MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

ポーランド 首都ワルシャワで訪れるべき名所5選

こんにちは、ライターのHIRO.Tです。さて、今回はポーランドの首都ワルシャワです。旅人の間でも、残念ながらあまりいい評判は聞きません。「クラクフと比べて見るものがない」「社会主義みたい」とよく言われ、積極的にワルシャワを訪れる方は多くないと思います。確かに第二次世界大戦の影響で街が焦土と化したため、古い建造物は少ないです。しかし、ワルシャワの良さももちろんあります。今日はその「良さ」を探っていきましょう。

1. ワルシャワ旧市街

1535744_784967771524747_7323961223563388541_n

この旧市街こそ、ポーランド人の血と涙と汗の結晶なのです。第二次世界大戦、ワルシャワはナチスドイツの猛攻により焦土と化しました。ポーランド人は「「レンガのひび割れ一つに至るまで」忠実に旧市街を復興させました。その努力が認められ、1980年に世界遺産に登録されました。

2. 文化科学宮殿

10615619_784967108191480_8266985526508768942_n

建物のデザインの善し悪しは別にして、ワルシャワで1番目立つ建物です。ポーランドが社会主義であった時代、ソ連の指導者、スターリンの贈り物として建てられました。昼は厳しいですが、夜はライトアップされ昼とは違った印象を受けます。私はこのような厳しい建物が個人的には大好きです。

3. ショパン博物館 

ポーランドと言えばショパンを挙げる人も少なくないでしょう。このショパン博物館、一見普通の博物館に見えますが侮ってはいけません。日本の博物館よりかなりハイテクなのです。ポーランド人の力の入れようが伝わってきます。「どこが、ハイテクか」それはどうぞご自身でお確かめください。

4. ワルシャワ大学図書館庭園

ワルシャワの「良さ」の一つに公園の多さが挙げられます。その中で取り分けユニークな公園がワルシャワ大学図書館庭園です。この庭園、図書館の屋上に設置された公園です。横はヴィスワ川が流れます。心地よい風を受けながら、ワルシャワ市街の空中散歩が楽しめます。

5. ワジェンキ公園

10620546_784968004858057_7504914296573925242_n

ワルシャワを代表する公園はワシェンキ公園でしょう。ここはポーランド最後の王、スタニスワフ・ポニャトフスキーによって造られた公園です。有名なモニュメントはショパン像です。特に夕日に照らされる瞬間がとても美しい公園です。のんびりとくつろぎたい場所ですね。

まとめ...

いかがでしたか。ワルシャワは良い意味で観光客扱いしない街です。ワルシャワの人々も旅行者に普通に接します。ここにしばらく滞在すると、自分が「旅行者」というより「住んでいる」という感覚になる街です。これこそが、ワルシャワが持つ最大の魅力だと思います。確かに目立たない街です。しかし、じっくり接すると他都市にはない、素晴らしい魅力を発見することでしょう。

Author

HIRO.T
海外旅行好きの28歳。神戸市在住。主にロシアや中東欧をバックパッカースタイルで旅をしています。いつか、ヨーロッパに住むことを目指して日々努力しています。http://www.mosteurope.com/