MAPPLE TRAVEL GUIDE セレクト

世界中の旅行・お出かけ「まとめ情報」

中国上海でLCCを使おう! LCCでいける中国の観光地5選

中国上海でLCCを使おう! LCCでいける中国の観光地5選

中国の上海は中国経済の中心地。人が集まるだけでなく、交通の便も世界屈指です。中国上海を拠点とする航空会社春秋航空は今流行りのLCC(ローコストキャリア)の飛行機です。海外旅行を少しでもリーズナブルに楽しみたい人、中国と日本を頻繁に行き来する人たちの重要な交通手段として多くの便が発着しています。中国での春秋航空のネットワークはとても広大。そんな春秋航空で行ける中国大陸の有名観光スポットをご紹介します。
もっと読む
日本と違う中国の結婚式 覚えておきたいポイント5選

日本と違う中国の結婚式 覚えておきたいポイント5選

中国の結婚式は世界的に見ても独特。伝統的な結婚式もあれば、最近では洋式の結婚式も流行っています。中国人は結婚式に多額の費用をかけるので、新郎にとっては厄介なもの。花嫁料として新婦の家族に数百万円のお金を払わなければならないこともあります。もちろん、このお金は結婚式代抜きの値段。結婚式の前にも特別なイベントが有ったりと、結構凝っています。家によってこだわりが違ったりもしますが、ここでは普遍的に見られる中国のザ・結婚式についてお話しようと思います。
もっと読む
バンコク スワンナプーム空港から市内へのアクセス方法5選

バンコク スワンナプーム空港から市内へのアクセス方法5選

観光都市バンコクは空港から市内までの移動手段も充実。以前はバスかタクシーに頼るほかなく、もはやバンコク名物となった大渋滞に旅行者はイライラさせられたものです。現在では、エアポート・レール・リンクやBTSなど交通機関の発達により選択肢が広がりました。それぞれの移動方法についてご説明します。
もっと読む
中国人が信奉する宗教 5選

中国人が信奉する宗教 5選

中国は国を統一する有力な宗教というものはなく、国教というものが曖昧な国です。第2次世界大戦が終結してから共産党が政権を握り、このような無宗教の空気は更に色濃くなります。中国にはまた民族宗教も無数にあります。50以上の少数民族の多くは自分の宗教を持っており、実に中国人口の21%が民族宗教を信仰しています。仏教もしくは道教、キリスト教、イスラム教が一番多く、これらの宗教だけで人口の60%以上を占めています。
もっと読む
バンコクで食べてみたいタイ 料理5選

バンコクで食べてみたいタイ 料理5選

ホテルやデパートを出て街中を歩いて普通の食堂に入れば、そこにはたくさんの大量の数々。定番のタイ料理メニューは数十バーツで気軽に食べられるものばかり。実はタイ、特にバンコクの人たちはほとんど家で料理を作りません。街にこれだけ屋台があふれ、かつおいしいとなると外で食事をしたくなる気持になるのがわかります。中でも人気のタイフードをご紹介します。
もっと読む
要チェック!タイ人気ファッションブランド5選

要チェック!タイ人気ファッションブランド5選

東南アジアの各都市の中でもファッションに敏感な都市として有名なバンコク。市内の人気ショッピングエリアにはタイ人に人気のブランドショップがあふれています。今も昔もタイは様々な工業製品の生産拠点として世界各国へのサプライヤーとして活躍した国。なかでも織物、縫製技術が高く、ファッションブランド有名デザイナー達の工房集約地としても有名な場所でした。しかし、最近では単に縫製技術のみを提供するにとどまらない、才能あふれるデザイナー達の活躍できる場所として注目されています。
もっと読む
ベトナム人に親日家が多い理由5選

ベトナム人に親日家が多い理由5選

アジア諸国の中でも親日家が多いとされるベトナム。これまでの歴史の中でそれほど日本と接点がなかった国だけに、どのようなところが評価されているのか気になるところ。自国に入ってくる製品の質の高さや、アニメなどのコンテンツから得る「クールジャパン」のイメージ、現在も続く多額の経済援助、日本企業で働く人が多いことも日本への理解が進み好感をいただいてくれる原因なのでしょう。
もっと読む
ホーチミン観光スポット5選

ホーチミン観光スポット5選

首都ハノイと並ぶベトナムを代表する都市ホーチミン。特に経済面ではベトナムの一大中心地となっています。他のエリア同様、フランス植民地時代の影響がそこかしこに残っているところが魅力的な街ですが、目立った観光スポットはそれほど多くありません。訪れておべき観光スポットは次の5か所でしょう。
もっと読む
ベトナムSIMフリー事情5選

ベトナムSIMフリー事情5選

ベトナムに限らず、SIM(契約情報が格納されているカード)ロックフリーの携帯電話を持っていれば、現地購入SIMカードを指せば現地仕様の携帯電話に変身させられます。海外旅行に行く機会が少なからずあるなら、一台はSIMロックフリーの機種を持っておくと便利です。しかしタイのようなだれでも購入できる管理の緩やかな国ならそれでいいのですが、ベトナムは社会主義国、ある程度のシバリがあるので注意が必要です。ここではSIMロックフリー携帯を持っているとして、ベトナムで使えるようにするための一連の設定を整理してみました。
もっと読む
寒いの?暑いの?ニューヨーク旅行で間違えない季節の服装5選

寒いの?暑いの?ニューヨーク旅行で間違えない季節の服装5選

ニューヨークの夏は暑いの?冬は寒いんでしょ?とよく聞かれる事があります。確かにニューヨークの緯度は日本の青森と同じぐらいなので冬は長く、夏は東京などに比べると涼しいです。大都会ニューヨークのイメージからか旅行に来る人達は口を揃えて「こんな寒いと思わなかった」と言う事がよくあります。そうなんです。ニューヨークって意外と気候が難しいんです。今回はこれからニューヨークに遊びに来る人へ、間違えない季節の服装5選をご紹介します。
もっと読む