MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

ハノイ観光スポット5選

首都らしく観光スポットが充実しているハノイ。ただし一つ一つの観光スポットの間の距離が離れていること、旧市街は木が茂り、道が入り組んでいて観光客はどうしても迷いがち。その日の予定をスタートする前にあらかじめルートを決めておくのがポイント。

1. ホアンキエム湖

明時代に中国からの侵略を受けたベトナム。当時の王様が神から授かった宝剣を用いて撃退した後、この湖で大きな亀にその法権を返した伝説が残っています。湖の中に建っている塔が、その宝剣を還した場所になります。湖は湖面の清掃も行きとどいていて(花や葉っぱを集めています)市民の憩いの場所として早朝から夕方までハノイ市民が集っています。

2. ベトナム民族学博物館

ベトナムは50近い少数民族が暮らす国でもあります。彼らの暮らしを理解するため建てられたこの博物館の展示物内容は素晴らしいコレクションです。裏庭の少数民族の住居を再現した建物(高床式住宅他)も必見。また、水上人形劇の実演が見られるのもうれしいところ。

3. ホーチミン廟

フランス統治下にあったベトナムで、民族解放を訴え続けたベトナム独立の父「ホーチミン」。今なおホーおじさんと呼ばれ親しまれているホーチミンが眠っていますが、火曜から木曜の午前中のみ開館、秋にはメンテナンスのため2カ月閉鎖されますから、スケジュール立ての際にはご注意ください。

4. ハノイ大教会

1888年に建てられた「ハノイ大教会(=セント・ジョゼフ教会)」。フランスによる植民地支配が開始してからすぐの1888年に建てられました。荘厳な外観もさることながら、内部のステンドグラスも見事です。他の外観の美しい観光スポット同様、ここも記念写真撮影のメッカになっています。旧市街のランドマークになるので地図確認の際の目印になりますね。

5. タンロン遺跡

2010年8月にユネスコの世界遺産に登録されたタンロン遺跡(ハノイ城含む)。11世紀から19世紀まで王朝が変わりながらも都として存在したため、各時代の遺跡が重なって発掘されます。タンロンはハノイの旧称。ハノイ城は当時のまま残されている門などがあり、タンロン城は、建物の遺構や建築遺物などが発掘されました。この遺跡跡は学生達のイベント会場にもよくなっており、アオザイ姿の女学生の姿がよく見られます。

まとめ...

まずはぜひ訪れてほしい5か所をご紹介しました。この後コロニアル建築に興味がある方ならオペラハウス、民族学博物館で水上人形劇の魅力に取りつかれたのならホアンキエム湖の劇場へ、とさらにハノイの魅力あふれるスポットを見学いただければと思います。

Author

free drop
ラオス、タイ、ベトナム、インド、アジアの国々について書いています。