MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

チェコ共和国 首都プラハで訪れるべき名所5選

はじめまして、ライターのHIRO.Tです。今回は初回なので、私が旅行した中で1番美しい街を紹介します。それは、中央ヨーロッパに位置するチェコの首都プラハ。プラハは1200年の歴史を持つ由緒正しき都市です。もちろん、世界遺産にも登録されています。波乱万丈の歴史をくぐり抜けた気高さと素朴さを兼ね備えた街でもあります。それでは、プラハでは絶対に外せないスポットを見ていきましょう。

1. カレル橋

カレル橋はブルタバ川にかかるプラハを代表とする橋です。14世紀、神聖ローマ帝国カール4世によって建てられました。オンシーズンは橋の上で様々な音楽や芸が披露され、とても賑やかな雰囲気になります。訪れる際には朝と夕方の橋を見てください。全く違った表情をしていることでしょう。

2. プラハ城

プラハにいれば絶対に目にする建物です。プラハ城は9世紀に建てられたとされています。14世紀にローマ帝国カール4世によってゴシック様式で再建されました。現在はチェコ共和国大統領府が置かれています。「どん」とした面構えはまるでプラハのお父さんのような感じです。

3. ヴァーツラフ広場

ヴァーツラフ広場はプラハの新市街に位置します。この広場はチェコの現代史を語る上で絶対に外せないスポットです。1918年、チェコスロバキア独立宣言が読み上げられました。1968年、ソ連軍の侵攻では、ヴァーツラフ像の前で青年が焼身自殺しました。次はこの広場でどのようなことが起こるのでしょうか。

4. ユダヤ人墓地

1936064_100233779998153_5372348_n

昔は多くのユダヤ人がプラハには住んでいました。プラハでのユダヤ人の歴史は10世紀にまでさかのぼります。プラハはユダヤ人に対して比較的寛容な街でした。しかし、20世紀のナチスドイツの侵攻で状況は一変します。ユダヤ人の墓地は本当に独特の雰囲気です。けど、気分が落ち着きます。

5. マリオネットの劇場

1936064_100233713331493_5169459_n

クラシックもいいですが、プラハでは絶対にマリオネットの劇を見てください!チェコの素朴さを感じると同時に悲哀も伝わってくるのがマリオネットだからです。16世紀から20世紀にかけてチェコ語は公衆では使用禁止でした。言語の代役として、チェコ人の魂を表現したのがマリオネットなのです。

まとめ...

いかがでしたか?プラハを歩くと、歴史の壮大なドラマがあなたの眼前に広がってくるのです。事前にチェコの歴史を少しでも勉強すると味わい深くなると思います。今回、紹介したスポットだけでなく、ぶらぶら路地裏を歩くだけでも本当に楽しい街です。プラハっ子も優しく愉快な人が多いです。ぜひ、あなたのプラハでの楽しみ方を見つけてください。それも、プラハ歩きの楽しみ方のコツでしょう。

Author

HIRO.T
海外旅行好きの28歳。神戸市在住。主にロシアや中東欧をバックパッカースタイルで旅をしています。いつか、ヨーロッパに住むことを目指して日々努力しています。http://www.mosteurope.com/