MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

サンフランシスコのおすすめ観光名所5選

サンフランシスコはカリフォルニア州の北部に位置するアメリカを代表する大都市の一つ。市内観光であれば、車を借りずに徒歩、ケーブルカーなどの公的交通手段を利用して十分に市内観光できる都市です。カリフォルニア州の中でも比較的年間を通して気候は涼しく穏やかなので、歴史ある建築物や観光地を徒歩で巡るのも楽しみかたの一つです。ここでは、数ある中でもサンフランシスコ住人がおすすめする観光スポット5選をご紹介します。

1. ミッション地区

最近若者に人気のミッション地区は歩いて街並みを観光するのがベストでしょう。レンストランやカフェ、アートギャラリーが多く、サンフランシスコでは珍しい平地で温暖な地区なので、歩きやすく今のサンフランシスコを感じることができるスポットです。その中でもおすすめはヴァンレシアストリート(Valencia Street)。行列ができるベーカリー屋さんや、週末は若者でいっぱいになるドローレスパークが隣接し、この公園からはサンフランシスコを一望することもできます。

2. アルカトラズ島

クリントイーストウッドの映画「アルカトラズからの脱出」や「ザ・ロック」にも出てくる、別名ザ・ロック、監獄島とも呼ばれる人気スポットです。1933年から1963年は連邦刑務所として利用され、1972年にランドマークの指定を受けました。音声案内の内容が実在の看守や囚人の経験談の物語形式で語られている(日本語あり)ので、実際の囚人の気分を経験できます。建物内は昔の独房や監視室が残されているので、当時の生々しい様子が伺えるだけでなく、島へいくフェリーも楽しめる上に島からの景色も最高です。とても人気なので早めの予約が必要です。

3. フィッシャーマンズワーフ

立ち食いシーフードの屋台が立ち並ぶ港町。冬はアメリカイチョウカニ(dungeness crab)がおすすめで、季節を問わない定番はクラムチャウダーです。港を歩くとピア39ではたくさんの野生のアザラシを見ることもできます。その隣はショッピングモールのようになっており、レストランでゆっくり食事をしたり、お土産を買ったりとショッピングを楽しむこともできます。

4. ロンバードストリート

1922年に坂道の傾斜を緩和するためにジグザグにデザインされたのがロンバードストリートです。住宅地の中の高台にある観光スポットなので、ケーブルカーを利用して丘を上がり歩いて行くのがベストな行き方です。車で行ってしまうと、一通で急な坂道なので止まってゆっくりと観光するということはできません。昼間行き、緑と花に囲まれたジグザグ通りを下から見る楽しみ方と、上からダウンタウンと海を見渡す楽しみ方の二通りあります。夜に行って夜景を楽しむのもいいでしょう。

5. ゴールデンゲートブリッジ

サンフランシスコのシンボルである赤いゴールデンゲートブリッジは必須の観光スポットです。海をまたいでいるので、海風が強いことが多いので、防寒着は必須のアイテムです。車で渡ることもできますが、途中で止まることはできないので、あっという間に反対側のマリン郡に着いてしまいます。写真を撮ったり、風景を楽しみたい方には徒歩がおすすめです。

まとめ...

アメリカを代表する大都市の一つでありながら、自然がいっぱいのサンフランシスコは他の大都市とは一味違う観光が楽しめます。ショッピングに飽きたら、自然溢れるビーチからゴールデンゲートブリッジを眺めるも良し。街に出てグルメ、アートを楽しむも良し。いろんな方向から楽しめるサンフランシスコはとても魅力的な観光地です。

Author

sayurinko
海外生活17年。大学時代からから社会人生活まで米国東海岸で過ごし、現在はフリーとなり、西海岸でゆったりとした生活を過ごしています。