MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

フィンランド 首都ヘルシンキで訪れるべき名所5選

helsinki

by Grigory Bruev – fotolia

こんにちは、ライターのHIRO.Tです。今まで中欧の街が続きましたが、今回はフィンランドのヘルシンキを取り上げます。実は日本から1番近いヨーロッパの国はフィンランドです。日本からヘルシンキは直行便で10時間を切るのです。また、ヘルシンキは映画や雑誌でも取り上げられ、日本人にとって馴染みのある都市ではないでしょうか。それでは、私の感想も交えながらヘルシンキを少し散歩してみましょう。

1. ヘルシンキ大聖堂

名称はご存知でなくとも、写真やテレビでは一度くらい見たこともあるでしょう。ヘルシンキのシンボルです。生で見るとこの白色が本当にまぶしい。ヘルシンキ大聖堂は19世紀に改築が開始され、30年かけて現在の姿になりました。今日もヘルシンキの街を見つめています。

名称:
Café Krypta (Cathedral of Helsinki)
住所:
Kirkkokatu 18, Helsinki, フィンランド共和国
ホームページ:
Foursquare.com

2. 岩の教会テンペリアウキオ

Temppeliaukion kirkko, Foursquare.com

岩がむき出しなワイルドな教会です。荘厳+ワイルドを足して2で割ったような独特な雰囲気です。また、周りが岩で囲まれているため、音響効果は抜群です。音楽ホールとしても使えそうな建築物です。完成は1969年。教会としては若いです。これから、どのように年を積み重ねるのでしょうか。

名称:
Temppeliaukion kirkko
住所:
Lutherinkatu 3 (Fredrikinkatu), 00100 ヘルシンキ, フィンランド共和国
TEL:
+358 9 23406320
ホームページ:
公式サイト Foursquare.com

3. シベリウス公園

Sibeliuksen puisto, Foursquare.com

フィンランドの偉大な作曲家、シベリウスを記念して作られた公園です。シベリウスの有名な作品に「フィンランディア」があります。曲名はご存知でなくとも、一度は耳にしたことがあるはずです。この公園で注目すべきは岩。そうです、ヘルシンキは「岩」の街なのです。

名称:
Sibeliuksen puisto
住所:
Mechelininkatu, 00250 ヘルシンキ, フィンランド共和国
ホームページ:
Foursquare.com

4. ウスペンスキー寺院

Uspenskin katedraali, Foursquare.com

フィンランドが独立したのは20世紀のこと。それまでは、ロシア帝国に支配されていました。そのロシア支配の「証拠」がロシア正教会のウスペンスキー寺院です。一見、北欧テイストですが、上の方を見ると玉ねぎ型のドームと独特の十字架。正しく、ロシア正教会の「証拠」です。

名称:
Uspenskin katedraali
住所:
Kanavakatu 1, 00160 ヘルシンキ, フィンランド共和国
ホームページ:
公式サイト Foursquare.com

5. ヘルシンキ・ヴァンダー国際空港

Helsinki Airport (HEL), Foursquare.com

Helsinki Airport (HEL), Foursquare.com

番外編な気もしますが、ヘルシンキ空港は要チェックです。まず、木目調の床が「北欧に来た」という気にさせてくれます。そして、ちょっとしたデザインが本当に秀逸なのです。日常生活にも応用できそうです。また、日本便が到着するところには日本語表記の看板もあります。至れり尽くせりですね。

名称:
Helsinki Airport (HEL)
住所:
Lentäjänkuja 1 (Lentoasemantie), 01530 Vantaa, フィンランド共和国
TEL:
+358 20 708000
ホームページ:
公式サイト Foursquare.com

まとめ...

いかがでしたか。ヘルシンキを楽しむコツは対岸のエストニアの首都タリンと比べることです。比べることでヘルシンキの特徴があぶり出されます。私が持つヘルシンキのイメージは「直線の街」だということです。確かに教会は円形が多いですが、ヘルシンキを歩くと角ばった直線の多い建物が目につくはずです。一方、中性の町並みが残るタリンは「曲の街」だと思います。ぜひ、皆様も比べてみてください。

Author

HIRO.T
海外旅行好きの28歳。神戸市在住。主にロシアや中東欧をバックパッカースタイルで旅をしています。いつか、ヨーロッパに住むことを目指して日々努力しています。http://www.mosteurope.com/