トップ > 全国 > 関西 > 南紀 > 串本・那智勝浦 > 本宮・湯の峰温泉 > 熊野本宮大社

クマノホングウタイシャ

熊野本宮大社

熊野の神々を祀る全国熊野神社の総本宮

熊野本宮大社はかつては熊野坐(くまのにいます)神社と号し、熊野の神々の本宮とされていたのではないかといわれる。明治の大洪水までは熊野川の中洲大斎原にあり、主祭神の家津御子大神(けつみこのおおかみ)は大斎原のイチイの木に降臨したと伝わり、木の神とあがめられている。

住所
和歌山県田辺市本宮町本宮1110 (大きな地図で場所を見る)
電話
0735-42-0009
交通
JRきのくに線紀伊田辺駅から龍神バス本宮大社方面行きで2時間5分、本宮大社前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:00~17:00(閉館、宝物殿は9:00~16:00<閉館>)
休業日
無休、宝物殿は不定休
料金
見学料(宝物殿)=300円/八咫ポスト絵馬=500円/鬼門札=500円/熊野牛王神符=800円/八咫烏守り=500円(小)/
駐車場
あり | 台数:30台 | 無料
ID
30000208

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

エリア × テーマ

 >  >   >   >   > 
 >  >   >   > 
 >  >   >   >   > 

同じエリアに関連する記事

【熊野古道・熊野三山】どんなトコ?スポット&基本情報をチェック!

いにしえより脈々と続く熊野信仰の地でもあり、世界遺産にも登録された和歌山を代表する名所、熊野三山と熊野古道。その歴史や言葉を知れば訪れた際の感動もひとしおだ。

【熊野古道・熊野三山】最旬ニュース&基本情報をチェック!

世界遺産の熊野古道中辺路と熊野三山が存在感を放つエリア。スピリチュアルな聖地や里山風景を楽しみながらの古道歩き、本宮周辺に湧く旅情あふれる温泉が、心身を蘇らせてくれる。

【熊野古道】中辺路を歩く!3つのコースをチェック!

熊野三山をめざして、はるか昔の時代から数多の旅人が通った参詣道。紀伊半島の豊かな自然の息吹を肌に感じながら、いにしえの人々の祈りと信仰に思いを馳せながら歩いてみたい。

熊野古道グルメ!ランチおすすめ里山ごはん!

熊野古道や熊野本宮大社周辺の山里には、自然のおいしさがたっぷり詰まった料理が味わえる食事処が点在。なつかしさあふれる癒しの空間で、心も体もほっこりなごむようなランチタイムを。

【熊野本宮温泉郷】おすすめの湯宿をチェック!

熊野本宮大社周辺に、湯の峰、川湯、渡瀬の3つの名湯が湧く。小栗判官伝説で名高い「つぼ湯」をはじめ、公衆浴場や大露天風呂など趣が異なる名湯を、手軽に日帰りでも楽しめる。

【和歌山】1泊2日おすすめコース!目的別にチェック!

世界遺産に絶景スポット、温泉に魚介グルメと飽きることない魅力の宝庫、和歌山を満喫する最強のコースを5本ご紹介!

熊野【本宮】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

神が宿る熊野でも、中心的な存在の熊野本宮大社。大斎原へ向かう国道168号沿いにはみやげもの店や食事処が並んでいる。

熊野三山みどころ【熊野本宮大社】熊野詣での中心地!

自然に包まれ、圧倒的な存在感と安らぎに満ちた、いにしえからの一大聖地。人生甦りの地と伝えられたこの地は、2018年に創建2050年を迎える。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください