トップ > 全国 > 北海道 > 札幌・函館・旭川 > 函館・道南 > 函館・大沼 > 五稜郭 > 函館麺厨房 あじさい本店

ハコダテメンチュウボウアジサイホンテン

函館麺厨房 あじさい本店

五稜郭 / ラーメン

うまさの秘密は昆布だしのスープにあり

創業80余年の歴史を誇る、函館塩ラーメンの代表店。道南産の昆布をベースに、鶏ガラや豚骨を使って仕上げたスープは雑味がなく、風味豊か。中細特注麺との相性も絶妙だ。

函館麺厨房 あじさい本店の画像 1枚目
函館麺厨房 あじさい本店の画像 2枚目
函館麺厨房 あじさい本店の画像 3枚目
函館麺厨房 あじさい本店の詳細情報
住所
北海道函館市五稜郭町29-222階 (大きな地図で場所を見る)
電話
0138-51-8373
交通
JR函館本線函館駅から市電湯の川行きで17分、五稜郭公園前下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
11:00~20:25(L.O.)
休業日
第4水曜、祝日の場合は翌日休、冬期間は第2・4水曜
料金
味彩塩拉麺=800円/味噌拉麺=850円/正油拉麺=800円/味彩加里=880円/箱館塩生拉麺(3食入)=1180円/
カード
利用可能
駐車場
あり | 台数:7台 | 無料
ID
1000593

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

函館麺厨房 あじさい本店と同じエリアの記事

【五稜郭】箱館戦争の主舞台となった城郭を歩いてみる

星の形をした洋式城郭の五稜郭跡(五稜郭公園)を中心としたエリア。幕末から明治維新にかけて箱館戦争と呼ばれる最後の国内戦の舞台となったこの地も、現在は公園として整備され、一年を通して多くの観光客で賑わっ...

函館必食グルメ!イカ料理&屋台でハシゴ酒を楽しむ!

函館グルメといえば…洋食料理!歴史に裏打ちされた味を楽しもう!

函館港は幕末の時代から日本の中でもいち早く外国船を受け入れてきた歴史があり、その影響で函館では今でも洋食文化が花開いています。新鮮で豊富な食材が手に入りやすいことに加え、老舗の名店も多く、舌の肥えた函...

函館グルメといえば…イカ料理! イカの街で食べておきたい逸品!

日本有数のイカ漁獲量を誇る函館。ぜひとも一度は食べておきたい王道メニュー・イカ刺し、イカ焼きをメインに変化球メニューも併せて紹介!

函館必食グルメ!【塩ラーメン】シンプルだけど奥深い味!

北海道三大ご当地ラーメンのひとつである函館の塩ラーメン。シンプルな一杯だけに、店ごとのこだわりがストレートに表現される。

【函館の市場】地魚を買いに気軽に行ってみよう!

函館には、まだまだ魅力的な市場がある。地魚を買いに気軽に立ち寄ってみよう。

【函館・道南旅行】2泊3日で行きたい!おすすめ観光スポット!

見る・食べる・遊ぶ・温泉など、魅力的な観光スポットが、いくつかのコンパクトなエリアにまとまっている函館・道南エリア。美しい風景や美味しい食べ物などをご紹介!

【五稜郭周辺】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

【五稜郭】周辺エリアのくつろぎカフェ&レストラン♪

五稜郭エリアにはゆったり落ち着いた雰囲気のカフェ&レストランが点在。五稜郭公園の散策途中に立ち寄って、おいしい食事やカフェメニューを優雅にいただこう。

北海道【函館】五稜郭観光! 当時の姿をとどめる城郭で歴史さんぽ!

箱館開港後の警備・蝦夷地防衛などを目的に、元治元(1864)年に完成した五稜郭がメインスポット。土方歳三が活躍した箱館戦争の舞台としても有名です。幕末の役所を復元した箱館奉行所や、星形の城郭を見下ろせ...
もっと見る

函館麺厨房 あじさい本店と近くのスポット

函館麺厨房 あじさい本店のエリア × テーマ

トップ > 全国 > 北海道 > 札幌・函館・旭川 > 函館・道南 > 函館・大沼 > 五稜郭
トップ > グルメ > ラーメン
トップ > 全国 x ラーメン > 北海道 x ラーメン > 札幌・函館・旭川 x ラーメン > 函館・道南 x ラーメン > 函館・大沼 x ラーメン > 五稜郭 x ラーメン