MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

大自然を感じられるアメリカ五大湖の特徴

アメリカの中部に存在する5つの大きな湖、五大湖。5つの面積を合わせると世界最大級の湖としていられていて、その豊かな恩恵を受けたいくつもの大都市が周りに存在していますが、一つひとつの湖については、日本においてはあまりよく知られていないのが実際のところ。この記事では、五大湖として知られる5つの湖の特徴を紹介します。

1. スペリオル湖

五大湖の中で一番大きい湖として知られていて、アメリカとカナダにまたがるこの湖の大きさは、北海道よりも大きいです。そのため、名前も(他よりも)優れているという意味のスペリオルが付けられています。過去には周辺にある鉄山帯から取れた鉄鉱石を運ぶための水路として活躍し、周辺にもたくさんの鉱業都市が発達しましたが、1970年代以降は徐々に衰退し、今ではあまり多くの人が住んでいない地域となっています。

2. ミシガン湖

アメリカの州の名前でもある「ミシガン」が名前についたこの湖は、五大湖の中で唯一アメリカ国内に存在することで知られています。湖の周りにはたくさんの都市が発達しており、中でも一番大きな都市として知られているのが、イリノイ州のシカゴです。五大湖の水運は昔からアメリカの経済を支えてきたことで知られていますが、その縁もあって、世界の商品市場に影響を及ぼす商品取引所がシカゴには存在しています。

3. ヒューロン湖

By: JimCC BY 2.0

スペリオル湖に続き、第2番目の大きさを誇る湖。ただ、水路で繋がっていているミシガン湖と水面の高さが同じなので、地質学上では両方合わせて一つの湖として扱われるようです。5つの湖の中で、周辺に住む人口が一番少ない湖として有名。また、湖内には淡水湖内にある島として世界最大のマニトゥーリン島が存在しています。

4. エリー湖

五大湖の中で最も浅い湖として知られるエリー湖は、周辺に多くの工業都市が存在することで知られています。ただ、その工業都市から流れ込む工業廃水によって水質汚染が問題になっていました。現在は徐々に改善しているようですが、いまだにエリー湖で取れた魚は食べないように注意喚起がなされています。

5. オンタリオ湖

カナダの州の名前であるオンタリオの名前が付いた湖は、5つの湖の中で一番標高が高いことで知られています。また、アメリカとカナダとの国境付近には、観光地として人気の高いナイアガラの滝があります。また、1時間かけてオンタリオ湖を回るクルーズは、湖の上からトロントの街をゆっくり眺められるとあって、これまた人気の観光地として知られています。

まとめ...

いかかでしたか。五大湖としてまとめて語られることの多い湖も、一つひとつ注目してみると、それぞれに個性があるんですね。観光で五大湖に行かれる際は、それぞれの特徴や魅力を事前に調べておくと、より一層楽しめると思いますよ。

Author

LWL
新しい土地を冒険するのが大好き。 好奇心に頼ってどこまでも