MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

ビール!ビール!ビール!オーストラリアでぜひ飲んでもらいたい5種類 Victoria (Melbourne), Tasmania編

今日のトピックはずばり「ビール」です!みなさんお酒は好きですか?私は大×100くらい好きです。暑い日におしゃれなオープンスペースで飲むビール、みんなで仕事終わりに飲むビール、1人でリラックスしながら疲れをとるために楽しむビール、どれも最高ですね。世界各地を旅するときに楽しみなのが名産品!オーストラリアには7つの州があり、それぞれの場所で特別なビールが楽しめます。一度では紹介しきれないほどおすすめのビールがあるため、記事を書き始めて以来初のシリーズ化です。今回はMelbourneがあるVictoria(州)、Tasmania(州)のビールについてです。

1. Victoria Bitter VIC

“VB”という名前でオーストラリア人に愛されているこのビールはVictoriaの代表といってもいいくらいです。オーストラリアにおけるビールの売り上げNO.1がこのVBと言われています。メルボルンで作られているビールですが、オーストラリア全土で売られています。アルコール分が弱め(3.5%)のVB Goldも販売されています。

2. Carlton Draught  VIC

メルボルンで製造されているペールラガーのビールです。VBほど人気が高くありませんが、「オーストラリアで好まれているビール」のリストに上がるほど根強いファンがいることも確かです。鮮やかなダークレッドと馬が描かれたラベルが印象的ですね。こちらもオーストラリア全土のバーやボトルショップで購入可能です。

3. Melbourne Bitter VIC

メルボルン発、最後にご紹介するのはMelbourne bitterです。オリジナルと比べてアルコール分4.9%→4.6%と少なくなったものの、375mlと750mlの2つのサイズが選べるのがうれしいところですね。Victoriaに住む地元民に特に愛されていて、売り上げがトップクラスであるとは言えないものの、人気がある一品です。濃くて豊かな香り、そして強めの苦みが残る後味が特徴です。

4. Cascade TAS

おもにタスマニアの南にある地域で親しまれているビールです。ホバートにCascade Breweryという醸造所(ブルワリー)があります。オーストラリアで最も古い醸造所とされており、長年稼働し続けています。さまざまな種類のビールがあり、スタンダードな味のビールや期間限定のものまであります。有料ツアーにはビール三杯分の料金が含まれているのでとてもお得です。

5. Boags TAS

こちらはタスマニアの北にある地域で好まれています。ローンセストンという所に醸造所があり、1883年James Boagとその息子によって設立されました。この醸造所ではプレミアムラガーから、かすかなハチミツの香りがするHoney Porterという種類のビールまで、幅広い味のビールが作られています。

まとめ...

以上5種類がVictoria, Tasmaniaで有名なビールとなっています。お酒の好みは人それぞれなのでどれが一番おいしいとは言い切れません。ぜひ自分のお気に入りを探してみてください。次回はNorthern Territory とNew South Walesのビールをご紹介します。最後までご覧いただき、ありがとうございました♪

Author

Kangar00
みなさんとおもしろい情報を共有したいです☆