MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

中国でYouTubeを見よう! 大陸で使えるVPN5選

出張で中国に来た人、観光や旅行で来た人もみんなまず最初にぶち当たるのがインターネットの問題。そう、中国は共産主義政権の国なので、言論の自由がないのです。そのため、インターネットの自由なアクセスが出来ません。中国政府はインターネットの力を脅威ともみなしており、国民の言論の自由により、国家批判の風潮が高まり、革命が起こることを恐れているのです。そのため、今世界的に権力のあるSNSは軒並みアウト。もちろんYouTubeもです。
でも、どうしてもYouTubeが見たい!という場合VPN接続を使えば大丈夫!大陸で使えるVPNをピックアップしました。

1. スイカVPN

かなり以前からある老舗VPNサービス会社。伝統的なPPTP接続を利用しており、多くのプラットフォームに対応。Windows、Macintosh、Android、携帯端末にも使えるので確かに便利。契約期間が長ければ長いほどお得なプラン設定になっており、1年プランはなんと月760円という格安。

2. セカイVPN

インターリンクが提供するVPNサービス。こちらは月額1080円とスイカに比べて割高ですが、世界各国のVPNが使えるというポイントが高評価。アメリカ、ドイツ、韓国、香港などあちこちにサーバーが置かれており、もし、どれかが繋がらなくても、別の国のIPアドレスにアクセスすることができます。

3. パンダVPN

パンダVPNは数少ない無料VPNサイト。有料のVPNに比べて接続が不安定ですが、何とか使えます。ウェブサイト上に公開されているIPアドレスとパスワードを入力するだけ。月額300円のプランも有り、最大5台の同時接続ができるので、複数人で契約したいときなど便利。年額払で3000円という低コストなのも魅力です。

4. 月餅VPN

OpenVPNが使えるVPN。比較的最近サービスを開始しました。プランを滞在期間によって選べるので、無駄遣いを避けられます。初回限定で7日間の無料体験ができるので、この期間に自分がいる所で繋がるか事前に確認することができます。通年プランは748円。スイカVPNとほぼ変わらない値段です。

5. ブルーサーフェス

他のどのVPNとも違う方式を採用しているブルーサーフェス。具体的な技術は公開されていませんが、専用のブラウザを使うVPNサービスです。携帯やタブレット端末でも利用できるOpenVPNがかなり快適。ただ専用ブラウザを使うので、PC版のLINEなどは利用できません。
ブルーサーフェスならYouTubeも比較的サクサク観れます。

まとめ...

他にもたくさんのVPNサービスがあります。サービ会社の数は年々増え続けており、現在ではVPNを超越する接続スピードのサービスも出てきています。値段はそれなりにしますが…。
これからIT技術が発展するにしたがって、もっと快適な接続ができるようになるかもしれません。
VPNを賢く選んで快適なYouTubeライフを!

Author

egconsult
20代。中国在住の旅行好きです!