MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

女性に喜ばれるタイ土産ブランド5選

女性にとっては買い物天国名バンコク。およそ女性が夢中になるものはすべてそろっているといってもいいでしょう。各スパブランドプロデュースのスキンケア商品、ジム・トンプソンに代表されるタイシルク製品、少数民族のハンドメイドの品々など。絶対に喜ばれるお土産ベストファイブをご紹介します。

1. Naraya ナラヤ

女子向けバンコク土産として不動の地位を誇るリボンモチーフがトレードマークの「Naraya ナラヤ」の小物。手頃な価格で高品質、デザインの豊富さが人気です。また高級ラインとして「LaLama by NaRaYa」もスタート。マットミー(タイを代表する絹織物)を使用したワンピースなどが充実でエキゾチックな大人の女性にぴったりです。BTSサイアム駅連結のSiam Square One (フロアごとにシーズンが分かれているファッションビル)にあります。

2. マンダリンオリエンタルホテル

レモングラスティーが絶対的な人気を誇るマンダリンオリエンタルホテルブランド。クッキーやチョコレートなどスイーツももちろん美味しいのですが、おすすめはコンフィチュール。やみつきになる美味しさです。サイアムパラゴン、エンポリアム、セントラルなどBTS主要駅のデパートに入っていますからとても便利。ショップはフードコート、スーパーマーケットエリアにあります。

3. JIM THOMPSON ジム・トンプソン

云わずと知れたタイシルクブランド。レディース、メンズ、キッズはもちろん、クッションカバーなどのホームデコ製品も充実です。主要デパート、直営店(近くにアウトレットもあります)、空港内免税店他ショップ数もたくさん。デザインが洗練されていて高級感があふれる分多少高価ですが、品質はお墨付きです。余談ですが、失踪したジム・トンプソンを題材にした松本清張作「熱い絹」は読みだすと止まらない良質ミステリー。機内の中の読書タイムにいかがですか?

4. PANPURI パンピューリ

ハイレベルなスパが目白押しのタイ。中でもタイセレブにも愛用者の多いブランドとして有名な「PANPURI パンピューリ」。ピュアエッセンシャルオイル100%のハイオーガニックなスパケアシリーズです。優美で洗練されたパッケージが気分を上げてくれます。日本で買うと相当高いのでお土産に渡すと感激されることでしょう。

5. OTOP

バンコクのスーパーやデパートでよく目にする「OTOP」のマーク。タイ政府公認のタイ全土にある食材や伝統技術を使って作る食品や製品の品質保証マークなのですです。農村、山岳地帯の貧しい地域の活性化のために立ち上がった「一村一品運動=OTOP」。品質がよく安価なOTOPをぜひお土産に。

Author

free drop
ラオス、タイ、ベトナム、インド、アジアの国々について書いています。