MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

ラオスで絶対食べたい料理5選

ラオスで食事に困ることはまずないはず。ラオス料理は辛過ぎず醤油ベースの日本人の口に合いやすい味です。また、ラオスの地元料理以外にもフランス植民地の名残としてベトナム同様パンが美味しく、欧米の観光客向けの各種カフェ・レストランが充実しています。地方都市でラオス料理以外には選択肢がない場合にも、たいてい日本の「おこわ」に近いもち米の「カオニャオ」を主体として辛過ぎない味付けのおかずで構成されたメニューですから和食に近いともいえます。ラオスならではのディープなメニューにトライしたい方はどうぞ。

1. ラープ Larb or Laap

鶏や豚などのひき肉にハーブやスパイスを加え、ニンニクとライムジュースで和えた料理。カオニャオに付けて食べると箸が止まらない逸品です。お祝いにも欠かせない一品。

2. カオ・ソーイ Kao Soi

タイのチェンマイの「カオソーイ」がドロドロ系としたらこちらラオスの「カオソーイ」はあっさり系。ラオスでは透明なスープに太めのライスヌードル+スパイシーな肉味噌をかけていただきます。たっぷり添えられたバジルやミントも入れたほうが美味しいです。

3. カオ・クア Khao Khua

味付けにラオス風醤油(パデーク)が使われたラオス風チャーハン。具も日本と同じお肉、野菜、など。タイ米と同じパラパラしたご飯が使われます。

4. タム・マークフン Tam Mak Hoong

タイ料理の青いパパイヤのサラダ「ソムタム」と似ていますが、ナンプラーではなくラオス風醤油(パーデック)が使われています。ソムタム同様相当辛いのでオーダー時には「マイルド」「ノットホット」(この二語が一番通じました)と連呼しておくことをおすすめします

5. ヨーチューン Yo Chuen

ラオス風揚げ春巻です。肉や野菜の具が入っていて、甘いみそ状のソースにつけて頂きます。

まとめ...

Author

free drop
ラオス、タイ、ベトナム、インド、アジアの国々について書いています。