MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

アボリジニの大発明!生活の知恵をしぼってあみだされた数々の品 5選

オーストラリアの原住民であるアボリジニは、厳しい生活環境で生き抜くためにさまざまな発明をしてきました。このような土地では考え方を柔軟にして、あらゆるものに対する解決策を多様化させることが良いとされていたためです。めまぐるしい変化を遂げてきたため50000年にも及ぶ文明の中で500以上の言語と文化が生まれたといわれています。その多様性はアボリジニの技術の中にも見られ、シンプルかつ効果的な解決策をもたらしたものがたくさんあります。みなさんご存知のブーメランから現在使われている医薬品までアボリジニを知るためのツアーのような感覚で見ていただけると嬉しいです♪

1. The boomerang

勢いよく投げると独特な音を出しながら弧を描いて手元に返ってくるブーメランは、世界中で有名なアボリジニの発明品です。他の文明では過去に、動きや回転をコントロールできるブーメランのような棒も使われていたことがわかっています。基本的な形は大きく分けて3つあり、カンガルーなど大型の動物を狩るときに使うもの、手元に返ってくるタイプの遊びのために作られたもの、熱帯雨林で鳥などの小型動物を狩るためのものです。

2. The woomera

てこの原理を利用した、槍の後方部分につけるおもりのような道具で、これを使うことにより槍が通常の3倍ほどまで飛ぶようになります。この槍を実際に使った実験が行われ、その時は成長しきった竹の幹を串刺し状態にするほどの威力を放ったそうです。素材としては堅い木がよく使われており、これを研いで先を鋭くした平たいものが典型的なタイプとされています。

3. Thermoplastic resins

熱を加えると液体状になり、冷やすと固体状になるレジンは欠かせない発明品です。アボリジニたちは草や木から抽出した成分を使用して、真っ黒で強力なレジンを作りだしました。このレジンは石、岩、木などをくっつけるために役立ったため、槍や斧などの製造に多用されていました。全く同じものではありませんが、歯科医院などでもレジンは使われているため、この発明は医学の発達にも役立ったといわれています。

4. Coolgardie Safe/Water bags

食べ物を保存するための箱や棚はCoolgardie Safeと呼ばれ、とても暑い環境で食べ物が腐敗していくのを防ぐために発明されました。いわば当時の”冷蔵庫”ですね。1890年代から20世紀半ばまではよく使われていたようです。これはアボリジニが水を運ぶために作った特殊な、ワラビーの皮でできたバッグをもとに作られたとされています。このバッグを使うことで、冷たいお水をキープできるらしいです。

5. The didgeridoo (didjeridu)

アボリジニの楽器のひとつで、お祝いごとの時などに男性によって演奏されることが伝統的なスタイルであるとされています。シンプルなつくりをしていますが、演奏するのはとても難しいようです。下にいくにつれて直径が大きくなる構造で、それゆえに特殊な振動数をもった音を奏でることができます。吹き方にもコツがありますが完璧な音を出すためには十分な練習が必要なようです。

まとめ...

アボリジニの発明品、とってもおもしろいですよね。今でこそ便利な道具が身の回りにあふれていますが、すべては生活の不便さが生み出した素晴らしい解決策。あなたも普段の「めんどくさい、だるい」という考えを「素敵な発明」に変えてみませんか?最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Author

Kangar00
みなさんとおもしろい情報を共有したいです☆