MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

美味しいママの味!アメリカを代表する家庭料理5つ

日本人が思いつくアメリカの家庭料理って何だろう?と考えるとハンバーガーやバーベキューなどお肉中心の料理が浮かんできそうですが、アメリカにもちゃんと母親の味という家庭料理が存在します。移民が多い国なので、家庭によりけりですが、日本でいうお正月と言えばの定番があるように、アメリカでも自宅でママが作る定番料理がイベントごとにそれぞれの家庭の味によって作られるのです。ここでは、アメリカを代表する家庭料理5つをご紹介します。

1. チキンスープ

子供が風邪をひいたときによく作られるものがチキンスープです。暖かいスープは喉を癒すとされ、鼻の通りもよくすると多くのアメリカ人に信じられています。確かにラーメンを食べると鼻水が出るという現象は起きますよね。栄養価の高い鶏肉でだしを取り、人参、セロリ、玉ねぎを入れて、塩胡椒で味付けするのが定番です。家庭によってはパスタなどのマカロニを入れて、チキンヌードルスープとしている家庭もあります。

2. サンクスギビングの七面鳥

日本でいうお正月のようなイベント、サンクスギビング(感謝祭)では家族団らんでローストされた七面鳥を囲むのが定番です。七面鳥の中には調理したパンやお米、野菜、ドライフルーツなどを詰めるのが一般的で、その家庭によって違います。食べる時は七面鳥を焼いた時にでた肉汁を元に作られたグレイビーソースをかけて食べます。サンクスギビングで食べきれなかった七面鳥の残りは次の日のサンドイッチに挟んだり、スープとなったりとその家庭によりいろいろです。

3. マカロニチーズ

マカロニチーズは日本でいうマカロニグラタンのようなもので、定番の具はマカロニとチーズです。チェダーチーズとマカロニをバターで和えたものをグラタン皿にのせ、パン粉を散らしてオーブンでこんがりと焼いた子供から大人まで大好きな母親の味です。人気の家庭料理なので、簡単にできる冷凍食品もたくさん出回っています。

4. アップルパイ

アップルパイのようにアメリカ的だ(as American as apple pie)というフレーズがある程、アメリカに根付いたアメリカを代表するスイーツです。名のごとくパイ生地に砂糖煮したリンゴが詰まったパイで、バニラアイスクリームを横に添えて、熱々のパイに冷たいアイスをつけて食べるのが主流。日本人の味噌汁同様にアメリカ人にとってはおふくろの味を連想させます。

5. ミートローフ

日本でいうハンバーグを長方形の形状にオーブンで焼いたものをミートローフといい、アメリカを代表する家庭料理の一つです。タマネギだけでなく、ニンジンやピーマンなど野菜類、キノコ類や豆類、ゆで卵を加えて作ることもあり、様々なアレンジがあります。ケチャップを含めたトマトソースやグレービーソースと食べるのが一般的です。

まとめ...

日本人には重すぎる甘すぎるというイメージの強いアメリカの家庭料理ですが、料理上手なアメリカのママは本当に美味しい家庭料理を作ります。留学などでホームステイをするなどの機会がない限り、アメリカの家庭料理を味わうことは難しいかもしれませんが、レストランやカフェなどで見つけた際はぜひ試してみてください。

Author

sayurinko
海外生活17年。大学時代からから社会人生活まで米国東海岸で過ごし、現在はフリーとなり、西海岸でゆったりとした生活を過ごしています。