MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

お茶にお酒に・・韓国の伝統的な飲み物5選

意外と知られていませんが、韓国には、伝統的で独特な飲み物が色々あります。
韓国料理に欠かせないお酒や、食後にいただくデザート飲料など。
韓国に行ったら、一度は飲んでいただきたい飲み物をご紹介します。

1. シッケ

수요일 전통차와 커피, Foursquare.com

シッケは、日本の甘酒に似た、韓国伝統の発酵飲料です。
食後のデザートとして飲まれますが、これは、消化促進作用があるからだそうです。
蒸したご飯と麦芽で作られ、ナツメ、松の実、柚子の皮、石榴の実などを浮かべて飲みます。
手軽に飲める、缶やペットボトルに入ったシッケは、スーパーやコンビニなどでも購入できます。

2. スジョングァ(水正果)

달새는 달만 생각한다, Foursquare.com

しょうがとシナモン、砂糖を煮込んだものを、干し柿を入れたグラスに注ぎ、松の実を浮かべて飲みます。
干し柿の甘さとしょうがの刺激がマッチして、程よい甘辛さになります。
体を温める効果があり、二日酔いにも効果的!
食後にデザートとして飲まれる事が多いです。
コンビニなどでも購入できます。

3. マッコリ

マッコリはもち米や麦、小麦粉などを蒸した中に麹と水を加えて発酵させたお酒です。
朝鮮半島の伝統酒のひとつで、庶民のお酒として人気があります。
アルコール度数は6~8%。
視力回復効果や老化防止効果があり、美容にもいいと言われています。
日本でも、韓国料理店などで提供されている事が多いです。

4. 焼酎(ソジュ)

朝鮮半島の蒸留酒で、日本の焼酎に相当するお酒。
無色透明で、アルコール度数は20%前後が一般的。
ソウルでは真露のチャミスルがよく飲まれていますが、地域によって、キョンウォル(鏡月)・C1ソジュ・チャムソジュ・ホワイトソジュなど、様々なブランドがあります。
日本では焼酎は割って飲む事も多いですが、韓国では、50ccのショットグラスを使い、ストレートで飲まれています。

5. 百歳酒(ペクセジュ)

朝鮮半島に古くから伝わるお酒。
「百歳」という名前からもわかるように、健康に良いとされています。
もち米と麹が主原料で、朝鮮人参やクコの実、甘草、五加皮、山査など、約10種類の漢方薬剤を入れて作られます。
アルコール度数は13%前後。
百歳酒と焼酎を1:1で割ったものを「五十歳酒(オーシッセジュ)」、7:3で割ったものを「七十歳酒(チルシッセジュ)」といいます。

まとめ...

シッケやスジョングァは、日本ではなかなか味わえないので、韓国に行った際にはぜひ挑戦してみてください。
マッコリや韓国焼酎は、焼き肉などの韓国料理によく合います。
日本の韓国料理店でも提供しているお店が多いので、試してくださいね!

Author

bashico
バックパッカー一人旅で、ユーラシア大陸陸路横断やアフリカ大陸縦断などを経験。 訪問国は、5大陸・約60か国。 特にインドやイスラム圏が大好きです。