MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

寒いの?暑いの?ニューヨーク旅行で間違えない季節の服装5選

ニューヨークの夏は暑いの?冬は寒いんでしょ?とよく聞かれる事があります。確かにニューヨークの緯度は日本の青森と同じぐらいなので冬は長く、夏は東京などに比べると涼しいです。大都会ニューヨークのイメージからか旅行に来る人達は口を揃えて「こんな寒いと思わなかった」と言う事がよくあります。そうなんです。ニューヨークって意外と気候が難しいんです。今回はこれからニューヨークに遊びに来る人へ、間違えない季節の服装5選をご紹介します。

1. 春はまだまだ寒いので気を付けて

日本の春はお花見したり、ピクニックしたりと外に出て春を楽しむイメージがありますよね。でも、ニューヨークの4月はまだまだ寒い日も多くダウンジャケットが手放せない日もあるほど。特に朝晩の冷え込みは厳しいので、軽めのダウンジャケットや邪魔にならないコートを着ましょう。

2. 短い夏は8月中旬になると秋の気配に…

ニューヨークの夏はとっても短く感じます。7月頃からやっと夏らしくなったと思うと8月中旬には涼しくなり秋の気配を感じるようになります。避暑地に来ているといった感じでしょうか。 外出時は涼しい格好で出掛けても問題ありませんが、この時期、建物の中は冷房が効き過ぎて寒く感じる程。薄手のカーディガンなどをいつも持っていると良いですよ。

3. 暑さも涼しさもちょうど良い秋

日本の9月というとまだまだ残暑が厳しいイメージがありますが、ニューヨークの9月はもう秋を感じる事が出来ます。服装も長袖や半袖でもジェケットやカーディガンが必要になって来るこの時期。必ず何か羽織れるものを持ってきた方が良いでしょう。

4. 寒さが痛さに変わる!本当に厳しい冬の寒さ

新年明けると同時に寒さも一層厳しくなるニューヨークの冬。マイナス20度近くまで下がるその冷気は寒いというよりも痛いと感じます。厚手のコートに必ず手袋を持参し、更に帽子や耳当てがあれば完璧です。

5. 寒くても凍えないように!予備を用意しましょう

暑くて困るというよりも寒くてに困る事が多いニューヨーク。もし気候が不安に感じる時は折り畳んで袋に入れられるような薄手のダウンジャケットを持っていきましょう。ダウンなら軽いですし、型くずれする事もありません。持っていると安心出来るアイテムのひとつですよ。

まとめ...

今回ご紹介した気候の感じ方は個人差があるかと思いますが、寒かったり暑かったりと感じたら自分の好きな服装で歩けるのがニューヨーク。色々な人種が集まっている分、気候もその国によって感じ方が違うようです。是非、あなたも肌で感じてみてください。

Author

暖かいハワイから刺激的な街NYへ引っ越し、現在はマンハッタン近くに在住。笑いあり涙ありを繰り返しながら、今日もNY生活を満喫中♪