宮代・弥美神社
交通
JR小浜線美浜駅からタクシーで10分
料金
要問合せ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください