MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

第3弾、これが最後☆ビール!ビール!ビール!ぜひ飲んでもらいたい5種類 Western Australia(Perth), South Australia(Adelaide), Queensland (Brisbane, Gold Coast…)編

これまでオーストラリア国内、各地の名物ビールを紹介させていただきましたが、今回でこのシリーズは最後です!今回はパースがあるWestern Australia,アデレイドがあるSouth Australia, ブリスベンやゴールドコーストなどがあるQueensland(州)のビールについてです。注目はQLD(Queensland)のビール。この記事で紹介するXXXXという商品、ボトルショップで見なかったことは一度もありません。「じゃあこれが一番おいしいのか!」…というわけではありません。(笑)「一番」はあなた次第です♪それではさっそく一緒にみていきましょう。

1. XXXX QLD

Queensland州の境目を超えるとすぐにXXXXの広告が目につく、と言われるほど有名なビールです。現在はブリスベン郊外で醸造されています。XXXXにもさまざまな種類がありますが、中でもXXXX Bitterはもともと生産されていたオリジナルビールです。またアルコール分が3.5%とそれほど強くないXXXX Gold、比較的低カロリーであるXXXX Summer Bright Lagarなどそれぞれに特徴があります。

2. Coopers Brewery SA

Coopers Breweryはアデレイドに本社があります。もともと家族で経営されていた会社でしたが今ではオーストラリアのビール界でトップを占めるクラスになっています。オーストラリアの各地で親しまれていて、個人的にはオーストラリアだけでなく、名古屋でも飲んだことがある思い出の品です。また家庭でお酒をつくれる海外ならではのhomebrew kitのためのブランドとしても成功を収めています。

3. West End Draught/ Southwark SA

South Australian Brewing Companyは1859年に設立されました。その後Lion Nathanに買収され、今のかたちとなっています。West End DraughtはいまだにSouth Australiaにおける過去最大の売り上げを誇っており、アルコール分4.5%と強めのビールです。 SouthwarkシリーズはBitter, Premium, Stoutとこれまた種類が豊富なところが魅力的です。

4. The Swan Brewery WA

パースにあるこの醸造所にはSwan RiverとSwan Valleyという所があります。名前の通りボトルにもかわいい白鳥の絵が施されています。創業開始以来、数々の種類のビールが生産されてきましたがすでに生産終了の製品もあるようです。1857年より製造されているSwan Draughtはやや苦めのマイルドラガー、1978年より製造が開始されたSwan GoldはDraughtよりアルコール分がやや低めでかすかに苦みがあります。

5. Emu Brewery WA

こちらも前述の醸造所と同じく、パースのSwan River沿い にあります。てっきりこちらもエミューがどどんと描かれたボトルデザインかと思いましたが、Swanに比べるとやや控えめ。Emu Bitter, Emu Export,Emu Draughtが生産されています。Bitterは製造以来全く材料が変わっていないオリジナルのもの、Exportはある程度苦味があり4.2%とアルコール分も高め、Draftはアルコール分3.5%とやや軽いものとなっています。

まとめ...

ご当地ビールシリーズ、ついに終わってしまいました。旅行で現地へ出向く際はぜひぜひお試しください♪特に期間限定などは予想がつかないもの。私も最近スイカの香りがほのかにするビールを飲んでみて、久しぶりにびっくりしました。みなさんにも素敵なビールとの出会いがありますように…。最後までご覧いただき、ありがとうございました♪

Author

Kangar00
みなさんとおもしろい情報を共有したいです☆