MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

ホーチミン観光スポット5選

首都ハノイと並ぶベトナムを代表する都市ホーチミン。特に経済面ではベトナムの一大中心地となっています。他のエリア同様、フランス植民地時代の影響がそこかしこに残っているところが魅力的な街ですが、目立った観光スポットはそれほど多くありません。訪れておべき観光スポットは次の5か所でしょう。

1. 中央郵便局

ホーチミンのコロニアル建築を代表する「中央郵便局」。パリにある(当時は駅舎だった)オルセー美術館をモデルにしています。中に入れば郵便局とはいうものの、撮影に夢中の観光客でごった返しておりおみやげ屋さんもたくさん並んでいます。一瞬どこに来たのか分からなくなりますが、天井を見上げればアーチ型の美しいデザインに目を奪われるはず。

2. サイゴン大教会

中央郵便局の真向かいにあるサイゴン大教会。郵便局と教会の前も撮影に余念のない人たちがたくさん。実は結婚記念写真の撮影場所として利用されており、日中は花嫁花婿が次から次へと現れてポーズを決めています。これはハノイの大教会やタンロン遺跡でも共通です。また、モデルさんの撮影もよく行われているのでちゃっかりモデルさんを撮影する観光客も。

3. 戦争証跡博物館

正直にいえば不気味な戦車や重が並び正視に耐えない写真も多く、足の向かない日本人観光客は多いと思います。1975年にベトナム戦争が終結し、ベトナムは着実に復興を成し遂げ、国際的な地位も向上しています。現在ではベトナムが米国と戦争をしていたことを若い世代の方はあまりよく知らない歴史なのかもしれません。しかし、米国はじめ他国からの干渉をはねのけ民族統一を果たし、ベトナム人が持つたくましいガッツとエネルギーで、ベトナム戦争という大きな傷跡を国民全員で乗り越えようとしているその姿を改めて尊敬を持って見つめたい。同じような軌跡をたどって一応の成功をおさめた日本としては心から応援したい気持ちを再確認する場所です。ぜひ訪れてほしいと願っています。

4. 統一会堂

1975年4月30日、ベトナム解放軍の戦車が無血入場、ベトナム戦争終結の場所となった統一会堂。元の大統領官邸です。午前中が団体客が多くて混雑するので午後から訪れるほうがベターです。無料の日本語ガイドの方がいますから、説明を受けながら建物の中を回ることができます

5. ベンタイン市場

ホーチミンを代表する観光スポットにもなっている「ベンタイン市場」。夜にはナイトマーケットも繰り広げられ朝早くから夜遅くまで観光客が絶えません。観光客が多いのでどうしても割高な価格設定ですが活気ある雰囲気は一度見学しておきたいもの。

まとめ...

観光スポットが少ない後言われるホーチミン。たしかにハノイのタンロン遺跡のような世界遺産はなく、目立った観光スポットがほとんどないといわれます。今回ご紹介した場所でほぼ主要スポットはクリアしていますが、町を歩けば魅力的な場所はたくさん。ぜひ自分の足で歩いてみつけてみくださいね。

Author

free drop
ラオス、タイ、ベトナム、インド、アジアの国々について書いています。