トップ > 全国 > 関西 > 南紀 > 和歌山・高野 > 高野山 > 高野山町石道

コウヤサンチョウイシミチ

高野山町石道

高野参詣の表参道

弘法大師・空海が開いた高野参詣の表参道で、慈尊院から高野山壇上伽藍までの約20kmの道中に1町(109m)ごとに石の道標が立てられていることから、町石道と呼ばれる。慈尊院から壇上伽藍まで180基、壇上伽藍から奥之院まで36基が現存している。

住所
和歌山県伊都郡九度山町かつらぎ町、高野町 (大きな地図で場所を見る)
電話
0736-54-2019(九度山町産業振興課)
交通
南海高野線九度山駅から徒歩25分(起点の慈尊院まで)
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし
カード
利用可能
ID
30000105

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

高野山のおすすめカフェ 散策途中にひと休み

高野山の参拝途中に、カフェや甘味処でほっとひと息つきませんか?高野豆腐を使ったスイーツや、湧き水で淹れるコーヒーなど、高野山ならではのメニューがそろいます。宿坊のチェックイン時刻に合わせて夕方には閉店...

高野山の玄関口【九度山】真田幸村ゆかりの地さんぽ!

真田幸村が暮らした屋敷があり、数々の幸村伝説が残る九度山は、高野山参詣の玄関口としても有名。さまざまな歴史を刻むノスタルジックな町を散策しよう。

エリア × テーマ

 >  >   >   >   > 
 >  >   >   > 
 >  >   >   >   > 

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください