トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陰 > 石見 > 石見銀山 > 世界遺産石見銀山遺跡とその文化的景観

セカイイサンイワミギンザンイセキトソノブンカテキケイカン

世界遺産石見銀山遺跡とその文化的景観

石見銀山 / その他史跡・建造物

世界遺産に登録され再び輝く石見銀山

鎌倉時代の末期、周防の国守大内氏によって発見された銀山。江戸時代には徳川幕府の直轄領となり、栄華の源といわれた。坑道や集落跡、山城跡、街道、古い町並みが往時の面影を偲ばせる。

世界遺産石見銀山遺跡とその文化的景観の画像 1枚目
世界遺産石見銀山遺跡とその文化的景観の詳細情報
住所
島根県大田市大森町 (大きな地図で場所を見る)
電話
0854-88-9950(大田市観光協会)
交通
JR山陰本線大田市駅から石見交通大森方面行きバスで26分、大森代官所跡下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし
カード
利用可能
ID
32000849

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

世界遺産石見銀山遺跡とその文化的景観と同じエリアの記事

世界遺産石見銀山遺跡とその文化的景観のエリア × テーマ

トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陰 > 石見 > 石見銀山
トップ > 見どころ・レジャー > 見どころ・体験 > 寺社仏閣・史跡 > その他史跡・建造物
トップ > 全国 x その他史跡・建造物 > 中国・四国 x その他史跡・建造物 > 山陰 x その他史跡・建造物 > 石見 x その他史跡・建造物 > 石見銀山 x その他史跡・建造物