MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

憧れのニューヨーク留学。これだけは準備しておきたい費用5選

数ある都市の中でも学生に人気のある都市ニューヨーク。ビジネスを始め、様々なジャンルの流行がここから発信される魅力がいっぱいなこの街でリアル英語を学びたい!と憧れる人も多いと思います。私も若かりし頃ニューヨークに憧れたひとりです。しかし当時、私のニューヨークへの留学は叶う事はありませんでした。何故ならお金の準備をきちんとしなかったからなんです。そこで今回はニューヨーク留学にこれだけは必要な費用5選をご紹介します。

1. まずは学費を準備

留学といっても短期留学から数年に渡る留学までありますが、まずは学費を準備しましょう。マンハッタンにある語学学校は1ヶ月で10万円以上する学校が多く、他の州に比べても少しお高め。また、一流と言われる大学や大学院は年間の授業料だけで数百万円になる事も。留学時に発行される学生ビザは学校に通わないと違法になってしまうので、法に触れない為にも学費だけは準備しておきましょう。

2. ニューヨークの家賃は高いので気を付けましょう

学費と同じぐらい重要なのが住まい。一人暮らしも気楽で良いものですが、マンハッタンや最近人気急上昇のブルックリン地区などで一人暮らしをしようと思うと1ヶ月10万円以上は見積もっておかなければなりません。
日本と違って治安の悪い所がまだまだ多いニューヨーク。安全を買うぐらいの気持ちで借りるとこのぐらい掛かってしまうのです。ルームシェアなら一人暮らしの半分ぐらいの金額から見つかります。しかしすぐに好条件の物件が見つかるとも限らないので、多めに見積もって準備しておく事をお勧めします。

3. 何かあった時のために保険は入っておきましょう

アメリカの医療費ってもの凄く高いのはご存知ですか?留学中、保険なんて入らなくても病気にならないと思っている人も多いと思います。でも、事件や事故に巻き込まれた時、自分の意思ではなくても救急車で搬送されてそのまま入院なんて事もありますよね。そんな時、保険に入っていないと高額な費用を請求されて保険に入っておけば良かったなんて事になりかねません。月々1万円ぐらいを目処に留学生用の保険がたくさんあります。種類が豊富で色々とありますから自分に合った保険を見つけてみてください。

4. 物価が高いのでひと苦労の生活費

留学先や住まいが決まっても生活費がなければ厳しいですよね。ニューヨークは特に外食費が高いので働けない学生には厳しい街。自炊をすれば費用は抑えられますが携帯代や交通費、交際費なども含めて最低でも6万円ぐらいはかかると思って計算してみてください。

5. 新生活スタートの為の準備費用

日本だって新しい生活をスタートさせる為にはそれなりの準備が必要ですよね。それはアメリカ留学も同じです。
携帯電話を購入したり、必要であれば家具や新しい食器、電化製品なども欲しくなってくるものです。知らない土地に行くのですからまだまだ生活の知恵もなく、始めは高額な物を買ってしまうなんて事もよくあります。事前に自分が必要な物を考えて多めに予算を立てておいた方がその後の生活が楽になりますよ。

まとめ...

今回ご紹介した費用を基にご自分のプランと合わせて費用を考えてみてください。もちろん個人差はありますが、目標が明確な方が貯金だってしやすいですよね。自分にあったスタイルで是非、ニューヨーク留学を実現させてみてください。

Author

暖かいハワイから刺激的な街NYへ引っ越し、現在はマンハッタン近くに在住。笑いあり涙ありを繰り返しながら、今日もNY生活を満喫中♪