トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 広島・宮島 > 宮島 > 嚴島神社

イツクシマジンジャ

嚴島神社

平清盛の美意識が生み出した壮麗な神社

推古天皇元(593)年に佐伯鞍職により創建され、仁安3(1168)年に平清盛によって、現在の姿に改められたと伝わる。荘厳華麗な建築美と、目の前に広がる瀬戸内海、そして背後にそびえる弥山の自然美が融合した神秘的な社殿は、世界中の人々を魅了している。その比類ない景観美が認められ、平成8(1996)年、世界文化遺産に登録された。

住所
広島県廿日市市宮島町1-1 (大きな地図で場所を見る)
電話
0829-44-2020
交通
宮島桟橋から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
6:30~18:00(閉門、時期により異なる)
休業日
無休
料金
神社=大人300円、高校生200円、小・中学生100円/神社・宝物館共通=大人500円、高校生300円、小・中学生150円/(障がい者手帳持参で大人100円、小・中・高校生無料)
ID
34000463

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

広島【宮島】あなごめし! 100年以上続く宮島発祥の名物グルメ!

明治時代に駅弁として生まれたあなごめし。今や宮島グルメの代表格として、宮島周辺には名店がひしめきあう。ランチにはもちろん、弁当のテイクアウトもおすすめ!

【嚴島神社】参拝作法&見どころをチェック!

国宝・重要文化財が次から次へと続く嚴島神社。その美しさに目を奪われて、参拝場所や見どころを見落とさないよう誌面でシミュレーションしておこう!※2019年6月〜8月に大鳥居の修復工事を予定。詳しくは嚴島...

世界遺産【嚴島神社】知っておきたい7つのコト!

広島が世界に誇る嚴島神社。2018年は清盛公が社殿を造営されて850年の節目を迎える記念の年。ますます注目が高まる神秘の社殿、その魅力を総力取材で紹介します!

【宮島グルメ】カキ料理!味わいたいあの店のあの一品!

日本一のカキの産地・広島のなかでも特に生産の盛んな宮島では、上質で新鮮なカキをリーズナブルに味わえる。定番から個性派まで多彩なカキ料理を召しあがれ。

宮島の歴史を紐解く【嚴島神社】ゆかりのスポットめぐり♪

嚴島神社や宮島の歴史をさらに深く知れるスポットはこちら!嚴島神社の参拝後に、時間の許す限り訪れてみよう。

【宮島】おすすめカフェをタイプ別にチェック!

ここ数年、続々とオープンし宮島を賑わせているカフェは、絶景カフェや和カフェなどタイプもさまざま。人気スイーツをチェックして、好みの一軒で3時の休憩を。

広島おすすめ観光モデルコース! 2つの世界遺産をめぐる!

世界遺産を見学したり、お好み焼きを食べたり。広島観光の王道を網羅した1泊2日のモデルコースを参考に、旅のシミュレーションを立ててみましょう。おすすめ広島観光モデルコースの1日目は宮島へ。憧れの嚴島神社...

【宮島】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

もみじまんじゅうの手焼き体験や、瀬戸内の生き物との触れ合いなど。旅の思い出をより深めてくれる、宮島らしいスポットをご紹介。

【宮島】おすすめ宿をチェック!

ハイクラスな日本旅館が多い宮島の宿。対岸の大野浦には「宮浜温泉」がある。

嚴島神社のシンボル【大鳥居】魅力をチェック!

瀬戸内海にどっしりと立つ大鳥居。岸や社殿から眺めることができるが、干潮・満潮を利用すれば間近にその迫力を体感することも!大鳥居へ迫る2つのアプローチをご紹介。※2019年6月〜8月に大鳥居の修復工事を...

エリア × テーマ

トップ > 全国 >  中国・四国 >  山陽・瀬戸内 >  広島・宮島 >  宮島
トップ > 見どころ・レジャー >  見どころ・体験 >  寺社仏閣・史跡 >  神社(稲荷・権現)
トップ > 全国 x 神社(稲荷・権現) >  中国・四国 x 神社(稲荷・権現) >  山陽・瀬戸内 x 神社(稲荷・権現) >  広島・宮島 x 神社(稲荷・権現) >  宮島 x 神社(稲荷・権現)

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください