エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 関西 > 奈良 > 山の辺の道・長谷・室生 > 山の辺の道 > 桜井 > 纒向遺跡

マキムクイセキ

纒向遺跡

桜井 / 遺跡

人工水路跡などが古代都市の片鱗をうかがわせる

弥生時代から平安時代にかけての遺跡。巻向駅の西、約2km四方にわたって広がる。当時の土木技術の粋を集めた人工水路跡などから、古代都市の片鱗がうかがえる。

纒向遺跡の画像 1枚目
纒向遺跡の画像 2枚目
纒向遺跡の詳細情報
住所
奈良県桜井市太田 (大きな地図で場所を見る)
電話
0744-42-9111(桜井市観光まちづくり課)
交通
JR桜井線巻向駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし
ID
29010074

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

纒向遺跡と同じエリアの記事

纒向遺跡の近くのスポット

纒向遺跡のエリア × テーマ

トップ > 全国 > 関西 > 奈良 > 山の辺の道・長谷・室生 > 山の辺の道 > 桜井
トップ > 見どころ・レジャー > 見どころ・体験 > 寺社仏閣・史跡 > 遺跡
トップ > 全国 x 遺跡 > 関西 x 遺跡 > 奈良 x 遺跡 > 山の辺の道・長谷・室生 x 遺跡 > 山の辺の道 x 遺跡 > 桜井 x 遺跡