MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

中国成都に行ったらこれだけは食べておきたい四川料理 5選

日本で人気のある中華料理。そのほとんどが四川料理って知っていましたか?マーボー豆腐、担々麺、ホイコーロー、チンジャオロース、麻婆ナス、バンバンジーやエビチリなど代表的なものはどれも日本で人気のあるメニュー。
四川料理とは成都を中心とした四川省の他に雲南省、貴州省、重慶市などで主に食べられている料理です。成都は四川省の中心地。日本では耳にすることもない美味な四川料理が食べられます。そのうちのおすすめ5つをピックアップしました。

1. 肉夹饼(ロウジャービン)

料理というより一品料理に近い肉夹饼(ロウジャービン)。中国版ハンバーガーのような位置づけの一品料理で、道端の屋台などで見かけることもあります。小麦粉を薄く伸ばしたものを焼いた歯ごたえのあるバンズが使用されており、ハンバーガーのミートパティに当たる部分には牛肉やモツを食べやすく刻んだものが使われています。

2. 糍粑(ツーバー)

のびの良いお餅が黒糖ソースときなこで味付けされた、四川料理のデザートとして欠かせない料理。お餅はとても柔らかく、口の中でとろけ、黒糖ソース、きなこと絡み合います。四川の料理を食べたあとに食べると、辛さで燃え盛るお口の中に平和が訪れます。日本でも材料は揃うので、自分で作るというのもあり!

3. 水煮肉片(シュイジュウロウピェン)

一口サイズに切った薄めの豚肉がふんだんに入った、日本で言うキムチ鍋やチゲ鍋のような位置づけ。白ご飯と一緒に食べても大丈夫。野菜は白菜やネギ、セロリなどが入っています。この料理のポイントは唐辛子とホワジャオ(カホクサンショウと呼ばれる山椒の実のような香辛料)。舌がピリピリするほどのホワジャオは食欲を促進します。

4. 宫爆鶏丁(ゴンバオジーディン)

ゴンバオのバオ、「爆」という字は料理を炒める火加減のこと。爆発するような強力な炎で調理する事を表しています。一方「丁」の字は「さいの目に切った」という意味。その名前の通り、さいの目に切った鶏肉ときゅうり、ニンジンなどが入っています。食感の柔らかい鶏肉は嫩肉粉(ネンロウフェン)によってあらかじめ処理されているから。
ご飯にかけて出てくることもあります。ピーナッツと唐辛子が風味豊か。甘辛い風味は一度食べるとやみつきになる味です!

5. 干鍋(ガングォ)

鍋といえばスープがあるのが普通ですが、このガングォは「乾いた鍋」つまり汁のない鍋。日本のスープがないラーメンのような感覚で、やはり四川料理らしく、味付けは辛め。小さめの中華鍋がコンロの上に載った状態で出てきます。豚のモツがメインだったり、じゃがいもがメインのガングォもあります。生姜とニンニク、八角(バージャオ)や桂皮(グイピィ)などの香料が香り高い料理!

まとめ...

四川料理はこれだけに収まりませんが、四川料理の中でも特に北方地域の人を中心に愛されている料理を紹介しました。店によって味は千差万別ですが、どれも一度食べるとハマってしまう料理ばかり。成都に来たらこれだけはおさえておきましょう!

Author

egconsult
20代。中国在住の旅行好きです!