トップ > 全国 > 北海道 > 知床・阿寒・釧路・稚内 > 釧路・根室 > 釧路・釧路湿原 > 虹別オートキャンプ場

ニジベツオートキャンプジョウ

虹別オートキャンプ場

釧路・釧路湿原 / オートキャンプ場

自然の中で快適キャンプ

場内はきれいに整備され、緑の多く残る静かな環境で設備も充実。目的に合わせてサイトが選べ、団体向けパーティーサイトや気軽に利用できる快適な宿泊施設もおすすめ。

虹別オートキャンプ場の画像 1枚目
虹別オートキャンプ場の画像 2枚目
虹別オートキャンプ場の画像 3枚目
虹別オートキャンプ場の詳細情報
住所
北海道川上郡標茶町虹別690-32 (大きな地図で場所を見る)
電話
015-488-2550
交通
道東自動車道阿寒ICから国道240号で釧路市へ。国道391号で標茶町へ進み、標茶市街から道道13号で虹別市街へ。国道243号で別海方面へ進み約2kmで現地。阿寒ICから84km
営業期間
5月1日~10月31日
営業時間
イン13:00、アウト11:00(コテージはイン14:00)
休業日
期間中無休
料金
サイト使用料=オート1区画3300円、キャンピングカー1区画4400円、テント専用(大人380円、小人220円)、簡易バンガローサイト3300円、別途ゴミ処理代(金額はゴミ袋の種類、枚数により異なる)/宿泊施設=コテージ6人まで6600~11000円、追加1人1100円(2人まで)、別途ゴミ処理代(金額はゴミ袋の種類、枚数により異なる)/
ID
1011199

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

虹別オートキャンプ場と同じエリアの記事

【知床・阿寒】ご当地グルメ&マストみやげをチェック!

オホーツク海と太平洋に囲まれ、遠く北洋にも続く知床・阿寒エリアは魚介の宝庫。新鮮魚介を使ったご当地料理や名物みやげが数多い。また特産物をふんだんに使った乳製品、スイーツなども見逃せない!

【知床・阿寒】こんなトコ!エリア&基本情報をチェック!

「知床」はアイヌ語でシリエトク(siretok)、「地山の先や地山の突き出たところ」を意味する。北海道でも数が少なくなった野生動物や原始的な景観が残る秘境だ。阿寒や摩周、釧路湿原とともに、日本離れした...

北海道【釧路湿原】おすすめ観光ビュースポットをチェック!

釧路湿原は、釧路市の北部から釧路町、鶴居村、標茶町にまたがり、大部分が釧路湿原国立公園に指定される日本最大の湿原。貴重な動植物が生息し、「雪原の貴婦人」と呼ばれるタンチョウが見られる場所としても有名で...

【釧路】タンチョウを夏に確実にみられるスポット!

特別天然記念物のタンチョウ。湿原で見るのは困難だが、ここでは必ず出会えるスポットを紹介。

北海道【釧路・阿寒】タンチョウを夏に確実に見られるスポット!

特別天然記念物のタンチョウ。湿原で見るのは困難だが、ここでは必ず出会えるスポットを紹介。

【摩周・屈斜路】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【知床・阿寒】絶景をチェック!

知床・阿寒のダイナミックな風景。さまざまな視点で見ることで、また違った感動が味わえること間違いなし。自分だけのお気に入りの風景を見つけよう。

【北海道】体験付き!おすすめ厳選宿!

釧路湿原の散策や乗馬体験など、雄大な北海道を思う存分体験できる宿がたくさんある。さまざまな体験を通して北海道の大自然を体で感じよう!

【摩周・屈斜路湖】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

・釧路川源流をカヌーで楽しむ・川湯温泉駅に併設したカフェレストランでひと休み・道の駅でおみやげ探し・広大な牧場を眺める

【釧路湿原】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

もっと見る

虹別オートキャンプ場のエリア × テーマ

トップ > 全国 > 北海道 > 知床・阿寒・釧路・稚内 > 釧路・根室 > 釧路・釧路湿原
トップ > 見どころ・レジャー > レジャー施設 > キャンプ場 > オートキャンプ場
トップ > 全国 x オートキャンプ場 > 北海道 x オートキャンプ場 > 知床・阿寒・釧路・稚内 x オートキャンプ場 > 釧路・根室 x オートキャンプ場 > 釧路・釧路湿原 x オートキャンプ場