MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

第2弾☆ビール!ビール!ビール!ぜひ飲んでもらいたい5種類 New South Wales(Sydney), Northern territory 編

前回はVICとTASにおけるおすすめのビールを5種類紹介させていただきました。今回はシドニーや首都キャンベラがあるNew South Wales(州)、ダーウィンがあるNorthern territory発のビールに焦点をあてていきたいと思います。特にNSWはビールの宝庫。ビール好きのあなた、オーストラリアへ旅行するならNSWは外せませんよ♪せっかくの休暇、ゆったりとした雰囲気のなかで楽しい飲み比べをするチャンスです!自分だけのお気に入りビールガイド、作ってみませんか?

1. Tooheys NSW

1869年に酒造を開始し、現在ではSydney の郊外にあるLidcombeという所に醸造所があるTooheysではさまざまな種類のビールを製造しています。超辛口のものからスタンダードなものまで品ぞろえが豊富です。透き通った金色ときれいな泡、ビールらしいビールですね。地元民の間で人気なのはこのTooheysシリーズかこの後にご紹介する2種類のビールになります。

2. Hahn Brewery  NSW

Tooheyと同じく、Lion Nathanという会社に所有されている醸造所です。もともとはプレミアムビールを作るためだけの所でしたが1991年の不況により、方針が改正されました。そのため、今では軽い口当たりのHahn Premium Lightから辛口のHahn Super Dryまで、お好みのものを選ぶことができます。なかでもSuper Dryは NSWで低カロリーのビールとして人気を得ています。

3. James Squire NSW

オーストラリアで一番初めに商業的な酒造をおこなった醸造所です。罪人としてオーストラリアに送られてきたJamesという人物は色々なことをするのに長けていました。中でもホップを栽培・収穫しビールを作ることは最も得意なことのひとつであったため、いまのJames Squireの土台となりました。こちらもバラエティー豊富で期間限定の特別な味を楽しむこともできます。

4. Resch's NSW

どうやらこのビール、NSWだけで飲めるようです。Tooheys シリーズがあまりにも人気になってしまったため売り上げが落ち、閉鎖してしまった醸造所もあるようです。今ではごくわずかな生産量となっており、NSW限定品という扱いになっているらしいです。2012年に、緑と白の爽やかな色合いが印象的な旧式のデザインがほどこされたビールが数量限定で売り出されるなど、人気なビールというよりも比較的レアもののビールみたいですね。

5. NT Draught Northern Territory

このビールはCarlton & United Breweriesという所で作られていました。この会社がダーウィンに最初の醸造所を設けたのが1956年です。当時はボトル詰めをするための施設がなかったため、メルボルンからわざわざ出荷していました。輸送費がとても高かったため1958年4月に2270mlの大きなボトルが販売され”Darwin Stubby”と呼ばれるようになりました。今年になってから生産一時中止が発表されるなどし、いまでは定期的な製造もなくなってしまったので、もし見つけることができたらぜひ試してみてください。

まとめ...

今回も5種類のビールを紹介させていただきました。こんなにたくさん種類があったら、旅行に行った時もどれにしようか迷ってしまいますね。お友達と1本ずつ違う種類を頼んで少し試させてもらう…なんていうのもありかもしれません。次回はご当地ビール特集第三弾、シリーズ最後の記事となります。ぜひチェックしてみてください。最後までご覧いただき、ありがとうございました♪

Author

Kangar00
みなさんとおもしろい情報を共有したいです☆