MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

ラオス

ラオスの民族衣装シンについて知っておきたいポイント5選

ラオスの民族衣装シンについて知っておきたいポイント5選

ラオス国民の多数派民族ラオ族の基本的民族衣装は「シン」と呼ばれる巻きスカートと「パービアン」という肩掛けの組み合わせ。これがラオス伝統の天然染色の絹糸から織りだされる超絶技巧の手織物で作られていて、その美しさに虜になる女性は多いです。日本ではなかなか手に入らない本物のラオスの絹織物を身にまとってみませんか?ここでは、応用のききそうな巻きスカート「シン」についてポイントをまとめてみます。
もっと読む
ラオスで絶対買いたいお土産

ラオスで絶対買いたいお土産

おどろかれるかもしれませんが首都ビエンチャンを含め、ラオスにはデパートやスーパーマーケットはありません。ホノルルやバンコクのようにバラまきお土産に重宝なお菓子の詰め合わせは調達できませんが、一つ一つ丁寧に選ぶお土産ならラオスにはたくさんあります。そのほとんどが本物のハンドメイドであることが多いラオス製品に、きっと受け取った人は喜んでくれるはず。手頃で一般的に受けがよさそうなラオス土産を考えてみました。
もっと読む
ラオスが親日国である理由5選

ラオスが親日国である理由5選

町を走るバスや国境の友好橋などラオスを旅すると目にすることの多い我が国の日の丸。日ごろから日本の国旗を目にすることが多いからか?確かにラオスの人々は日本人に親しみを抱いている印象はあります。なぜラオスの人々は遠く離れた歴史的にも接点があまりない日本に好意を抱いてくれるのでしょう?その理由を分析してみました。
もっと読む
ラオスで絶対食べたい料理5選

ラオスで絶対食べたい料理5選

ラオスで食事に困ることはまずないはず。ラオス料理は辛過ぎず醤油ベースの日本人の口に合いやすい味です。また、ラオスの地元料理以外にもフランス植民地の名残としてベトナム同様パンが美味しく、欧米の観光客向けの各種カフェ・レストランが充実しています。地方都市でラオス料理以外には選択肢がない場合にも、たいてい日本の「おこわ」に近いもち米の「カオニャオ」を主体として辛過ぎない味付けのおかずで構成されたメニューですから和食に近いともいえます。ラオスならではのディープなメニューにトライしたい方はどうぞ。
もっと読む
ラオス女性の美しさの秘密5選

ラオス女性の美しさの秘密5選

ラオスを旅して思うことは、穏やかな気質と清楚なたたずまいが魅力的な女性が多いこと。そしてタイやベトナムに比べ日本女性に近い色白な女性が目立ちます。ラオスでも東南アジアに多い「白肌」信仰は根強く肌の白い女性は男女問わず賛美の的。これだけ日差しの強い国でどうやってキープしているのかと聞きたくなるほど白い肌の女性がちらほら。そして、暑い気候や中華系の遺伝子の影響なのかほっそりした実にきれいな体型で思わず見とれてしまうほど。そんな女性たちに感動したポイントと美容アドバイスをご紹介してみます。
もっと読む
ラオスの首都ビエンチャンへの行き方 5選

ラオスの首都ビエンチャンへの行き方 5選

ラオス(ビエンチャン他全都市)は未だに日本からの直行便が設定されていない数少ない国のひとつ。必ずどこかの都市を中継する経由便を利用することになります。(2015年夏現在) まずは各社ともバンコクルートを取るフライトスケジュールが、コスト・スケジュール面でおすすめです。しかし日本からだと(都市にもよりますが)バンコク便は航空券、ツアー含めお得なプランがよりどりみどり。一旦バンコクに入ってからラオスに移動してみるパターンもぜひ候補にしてみてくださいね。
もっと読む
ビエンチャン日帰りツアー5選

ビエンチャン日帰りツアー5選

ビエンチャン市内の観光スポットは一日あれば十分回れる範囲に集中しています。なのであっという間に観光が終わってしまい時間が余るのでは…と心配な方、あるいは実際に時間が余ってしまった方は郊外へショートトリップはいかがでしょうか?中々日本語での情報がWEBにあがらないので調べようがないという方のためにきっと訪れて後悔しない日帰りコースをご紹介します。
もっと読む