MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

人気のニューヨーク一人旅。一人旅だからこそ危険から守るポイント5選

長いお休みが出来るとフラッと出かけたくなる時ってありますよね。家族や友達と行く旅行も楽しいですが、一人旅って気兼ねなく好きな所に行けたり思いがけない出逢いや自分だけの思い出が作れて良いものです。ニューヨークは観光もエンターテイメントもショッピングも楽しめるので一人旅にぴったりな場所。でも、日本に比べるとまだまだ安全面では安心出来ない街でもあります。今回は一人旅を計画されている方必見!ニューヨーク一人旅で気を付けておきたいポイント5選をご紹介します。

1. まずは身なりから!特に女性はスカートに気をつけましょう。

旅先では日頃のストレスを発散!お気に入りの洋服を着てお出かけというのももちろん旅での楽しみではありますが、一人旅であれば女性はスカートを履かない方が良いでしょう。後をつけられて人気のない所で犯罪に繋がるという事もありますので、自分の身は自分で守っておきましょう。

2. 夜中に出かける時は要注意。

夜風にあたりながらのニューヨークの夜景も是非楽しんで頂きたいのですが、遅い時間の行動には気を付けてください。有名なセントラルパークでも夜になれば危険な犯罪エリアに変貌すると言われています。どうしても夜遅くなってしまった時は人通りのある道を選んで歩くか、タクシーなどを使って行動するのをお勧めします。

3. タクシーの運転手を簡単に信用しない。

ニューヨークのタクシーで道を間違えたり行き先を間違えたりする事は日常茶飯事。慣れない英語と地理に疲れてしまうかもしれませんが、そんな時は地図アプリなどを使って行き先を伝えてみてください。更に走行中も行き先までのルートを携帯でチェックする事をお勧めします。

4. 日本もアメリカも同じ!何かあったら警察へ。

人気の観光名所や駅の入口などはいつも人ごみでいっぱい。そんな人ごみを利用して壊れたメガネや割れたワインボトルを持ちながらわざとぶつかってきた後、壊れたから弁償してくれという犯罪が定番となってきている今日この頃。早口な英語で何か言われたらどうして良いか分からなく思わずお金を払ってしまう人もいるそうですが、犯罪者はその場で現金が欲しいだけなので、「警察を呼びましょう」というと諦める場合が多いと言われています。

5. レストランやバーでカメラや携帯を放置しない

テーブルの上にカメラや携帯を置いたままにして気がついたら見当たらない!なんて事もよくある話です。 もちろん自分の目が届く範囲であれば問題ないかと思いますが、ふと目を離した隙にアレッ!?という事も想定して行動しておいた方が良さそうです。特に最新の携帯はターゲットになりやすいので気を付けてください。

まとめ...

何やら危険の多い街ニューヨークと思われてしまいそうですが、その分刺激もたくさんある街。今回のポイントを抑えておけば何か起きたときにも冷静に判断出来るかと思いますので、参考にしてみてくださいね。あなたの一人旅が素敵な旅になりますように。

Author

暖かいハワイから刺激的な街NYへ引っ越し、現在はマンハッタン近くに在住。笑いあり涙ありを繰り返しながら、今日もNY生活を満喫中♪