MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

バンコク スワンナプーム空港から市内へのアクセス方法5選

観光都市バンコクは空港から市内までの移動手段も充実。以前はバスかタクシーに頼るほかなく、もはやバンコク名物となった大渋滞に旅行者はイライラさせられたものです。現在では、エアポート・レール・リンクやBTSなど交通機関の発達により選択肢が広がりました。それぞれの移動方法についてご説明します。

1. エアポート・レール・リンク

スワンナプーム国際空港とバンコク市内を結ぶエアポートレールリンク(ARL)。6時00分~0時00分の15~20分間隔で運行しています。バンコク市内まで15分で到着してしまう特急(Express Line) マッカサン駅行きが45分に一本。マッカサン駅はMRT(地下鉄)ペッチャブリー駅と接続していますが、その間の距離が徒歩で約5分程度と離れているところが難点。ですがタイから出国する際にはチェックインカウンターで空港に向かう前に荷物を預けてしまうことができます(現在はタイ航空のみ)。パヤタイ駅 はBTS(スカイトレイン)と直結しています。入国時にはこちらの駅を利用する旅行者が多いかも。

2. AOT リムジンタクシー

深夜に到着した場合女性の一人旅ならなるべく安心安全なAOTリムジンタクシーの利用がおすすめです。バゲージクレームで荷物を受け取り空港到着フロアのカウンターで申し込めます(さかんに呼び込みしています)。900バーツ~と高額なのでスが、安全はお金で買うことを海外では忘れないようにしたいもの。それでも節約したいという女性の方は、エアポート・レール・リンクの始発まで空港で過ごすことを強くおすすめします。

3. メータータクシー

空港の端まで歩くとメータータクシーのカウンターがあり、係の人に行き先を告げれば配車してくれます。ドライバーに行き先を再度告げておきましょう。ホテルに到着したときに乗車料金+50バーツの配車料を払えばOK。※どうしても手数料を払いたくない人向けの裏技としては出発ロビーフロアで到着したタクシーを拾えば運賃のみで済みます。

4. バス(公営・民営あり)

もしスーツケースは持たずコンパクトなキャリーケース一つなど荷物が少ない場合、一番安価な移動方法はバスになります。数バーツで市内まで移動が可能です。空港ターミナルビル1階8番出口の外、進行方向左にある無料シャトルバス乗り場からパブリックトランスポーテーションセンターに移動します。市内まで行く路線は色々ありますが、おすすめは【551番】ビクトリーモニュメント行き/24時間運行。BTS駅「ビクトリーモニュメント」の近くに停車してくれます。降りるバス停が近づいてきたら「ドアの前で待つ」ということを忘れないようにしてくださいね。

5. ホテルの送迎バス、リムジン手配

家族旅行や、とにかく安全に移動したい人はホテルに送迎サービスを申し込んでおくのが一番です。予約時に料金を確認しておくとよいでしょう。

まとめ...

このように各種交通機関の充実からか、スワンナプーム国際空港とバンコク市内を結ぶ空港バス「エアポート・エクスプレス」が2011年5月末で廃止されています。上記のいずれかの手段でアクセスしてください。どうぞ楽しい旅のスタートになりますように。

Author

free drop
ラオス、タイ、ベトナム、インド、アジアの国々について書いています。