トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 盛岡・八幡平 > 盛岡 > 盛岡市街 > 食道園

ショクドウエン

食道園

ウマサにしびれる盛岡冷麺元祖の味

昭和29(1954)年創業の、盛岡冷麺発祥の店。本場韓国・平壌がルーツのこの店の冷麺は、牛骨、牛肉をたっぷり使った濃厚なスープと、コシが強くのどごし抜群の麺が特徴。麺をかみしめるほどに、スープのコクが口いっぱいに広がる。

住所
岩手県盛岡市大通1丁目8-2 (大きな地図で場所を見る)
電話
019-651-4590
交通
JR盛岡駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
11:30~15:30(閉店)、17:00~23:30(閉店)、日曜、祝日は11:30~21:30(閉店)
休業日
第1・3火曜(GW・盆時期は営業、12月31日~翌1月1日休)
料金
平壌冷麺=900円/極上ロース=1900円/卵=50円/カルビ=1250円/ハラミ=1500円/豚トロ=750円/
ID
3000310

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

エリア × テーマ

 >  >   >   >   >   > 
 >  >   > 
 >  >   >   >   >   > 

同じエリアに関連する記事

【岩手】こんなところ!エリア&基本情報をチェック!

世界遺産の古都や、民話が息づく山あいの里、風情あふれるみちのくの城下町など、魅力的な見どころが点在する岩手県。三陸海岸から八幡平の山々まで、見ごたえある雄大な自然景観も余すところなく楽しみたい。

【盛岡わんこそば】究極のおもてなし麺!目指せ100杯!

給仕さんが隣に立ち、かけ声とともに一口ずつ茹でたてのそばをお椀に滑り込ませる。その原点は南部地方に伝わる「そば振る舞い」といわれる。そばとともに、山海の幸がずらりと並ぶ豪華な薬味も楽しもう。

【盛岡】レトロクラシックカフェでステキ時間!

中津川河畔のノスタルジックな風景にとけ込む喫茶店や、コーヒーや紅茶の味を追求した専門店など、盛岡の個性あふれるカフェをご紹介。旅の合間に、穏やかな空気に浸りひと休み。

【盛岡グルメ】地産地消ランチ!岩手食材を食べよう!

北の大都市・盛岡には、岩手が誇る山海の幸が大集合!肉や魚はもちろん、近年注目される岩手産の小麦もパスタやピッツァにおいしく変身。県産素材たっぷりのお得なランチで、岩手をまるごといただきます♪

【盛岡】パンを食べたい!地元で人気のパン屋さん!

昔懐かしいコッペパンから素材にこだわった自然派パンまで、盛岡には個性豊かなパンのある店が勢ぞろい。朝ごはんやおやつを求めて、旅の途中にふらりと立ち寄ってみよう。

【盛岡駅】人気おすすめ岩手みやげをチェック!

ショッピングに便利な駅ビルが直結しているJR盛岡駅。岩手の旅の玄関口で、みんなが喜ぶ岩手の名物みやげを探そう。

【盛岡】こんなところ!エリア&基本情報をチェック!

街のあちこちに歴史建築が点在する盛岡。行きたい場所がどのエリアにあるのか、でかける前にチェックしておけば、街めぐりがさらにスムーズに。

【盛岡じゃじゃ麺】麺にからむ肉味噌がクセになる!

戦後、「白龍」の初代店主が満州で味わった「炸醤麺」を再現し、売ったのが始まりといわれる。もちもちの平打ち麺に肉味噌をからめて食べる“安い、早い、うまい”3拍子そろった盛岡のソウルフード。

【盛岡冷麺】牛スープ&キムチのピリ辛麺!おすすめ店!

約60年前、「食道園」の初代店主が平壌の冷麺と咸興の辛い冷麺を組み合わせ、アレンジして生まれたのが盛岡冷麺。小麦粉などで作る歯ごたえのある麺が特徴。コクのあるスープにキムチの辛みと酸味が深みを加えてい...

【岩手】四季のイベントに出かけよう!季節限定のお楽しみ!

伝統の祭りや、桜や紅葉の名所など一年を通して見どころが盛りだくさんの岩手。季節ごとのイベントをチェックして岩手の旅をプランニングしよう!

条件検索

エリアとジャンルを指定してください