MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

寒い!カナダの中でも特に寒いシティ3選

日本では味わえない寒さを体験したい!というチャレンジャーさんにお勧めな”カナダの寒いシティ”をご紹介していきます。北国ならではの寒さを存分に感じましょう!

1. カナダで気温が一番低い都市

カナディアンにカナダの寒い都市はどこ?と聞くと、まずすぐに上がる都市ウィニペグ。とにかく寒いです。2013年12月から2014年2月までの平均気温がなんと-20.1℃で、例年よりも5.8℃も低かったといわれています。

カナダは中央部が寒いのですが、その理由は太平洋と大西洋からくる暖かい空気に、北極からの寒い空気が挟まれて降りてくるからなのです。つまり北極からの冷たい風がそのまま降りてくるのです。
風が吹く日には体感温度は-40℃ほどにもなります。

2. カナダで一番雪の多い都市

プリンスエドワードアイランド州の州都であるシャーロットタウンは雪の多い都市として知られています。
シャーロットタウンは2014年の冬、かなり厳しい冬を経験して、積雪観測では3メートル超えてしまうほどであったといわれています。雪があると交通事故などが増えてしまい、市民にとってはマイナスのことばかりです。
ひどいときには雪が家の玄関のドアや窓を超えて積もってしまうために、1週間ほど家から出られないこともあるのです。
ここまでの積雪量だと雪はきれいなものではなく、恐怖となってしまいます。

3. カナダの大都市で寒い都市

カナダの大都市で寒いといえば、カルガリー、モントリオールです。
カルガリーでは8月に雪が降る都市もあるくらいです。
またモントリオールはあまりに寒いために、防寒グッズがとても充実しています。有名な防寒グッツブランドもモントリオールから生まれています。
また首都のオタワでは毎年大きな川が完全に凍るために、アイススケート場として使われています。世界一長いアイススケート場として市民に親しまれています。

まとめ...

カナダは確かに寒い国です。温度などを聞くとびっくりする寒さであることがわかります。
上記に紹介したユニペックでは夏と冬の気温差はなんと80度もあるといわれています。極端な気候といえるでしょう。
ただカナダは気候がかなり乾燥しています。
そのために日本の寒さのような骨にしみる寒さではありません。寒いことには変わりはありませんが、気温ほど寒いとは感じない方も多いと思います。
カナダの夏もいいですが、やはりカナダといえば冬です。カナダの冬を体験して本場の寒さを経験してみるのはどうでしょうか?