MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

カナダの治安の本当のところは?

訪れる国の治安というのは、身の安全に直接関係してくるために絶対によく知っておきたいことの一つです。カナダは世界の中でも比較的に安全な国であるとされています。しかし実際にはどうなのでしょうか?

1. カナディアンは温厚

カナダとアメリカを同じような国と考えている方は少なくありません。確かに近い国ですし、住んでいる人も見た目的に似ているので、どうしてもそう思ってしまうかもしれません。でも実はカナダはアメリカは似ているようで似ていない国なのです。

カナディアンはとても温厚で、譲り合いの精神のある人が多いです。そのために町を一人で歩いていても、身の危険を感じるということはほとんどありません。むしろすれ違う人で目と目が合えば、”How are you?"と話かけられることも少なくありません。

2. 夜道も比較的安全

国によっては暗くなったら外に出ると危ない!という国もあります。カナダの場合はどうでしょうか?もちろん中には治安のあまりよくない地域もありますが、全体的な話をするのであれば、夜に町を歩いても大丈夫です。地下鉄などにも一人で乗ることもできます。夏になると夜の9時くらいまで明るいので、夜でも比較的安全に外出することができます。アジア系の人も多いので、安心して外出することができます。

3. 危険エリアはそれでも危険

カナダは安全な国であるとは言っても、やはりエリアによっては危険なところもあります。特に大都市になると浮浪者が’増えてきますので、それだけリスクが高くなるといえます。エリアによっては薬物が使用された跡がわかるものが残されていたりします。エリアに関してあまり詳しくないのであれば、観光客が訪れるメインのストリートのみを楽しむようにしてください。

移民者の中には、生活が苦しいという人も少なくありません。そのために犯罪に手を染めてしまうケースも増えてきています。中にはギャングになってしまうこともあるのです。

まとめ...

カナダは世界でも有数の安全な治安のいい国です。日本と同じような感覚で、身の危険を感じることはほとんどありません。旅行をするにしても、カナダで生活をするにしても治安の点で問題を抱えることは珍しいでしょう。

でも、やはり注意は必要です。危険エリアと呼ばれるところには、好奇心からでも絶対に行かないようにしてください。異国の地にあって、自分の身は自分で守るしかありません。事前にしっかりと下調べをして安全にステイを楽しみたいものですね。