MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

日本でも知名度の高いアメリカのアニメキャラクター5選

今やアニメと言えば世界中で人気なのが日本のアニメですが、もちろん各国に独自のアニメが存在しています。アメリカも日本と並んで漫画やアニメの人気が高く、そのキャラクターが世界中で知られている国。この記事では、そんなアメリカのアニメキャラクターのうち、日本でも知名度の高い5つのキャラクターを紹介したいと思います。

1. ザ・シンプソンズ

By: Cindy FunkCC BY 2.0[/caption]

1989年からテレビで放映が開始されていて、アメリカアニメ史上、最長寿番組として知られているアニメがこのシンプソンズ。日本でも一時期CCレモンのコマーシャルにキャラクター起用されていたので、ご存じの方も多いかと。アメリカの一般的な家庭の事情を、シンプソン家の愉快なキャラクターによって、ちょっぴり皮肉を込めて表現したコメディータッチのアニメ。シンプソン一家のキャラクターはもちろんのこと、よく登場するその他キャラクターにもそれぞれにファンがいるのがこのアニメの特徴です。

2. ピンクパンサー

多くの世代に愛されているピンクパンサーは、もともとは実写映画のオープニングに使われていたアニメ映像に登場するキャラクターで、それが人気を博したためにスピンオフとしてテレビアニメが制作された経緯があります。日本でもテレビアニメが地上波で放映されていた期間があったり、タイヤメーカーのブリジストンのコマーシャルに起用されたりと、縁深いキャラクターとなっています。

3. スポンジ・ボブ

アメリカでは1999年から放映が開始されたスポンジボブは、海底にある街を舞台に、スポンジたちが繰り広げる様々な出来事を描いたギャグアニメ。もともとは子供向けに制作されたものの、そのギャグセンスから大人も巻き込む人気となっています。日本でも2000年から放映が始まったものの、人気に火が付いたのは様々なキャラクターグッズが売られるようになった2000年代中ごろから。また、スポンジボブのおもちゃが付いたマクドナルドのハッピーセットのCMは、そのテンションの高さから日本だけでなく海外でも話題となって、その知名度の向上に一役買いました。

4. サウスパーク

1997年から放映が始まった、かなり過激な社会風刺を行うアニメシリーズ。キャラクターの可愛さからは想像できない過激な内容で、様々な場所で物議を醸してきています。日本で放映される際も、国内で問題になりそうな内容のエピソードは除いて放送されました。ただ、その痛快さからファンが多いのも実際のところ。現在も毎年、新しいエピソードが放映されている人気のシリーズです。

5. トムとジェリー

可愛らしいネコとネズミのキャラクターを描いたアニメながら、もともとは社会を風刺するような内容のアニメとして制作されたのがトムとジェリー。昔の映画館では、フィルムとフィルムを付け替えるときに時間が空いてしまうため、その間を埋めるような形で10分ほど放映されるアニメだったようです。トムとジェリーといえば、有名なのが追いかけっこ。基本的には、ジェリーを捕まえていじめようとするトムが、逆に返り討ちにあって懲らしめられるというストーリーです。

まとめ...

上で紹介したように、アメリカのアニメは、社会を風刺したり皮肉ったりする内容のものが人気を博しているようです。単純にキャラクターの可愛さを楽しむのもいいですが、一歩踏み込んで内容にも注目するとアメリカの人たちの感心ごとや考え方が見えてきてもっと楽しめそうですね。

Author

LWL
新しい土地を冒険するのが大好き。 好奇心に頼ってどこまでも