MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

こんなにちがう!Aussie accent(≒方言)の主な特徴5選

私たちが日本国内で学ぶ英語はアメリカ英語が中心となっています。今でこそTOEICなどで他の国のアクセントも取り入れられていますが、比較するとやはりアメリカ英語が多いように思えます。英語を習いたての瞬間は、「語彙を増やして文法もある程度覚えて…」と言葉自体に焦点を置くことが大切ですが、いざ実践!となるとアクセント=日本語でいう方言のようなものであるため、聞きにくいと感じることもあるかもしれません。今回はオーストラリア英語(Aussie accent)の特徴についてご紹介したいと思います。

1. Ai→Oi

日本語の母音は「あ、い、う、え、お」であり、kA, kI, kU, kE, kOのように一文字ずつに母音がつくため英語の音とは少し異なります。たとえば好きという単語のlikeですが、Laikuというと日本語英語らしくなります。Laikと子音で終わらせることでグッと英語本来の音に近づくのですが、オーストラリア英語はこのaiの音がoiに近くなります。Right,Live, Signなどもその類です。

2. トーンが語尾にむかって上昇する

日本語と比べると英語は音楽のようです。アクセントがあったりトーンがあったり、前後の単語の音がつながったりすることもあります。「質問をするときは語尾をあげるようにしましょう。」と学校で習ったことがある方はたくさんいると思います。確かに大事なことですが、オーストラリア英語の特徴のひとつとして、質問文ではないのにもかかわらず、語尾にいくにつれてトーンが上昇するという傾向があります。

3. Ei→Ai

最初に述べた特徴と少し似ているのですが、eiの音がaiの音に近くなるというものです。たとえば”G’day mate.”はオーストラリア英語の代表的なフレーズですが、このmateという単語はアメリカ英語ではMeitになります。しかしオーストラリア英語ではMaitに近い音に変化します。Face, way,dayなどがこの特徴に当てはまる単語です。

4. つづり

イギリス式の英単語を取り入れているため、アメリカ英語とはスペルが違ってきます。こういった観点から有名な単語はCenterがCentre、ColorがColour、memorizeがmemoriseなどですね。ただし、アメリカ英語と全く異なったものを使っているわけではなく、イギリス英語では違う単語なのにオーストラリアとアメリカでは同じ単語を使っているということもあります。

5. Rの音

アメリカ英語ほどRの音が強くありません。Father, mother, teacherなどの言葉の中でRを強く発音しなさいと習ったことがある方、必ずしもそれが正解であるとは限りません。日本人が苦手なRとLの聞き分け、発音の仕分けができればそれで十分なのです。でもこのRを「英語っぽい」と感じる日本人もいることは事実のようです。

まとめ...

一通り会話のワンシーンを書きだしてから、オーストラリアの映画やドラマを見ると分かりやすいかもしれません。どのアクセントが一番いいかなどは不毛な議論であるため、いろいろな英語の「方言」を楽しむことが大切だと思います。最後までご覧いただき、ありがとうございました♪

Author

Kangar00
みなさんとおもしろい情報を共有したいです☆