MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

ニューヨーク便でも安心。エコノミークラスで使えるアイテム5選

日本⇔ニューヨーク便のフライト時間は往復で24時間以上。寝ても映画を観ても食べてもまだまだ空の上。やっと着いてはみたものの長いフライトで女性は体もお肌もボロボロなんて事も。ビジネスクラスやファーストクラスで行けば座席もフラットになり、快適な空の旅が楽しめるのは分かるのですが、お財布事情もありますよね。今回はエコノミークラスでももう怖くない!快適なフライトを楽しむ為の必須アイテム5選をご紹介します。

1. むくみ防止に客圧ソックス

まず、女性にとってもお勧めなのがむくみ防止に効く着圧ソックスです。機内の中は同じ格好で長時間いるので足がとっても浮腫むんです。飛行機から降りる時は履けていた靴が窮屈に感じるなんて事はよくある事。その後もフライトの疲れが取れなく足が浮腫んだままで観光だなんて嫌ですよね。少しでも浮腫が軽減するように試してみてください。冷え性の人は更に暖かい靴下を重ねるぐらいで寒い機内にはちょうど良いですよ。

2. 機内用ネックピロー

機内に用意されているクッションもありますが、長いフライトではそれでは足りないぐらい腰やお尻が痛くなります。少し荷物にはなりますが、しっかりとしたエアーピローを持ち込む事をお勧めします。

3. ブランケットやカーディガンなどで寒さ対策

日系航空会社の機内は温度が比較的暖かいのに対し、米系航空界者の機内は寒いのが特徴的。寒い機内で長時間のフライトは辛いですから一枚余分にカーディガンやジャケットを持ち込むなどして対策をしてみては。機内にある毛布もCAさんにお願いすればもう1枚くれる事もありますので、あまりに寒い時は我慢をしないのもポイント。私はいつも毛布2枚重ねでいます。

4. ノイズキャンセリングヘッドフォン

眠たいのにエンジンの音がうるさくて眠れなかった...なんて事ありませんか。機内に付属されているイヤホンも良いですが、更に快適な時間を求めるなら騒音を防いでくれるノイズキャンセリングヘッドフォンが優れものです。値段は少しお高いと思うかもしれませんが、製品が良い為何年も使えるので年に数回は飛行機に乗るという方でしたら充分に元は取れると思います。

5. 乾燥防止にパックやクリームを

機内はとにかく乾燥している為、現地に着いた頃には肌がボロボロなんて悲しいですよね。フライト中の時間はたっぷりありますから、機内でパックをしてみるのはどうでしょうか。フライトの大半、機内は暗いのでパックをしても恥ずかしくないですし、気づかれません。パックの後は保湿クリームなどでケアをしたり、水分を積極的に摂る等をして水分を逃がさないよう心がけてください。

まとめ...

お土産もあるのにこんなに多くの荷物を機内に持ち込むの?と思われる方もいるかと思いますが、エコノミークラスの座席で10時間以上同じ姿勢で過ごす事は辛く感じる時もあります。少しでも快適なフライトになるよう是非、試してみてください。

Author

暖かいハワイから刺激的な街NYへ引っ越し、現在はマンハッタン近くに在住。笑いあり涙ありを繰り返しながら、今日もNY生活を満喫中♪